碓井広義ブログ

<上智大学教授のメディア時評> 見たり、読んだり、書いたり、話したり、時々考えてみたり・・・

ダンスの力、おそるべし! CM「ポカリガチダンス」

2016年10月11日 | 「日経MJ」連載中のCMコラム



日経MJ(流通新聞)に連載しているコラム「CM裏表」。

今回は、大塚製薬ポカリスエット「ポカリガチダンス選手権 結果発表篇」を取り上げました。


ポカリスエットCM
「ポカリガチダンス選手権 結果発表篇」
600作から選抜 小気味よいキレ

先日、ホノルル美術館で、パルテノン神殿で踊るイサドラ・ダンカンの写真を見た。96年前のモノクロだが、両手を広げた彼女には巨大遺跡にも負けない存在感があった。ダンスの力、おそるべし。

600もの応募作の中から選ばれたダンス映像が見られるのは、ポカリスエットのCM「ポカリガチダンス選手権 結果発表篇」。

登場するのは学校の女子トイレ前で見事なステップを披露する2人。ランドセルを背負ったまま教室で踊る小学生6人。体育館のバスケゴールを背景にした、応援団風学ランの女子4人などだ。

いずれも踊る楽しさを全身で表しており、ダンスのキレが小気味よい。

また、「イケてないとか、イケてるとか、誰が決めるの?(中略)君の夢は僕の夢、必ずたどり着けるはずさ」という歌詞の応援ソングも純度の高い青春讃歌だ。

このシリーズCMのシンボルともいえる美少女は八木莉可子さん。こんな笑顔で応援されたら、もう頑張るしかない。
     
(日経MJ 2016.10.10)
『テレビ』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
« だから、「古本」は、やめら... | トップ | 朝ドラ“ヒットの法則”を踏襲... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む