FUJIKAのブログ (KAORUーJUSTICE)

手相・タロット・姓名判断・九星気学
算命学

純濁法

2017年03月20日 | 日記
孫がインフルエンザB型にかかり、昨日から高熱が続いている。

さっき熱をはかったら39、7度

それでも頭は痛くないと言っている。

でも顏が真っ赤、心配してもなおる時期がこないとどうしょうもないけどね。

純の星を4つも持っている私は、こういう時おろおろしてしまう。

もし濁の星が多い人なら、こういう時はどんとかまえて動じないはず。

これは算命学では純濁法で習うのだけど、

身近な家庭内でも置き換えることがでる。

算命学の勉強は、自分に置き換えるとおもしろいし覚えやすい
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« オリーブオイル | トップ | おかしな話 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

この記事を見た人はこんな記事も見ています

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。