目指せ!フリーエージェント

フリーエージェントを目指して、情報発信していきます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

各金融機関の融資条件について

2016-09-19 14:50:57 | 不動産投資


本日は、金融機関の融資条件について記事を書
いていこうと思います。


不動産投資で物件を購入し、賃貸収入で不労所
得を得て、最終的にサラリーマンをリタイヤす
る為に一番大事な事は、金融機関から融資をGET
することです。


ですから、3分間だけ私にあなたの時間をくだ
さい。


逆に、『あとでいいや、、』『別にいま読まな
くてもいいよね』と、あなたが今この記事を読
まなければ、この先も、不労所得を得ることも
なく、3ヶ月後、半年後も、今の現状は変わる
ことはなく益々状況が悪くなる一方でしょう。


ではなぜ、事前に金融機関の融資条件を知って
おく必要があるのでしょうか?


各金融機関の融資の条件については、公表され
ていない為に融資スタンスがブラックボックス
化されていて、どの金融機関に相談したらよい
のかわからず、現実的には、仲介不動産屋の推
奨する金融機関に頼よるしかありません。


紹介された金融機関がうまく属性が合えばよい
のですが、合致しない場合は融資が下りずあき
らめるしかありません。


しかし、事前に各金融機関の融資条件を知って
いて、自身の属性を判断して、確実に融資を出
してくれる金融機関にピンポイントで申請書を
提出することで(後は購入物件次第にはなりま
すが)、より高い確率で融資を得られるようにな
るからです。



それでは、物件を購入するときに、金融機関の
融資条件のうち、主にどんな情報が重要なのか
考えてみます。


1)自身の収入に対しての融資の可能性について
(自身の年収から融資の可能性のある金融機関
 はどこか?)


2)金利はどのくらいになるのか?
 (対象としている金融機関の金利は?:1.2%
 ~4.5%)


3)借入期間はどのくらいの期間貸してくれるの
 か?(借入範囲:10年~35年)


4)対象エリアはどのエリアになるのか?
 (支店周辺、首都圏、地方)
 

5)頭金の必要額はどのくらい要求されるか?
 (購入金額に対して0%~10%~30%)


6)担保の必要性は?
 (金融機関によっては担保を要求する金融機
 関有)
 


7)築古物件に対する融資のスタンスについて
 (築古物件での融資の可能性は?)


8)地方物件に対する融資のスタンスについて
(地方物件で融資できる金融機関は?)


上記のパラメーターに対して、各金融機関の
融資スタンスにはそれぞれかなり違いがあり
、この条件によってはキャシュフローが大き
く影響を受ける為、金融機関の融資条件を知
っておくことは投資をする上で非常に重要で
す。


各金融機関の融資条件を知ることで、ほぼ60
~70%位、物件を購入出来たことと同じです。


それでは、今回あなたにこの各金融機関の融
資条件が書かれているレポートを無料でプレ
ゼントしたいと思います。


このレポートは、貴重で皆さんが欲しいと思
っている情報なので、あまり多く配布してし
まうと影響が大きいため、数量を限定したい
と思います。


先着100名様にプレゼントといたします。


今すぐに、各金融機関の融資条件のレポー
トをゲットして、金融機関の開拓のために
活用していただくことをお勧めします。



各金融機関の融資条件レポートはこちらから

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 出口戦略 | トップ |   

コメントを投稿

不動産投資」カテゴリの最新記事