占い師 FUJIKAのブログ (占い富士宮)

手相・タロット・姓名判断・九星気学
算命学
電話 090-7694-4857

まさか

2017年05月31日 | 日記
昨年息子を交通事故で亡くした友達が、

「ゆっくり話をしたい、そんな場所あるかな。」と言ったので、

今日はランチをしながら、おしゃべりしてきました。

「後数秒遅れていれば事故は起きなかった」

そんな衝突事故の様子を話してくれました。

「人生の三つの坂、知ってる?登り坂・下り坂・そしてまさか

本当にまさかの思いだったのでしょう。

私も息子さんを昔鑑定したことがあるので、

(そのまさかはなぜ起きたのか)

気になって算命学で調べてみました。

友達には言いませんが、

やはり気になる要素は何点か見つかりました。

今は少しでも元気なってもらいたい、

そしていつもの日常生活に戻れることを願っています。

「友達とランチをする」これもいつもの日常なのだから、

そんな前向きな気持ちに少しでもなってくれたことがうれしい

そして今日もランチバイキングです





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

鍵盤ハーモニカ

2017年05月30日 | 日記
娘が買ってきた鍵盤ハーモニカ



「いくらと思う?」

娘達が小学生のころ使っていたメロディオンは、

多分数千円だったと思う。

でも長さが違うからどの位の値段かわからない。

「6万円、演奏会の時使うので仲間全員で買ったよ。」と娘。

道具が必要な職業もお金がかかるなと思いながら、

占いのように師匠から知識を買う職業もお金がかかる。

どっちにしても大変











コメント
この記事をはてなブックマークに追加

仕事

2017年05月29日 | 日記
パート先は短時間労働者の集合体。

時間帯がみんな違うので、絶妙な組み合わせが必要。

例えると、8時から12時の人、12時から16時までの人、

16時から20時までの人、20時から最終の23時までの四人で一人分になる。

こんな感じで少しづつ時間をかえて、同じ時間帯に7人位で店がまわる。

人によって時間の長短があるので、常に一日20人以上は働いている。

そしてこの20人全部が違う仕事をしている。

この組み合わせを考えるのも大変だと思うけど、

同じ時間帯に同じ仕事をする人を組み合わせると大変。

二人のうち一人が違う仕事をしなければならない。

みんな仕事内容で時給が違うので、自分の時給以上の仕事になるともめる。

女性ばかりの職場は常に緊張の連続

「仕事に来ているのだから楽しくなくていい。

ただ何事もなく仕事が終わればいい。ただそれだけを祈っている。」と、

誰かが言っていたけど今日はそんな感じの一日だった。

仕事=生きがいには程遠いね


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

草取りタイム

2017年05月28日 | 日記
休みの日はのんびりしたいのだけど、

庭に出ると草が目について草取りタイムになってしまう。

今日はザクロの木の花が咲いてのを見に行ったら、

足元の草が気になってまた草取りになってしまった。



この木を見ると、季節の移り変わりがよく解る

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

タロット鑑定

2017年05月27日 | 日記
昨日は天神の湯での鑑定。

久しぶりにお客様からタロットでの鑑定依頼。

最近は算命学と手相での鑑定がほとんどなので久しぶり。

いつも使っているライダー版のタロットカード

自分自身の問題を占うのに適したケルト十字で占った。

結果は私もお客様もビックリするくらいの良い展開で、

お客様の気持ちをじゅうぶんに後押しできたはず。

「写真撮っていいですか。」と言われてもちろん

タロットカードの意味が解らなくても、

ライダー版は絵柄や色使いで良いか、悪いかお客様でも判断できます。

納得できる結果にお客様と一緒に、

フレッシュジュースを飲んでリラックス


コメント
この記事をはてなブックマークに追加