Utsuke Bron

みなさんお元気ですか

「飛び石連休」と言われていた時代もありました。

2017年04月21日 | 日記

ゴールデンウィークは新緑も美しい季節…

ゴールデンウィークまでのカウントダウンを始めた方も多い、今日この頃……。ことしのゴールデンウィークは、4月29日土曜日から。さてこの後、何連休になるでしょうか。せっかくの春の大型連休ですから、いつもとは違うたのしみ方で過ごしたいですよね。
ところで、ゴールデンウィークという言葉を何気なく使っていますが、いつからこう呼ばれるようになったのか。その由来も探ってみました。



2連休+5連休が一般的か



1日2日を休めると9連休に!
ゴールデンウィークの祝日が何の日か、意外と忘れていませんか。
4月29日 昭和の日
5月3日 憲法記念日
5月4日 みどりの日
5月5日 こどもの日

4月29日は、昭和天皇の誕生日。1989年(平成元)から29日は「みどりの日」になりましたが、その後、2007年(平成19)に「昭和の日」にあらためられました。

そしてスライド式に、5月4日が「みどりの日」になりました。
10年ほど前まで5月4日は祝日ではなかったので3日、5日の「飛び石連休」と言われていた時代もありました。懐かしいですね。さて、ことしのカレンダーを見ると、

4月29日(土・祝) 昭和の日
4月30日(日)
5月1日(月)
5月2日(火)
5月3日(水・祝) 憲法記念日
5月4日(木・祝)みどりの日
5月5日(金・祝)こどもの日
5月6日(土)
5月7日(日)

土日がお休みの方なら、2連休、二日おいて5連休。
火土日がお休みの方なら、2連休、一日おいて6連休。
月火土日をお休みにするなら、9連休!

なかなか最長の9連休をとるのは難しいと思いますが、4月の疲れを癒す絶好の機会。ぜひ、ゴールデンウィークをたのしく過ごしてくださいね。




映画の大ヒットにあやかって 命名された「ゴールデンウィーク」

さて、ゴールデンウィークの由来ですが、諸説あるなかで一番有力なのが、映画会社による業界用語だった、という説です。キッカケになったのは、1951年に公開された「自由学校」という映画です。
この映画は、松竹と大映が同じ映画を別々に制作し、しかも5月初めの連休に、同時に公開するというとても珍しいものでした。いずれもそうそうたる俳優が参加し、映画は大ヒット。

正月やお盆の時期以外にヒット作が出るのはまれであり、当時大映の専務取締役だった松山英夫氏が、「興行成績がよい期間」という意味で、この期間を「ゴールデンウィーク」と命名。
以来、ゴールデンウィークに、人気スターを起用して観客動員数を上げる作品を作り、ゴールデンウィークという謳い文句をつけて映画を公開していきました。
この戦略は大当たり! そして、ほかのレジャー産業も追随し、50年代中頃には、一般に定着していったのです。




シルバーウィークはたったの三連休!?


大型連休にはなりませんが、行楽をたのしんで!

少し気が早いですが、ことしのシルバーウィークも調べてみましょう。

シルバーウィークの祝日は
敬老の日(9月の第3月曜日)
秋分の日(秋分日※国立天文台の暦計算により決定されるため毎年変わります)

カレンダーに照らし合わせると、
9月16日(土)
9月17日(日)
9月18日(月・祝)敬老の日
9月19日(火)
9月20日(水)
9月21日(木)
9月22日(金)
9月23日(土・祝)秋分の日
9月24日(日)

…… 一般的には、三連休が一回だけという残念な結果になってしまいました。

ことしのシルバーウィークは少々短いので、その分ゴールデンウィークでゆっくりリフレッシュするのがよさそうです。ぜひ、よい連休を過ごしてくださいね。




https://www.wowapp.com/w/kaoru.ikeda/Kaoru-Ikeda

http://plaza.rakuten.co.jp/kaoruikeda/

http://kaoruikeda.hatenablog.com/

blog.goo.ne.jp/kaoru_ikeda/

http://ameblo.jp/kaoru19721023

http://kaoruikeda72.blog.fc2.com/

http://kaoruikeda.blog.shinobi.jp/




ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 4月20日(木)のつぶやき | トップ | 4月21日(金)のつぶやき »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL