うさぎとかえるの里

鳥獣戯画をこよなく愛する自分の日本文化や日常に関する想いをつづります。

大混雑。

2016-12-31 12:23:31 | つれづれ


東京駅はすごい人すぎてびっくりしました。

年末に新幹線で帰省するのは久しぶりだけど前はこんなに人いなかったぞ?

新幹線(北陸、北海道)増えたせい?

でもパン食べたかったから混雑するブルディガラで大好きなチョコと胡桃とオレンジピールのパン買った!

新幹線乗る前にコーヒー買うつもりが身動きとれず、買えなかったのでショック(≧◇≦)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

仕事納め。

2016-12-30 23:31:44 | つれづれ


今日で今年のお仕事も終わり。

K君が大変なときもよく頑張ってきたな。

なんか難しかったな、この1年

仕事休むべきか行くべきか迷ったこともたくさんあったけど

1番頑張ったのはK君だったと思う

仕事行かせてくれてありがとう

続けさせてくれてありがとう

K君がいるとき仕事の時もずっとK君のことを考えて仕事していたから

今もK君のことを考えながら仕事をしてしまうよ

仕事仲間にもらった年賀クッキーがかわいいな
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

くわい。

2016-12-29 20:15:44 | つれづれ


K君が大好きだったくわい。

おせち料理は特に好きなわけではなかったけど、とにかくくわいとなますが大好きでした。

だから去年は大量のなますとくわい(皮むき大変だった!)を料理したのでした。

今年は新潟の実家に帰ることにしたので、とくにお正月準備はしていませんが、くわいだけはK君に煮てあげようと思って買ってきました。

去年はK君監修のもとで作っていたけど



今年の味はどうかな(´`:)

去年はお雑煮用のあおさ海苔をアメ横の海苔屋さんに買いに行ったけど…

今年は行ってないや…
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ある日の夜ごはん。

2016-12-28 22:04:04 | ごはん


鯵の開き。

K君は塩サバが大好きだったけど今回は鯵。

大根おろし。

(大根いっぱいあったので)大根と豚肉と椎茸の生姜風味の煮物

南瓜サラダ。

職場仲間の新潟土産の青唐辛子味噌(辛いけどご飯によく合う!)

わたしはあまり大根好きではなかったけど、とにかくK君が大根の煮物が好きで、おでんの大根とか鶏の手羽と煮た大根をおいしいおいしいと喜んで食べてくれていました。

K君が食べると、大根がぽくぽくいい音がして「まんが日本昔話」でよく見かけるような囲炉裏の鍋で煮たなんらかの料理を食べるおじいさんのイメージぴったりでした(よくわからない比喩だけどそれほどK君は口いっぱい大根ほおばって美味しそうに食べてくれていた)

今回も3日間かけて大根の煮物を食べきりましたが、最後は味が染みて本当に美味しくて、K君が食べたら絶対に美味しい!と言ってくれるだろうな~と思いました。

とにかくやっぱりまだK君で…(´・_・`)

今の家にK君が来たらなんて言ってくれるだろう?なんて…

「相変わらずものが多いね」

「うまく家具おさめたね」

どっちだろう?

毎日そんなことばかり考えて生きてます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

エッセイ。

2016-12-27 22:44:35 | 読書


昨日はK君が星になって百日目。

この頃には季節も変わって悲しみから立ち直る時…とあるけれど、そんな風にはならなくてまだずっとK君のことばかり考えています。

この「悲しみの秘義」は、友人からのクリスマスプレゼントで、さっそく読みました。



昨日、スタバで読んでいたのだけど、読んでいたら涙が出て来てしまって慌てて帰りました(>_<)

悲しいとか、淋しいとか、そういうのを乗り越えなくていいよね。

まわりの人は、わたしを励まそうと、元気づけようと、今までのことを忘れて第二の人生楽しまなきゃ!とか、今まで頑張った分幸せになって欲しい!とか言ってくれるけど

そんな風にはあまり考えられなくて

今までのK君との生活があるから今のわたしがあるわけだから

やっぱりK君と出会って結婚して一緒に闘病して喜んだり悲しんだりして、そういう数年間があってよかった

だからK君は過去のひとになんて絶対にならないし

毎日思い出してK君を近くに感じたりしている

ただ会話したり触ったりできないだけで

K君がいなくなってからいろんなことを考えたり、いろんな言葉や詩に共感することが前より増えた気がする

冲方丁さんの小説
清少納言が定子の栄華とその後の一族の没落を回顧する「はなとゆめ」では、花は枯れてしまうから咲き誇った姿など知らない方がよかった、と比喩表現ででてくるけど

わたしもやっぱりどんなに淋しくて思い出すのが悲しくても、K君との楽しい思い出や結婚生活は経験しないほうがよかった、とは思えないから。

言葉って、文字ってすごいな、と今さらまた気づかされた。

心に寄り添ってくれる。

「悲しみの秘義」を読んでわたしの中でまた世界がすこし変わった。

K君は、一緒にいるときも、そしていまも私に絶えず新しい何かを与え続けてくれている。

ありがとう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

コーヒーと本と。

2016-12-26 17:05:01 | つれづれ


クリスマス三連休があけ、今日はお休み。

今月はとにかく人と会う予定が多かったので、今日は久しぶりに一人で過ごす日です。

本を読んだり録画した番組を見たりしたいな~と思い、でも家は外壁工事中でうるさいのでとりあえず職場のある後楽園まで電車読書。

忘れていたけど今日から3日間嵐のコンサートだから東京ドーム周辺はすごい人でした。

それでも午前中だったのでまだ居場所はある!

まずはメトロエムのパン屋でコーヒー飲みながら須賀しのぶさんの単行本を読み…

つぎには…

俗物のわたしは本日発売のスターバックスの チョコラティ バナナ ココ フラペチーノ が飲みたかったので(最近全くスタバ行ってない!!)

とりあえずテイクアウトにしましたが、外のストーブ横のテーブルがあいたので、寒空の下フラペチーノを飲みながら若松さんのエッセイを読みました。

この頃本が読みたくて仕方がなくて…

たまにはのんびり過ごすのもいいですね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

肉食べた!

2016-12-25 22:50:41 | ごはん


三連休、本気で仕事も忙しくて疲れた(´Д`)

日課の寝る前のK君と語らう元気もないほど!

でもお線香とお茶は欠かさないよ!

今日はとにかく肉食べたい!と思って成城石井に行ったらまだ、クリスマスのチキン売っていたから買ってきました。

銘柄鶏だったけど脂乗りすぎていて、先日食べたスーパーの安物の方が…というわたしはなんと安上がり。

クリスマスも終わり、あとはいよいよ今年も終わり。

イベントシーズンはとにかくひとりは淋しい…というか、ひとりが淋しいのではなくてK君との楽しかったイベントシーズンを思い出してしまうから淋しいのです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

クリスマスイブ。

2016-12-25 00:47:06 | つれづれ


友人に誘われて上智大学の聖堂のミサに行ってきました。

すごい人で、聖堂に入る際、席取りのために人波に押されて人間とドアのすき間にハマってしまい
怖かった(>_<)

オイルショック時のトイレットペーパーに向かう人の群れかとはかくやと思いました。

神聖な儀式に向かう人々がこれでは…とちょっとガッカリ…というか、誘導法もっと考えないとけが人出そうです。

…という訳で友人とはぐれてしまい(見つかる状況ではなく)、結局終わったあとで出口で合流しました(;^_^A

わたしは大学が仏教系だったので、当時は式典も授業もすべて仏教思想にもとづいていて、
たぶん気づかないうちに仏教思想的考えや言葉が当たり前に身についていたようなので

聖書の思想にはなるほどなぁと思うところもたくさんあって

言葉にするのは難しいけど宗教ってすごいものだとあらためて思いました。

印象的には仏教の方が中庸なのかな、と思いましたが、そう思うこと自体、わたしが知らず仏教的考え方になってしまっているからかもしれません。

その後、カトリックとプロテスタントの友人(とその知人)たちと食事をしましたが、思想的にも性格的にもハッキリしていて、ああ、確かにわたし(や、ふだんわたしの身近にいる人たち)とはなんか違う!と思い、刺激を受けた夜でした。

知的好奇心をくすぐられる夜でした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

クリスマス会。

2016-12-23 20:36:08 | つれづれ


明日の夜は教会に行くので、K君とのクリスマス会は今夜。

K君の大好きなチキン買ってきました。

今日は仕事も忙しくて一日中走り回っていたので、料理はしてませんが(>_<)

チキンとカプレーゼ、シチューと白ワイン、パン屋で買ったキッシュ。

ケーキはローソンの「赤いクリスマスケーキ」(´`:)



紅茶はレピシエの香りのよいもので。

K君へのクリスマスプレゼントはチョコ好きのK君のために
ゴディバのトリュフにしました。

昨年大きなチキンをほおばっていたK君が懐かしくて

その前の年はK君がずっと入院していたからクリスマスも仕事のあとで病院に行って…
あの時は街のクリスマスイルミネーションが悲しかったな…

とか、いろんなことを思い出しながらK君の写真とワイン飲んでいたら

知らず涙が流れてました。

たった6回しか一緒にクリスマス過ごせなかったけど…

でもK君といた6年は本当に幸せだったよ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

クリスマスカード。

2016-12-22 21:59:32 | つれづれ


友人からクリスマスカードが届きました。

昨日、今日とまたK君の他界を知った知人たちが気に懸けてくれています。

年賀欠礼葉書を出したのもやらなくてはいけないこととはいえなんだか申し訳ないです。

かと言って黙っているわけにもいかないし、人が亡くなるってやっぱりすごく悲しいことだな…(´・_・`)

もうすぐクリスマス…

去年はK君は大好きなチキンにかぶりついていたけど…

今年もチキン買ってくるね!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加