碓井広義ブログ

<上智大学教授のメディア時評> 見たり、読んだり、書いたり、話したり、時々考えてみたり・・・

森永乳業カップアイスMOWの高橋一生さん

2017年04月06日 | 「日経MJ」連載中のCMコラム



日経MJ(日経流通新聞)に連載しているコラム「CM裏表」。

今回は、高橋一生さんが出演している、カップアイスMOW(モウ)のCMについて書きました。


森永乳業MOW「高橋店長の品出し」編
シャイで誠実 新たな魅力発見

旬の役者を起用することは、CMの成功パターンの一つだ。その意味でドラマ『カルテット』(TBS系)の印象が鮮烈で、NHK大河ドラマ『おんな城主直虎』にも出演中の高橋一生さんを登場させた効果は大きい。

『カルテット』で高橋さんが演じていた家森諭高は、クールでちょっと得体が知れず、しかも色っぽい。

また大河の小野政次は、直虎をめぐる“三角関係”の中で、相手の幸せのためなら悪にもなれる男。どちらも危うさがあるからこそ、女性が魅かれてしまうタイプだ。

メガネにエプロン姿でスーパーの売り場に立つ高橋さんが、買い物に来た母子を見守る。より良い品を選択して欲しい。バニラアイスならMOWだ、と心の中で語りかける。

実はこの「心の中で」が効いていて、シャイで誠実な店長さんから目が離せない。家森とも政次とも違う、高橋さんの新たな魅力を発見したような気になるからだ。ズルいぞ、一生。

(日経MJ 2017.04.03)
『テレビ』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
« 新聞学科オリエンテーション... | トップ | 【気まぐれ写真館】 今年の... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む