Utsuke Bron

みなさんお元気ですか

簡体字

2017年07月23日 | 日記


これは簡体字で「歓迎光臨」。意味は「ご来場を歓迎申し上げます」
明日から夏休み……という学生さんも多い中、夏のレジャーシーズンのまっただ中のいま、観光地は外国からのお客さんで賑わっています。最近では東京だけでなく地方都市などで特に耳にする言語が中国語であったり、おみやげ店の中でも韓国や台湾からの観光客が大半をしめている……というシーンに出会うケースも多くなっています。
これにともなって鉄道の駅名表示やバス車内の表示も英文、中国語、ハングルで記されることは普通になってきました。その中で特に中国の簡体字は読めそうだけど、読めない、と感じている人が多いのではないでしょうか。
そもそも「簡体字」ってどんなものでしょうか。





簡体字はどうしてできたか




トイレでもこのような表示を見る機会が増えましたね
中国大陸は簡体字(簡化字と呼ばれます)を、台湾は旧字(繁体字と呼ばれます)を使っている、というのが大方の理解でしょう。それはそれで正しいのですが、その使い分けの背景には複雑な経緯があります。

漢字はたった26文字のアルファベットと違って、一つ一つの語に対応した何千という漢字をそれぞれ覚えなければなりません。画数も多いですね。
これは初等教育にとって効率的でない、と考える立場があります。中国20世紀初頭まで存在した「清王朝」の末期、アメリカをはじめとする近代的な西欧文明に対して、中国が後れを取ってしまったのは、学ぶのに手間と時間がかかる「漢字」に原因があると中国の知識人は考えました。
そこで、漢字の「改良」が戦前から研究され始めたのですが、戦後になって毛沢東の指示のもと「漢字簡化法案」が公布されたのが、現在の「簡体字」の元になっています(1956年~)。点画を簡略化したり、一部分で代表させたりしています。また発音が同じ文字で代用したり、古代からの草書などの字体を参考にしているものもあります。
分かりにくいものがあることも事実です。たとえば終⇔终 などはわかりやすいでしょうが、書⇔书などはかなり分かりにくいですね。




台湾と中国の漢字はなぜ違う



空港で。簡体字の部分は「美国(アメリカのこと)及国際出発」と表記
中国大陸の簡体字、台湾の繁体字の使い分けは、当時の政治情勢が影響しています。1950~1960年代に台湾の国民党と中国の共産党は対立していましたから、共産党との対抗上、台湾(中華民国)は中国大陸の「簡体字」を採用するわけにはいかなかったのです。台湾には「自分たちこそが中国の伝統的な漢字を使っている」という意識があるようです。
同じ民族なのに、使う文字が異なっているという事態の背景には、おおまかに言って、こうした理由があります。

主に東アジアの漢字を使う地域を「漢字文化圏」と呼ぶことがあります。
ただ、韓国は独自の文字「ハングル」を作りましたし、ベトナムももとは漢字を使っていましたが、現在はアルファベットです。また日本のように「かな」を創り出した日本のような例もあるように、漢字文化圏と言ってもその内実はなかなか複雑です。
とくに観光地などの「漢字」が、どんなふうに使われているかをくわしく観察すると世界が見えてくるかもしれません。





https://www.wowapp.com/w/kaoru.ikeda/Kaoru-Ikeda



http://plaza.rakuten.co.jp/kaoruikeda/

http://kaoruikeda.hatenablog.com/

blog.goo.ne.jp/kaoru_ikeda/

http://ameblo.jp/kaoru19721023

http://kaoruikeda72.blog.fc2.com/

http://kaoruikeda.blog.shinobi.jp

お金がたまるポイントサイトモッピー


‪http://moppy.jp/top.php?tJSJe177‬

http://utsukebron.seesaa.net/

http://kaoruikeda.jugem.jp/














ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« A museum | トップ | 大暑 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL