うさぎとかえるの里

鳥獣戯画をこよなく愛する自分の日本文化や日常に関する想いをつづります。

妄想。

2013-03-31 23:22:44 | 読書


五十嵐貴久さんの「相棒」読みました。

幕末好きならかなり楽しめます。

誰と誰が「相棒」かというと…

坂本龍馬と新選組の土方歳三です。

あ、ありえない…。

将軍慶喜暗殺未遂という、架空の事件を設定し、幕府の命令で犯人捜しの為にコンビを組むことになった二人。

性格が正反対だけど、次第にお互いを認め合っていくところと、コントみたいなやり取りもかなり面白いです。

犯人捜しの為に事情を聞きに行く、薩摩、会津、潜んでいた長州人(近江屋にて!!)、高台寺党、岩倉…等々、
幕末の有名人がたくさん登場するのもうまいとしか言いようがない…

まるで池波正太郎先生の「その男」の映画化された「狼よ落日を斬れ」みたいな感じ!
(中村半次郎、沖田総司、伊庭八郎などが登場!)

エンターティメントなんだけど、大政奉還を巡っての幕府や薩長、岩倉、高台寺党の立場も分かりやすく
盛り込まれているし、龍馬暗殺に関してはなるほど、と思える犯人を用意している。
そう思えば、実際の歴史上の事件とも辻褄が合うと思ってしまうのもなかなかのお点前です。

それでも結局戊辰戦争になって、歴史の流れは止められないのですが、
最後になかなかドラマティックな展開が待っているのが追い打ちをかけるように楽しませてくれました。

こういう小説、もっとないのかなぁ。どなたかご存知でしたら教えてください。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

貝。

2013-03-27 22:20:24 | つれづれ


房総行って、オニのように貝食べてきました

ホタテとサザエとハマグリと…。



あれだけ食べてもまだこんなに。

初めて貝でおなか一杯になりました

貝焼き食べ放題、万歳!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

満開。

2013-03-24 22:06:24 | つれづれ


勝海舟生誕の地でもある両国公園の夜桜。

ライトアップ…というか、街灯にほのかに照らされていい感じです。

今日は都内お花見でにぎわったんでしょうね

飛鳥山公園近くの職場も今日は忙しかったです。

今日はちょっと肌寒いけど満開になりました。

今年の桜はなんだか色が薄くて白に近い気がします。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

天海。

2013-03-22 23:06:30 | 読書


久しぶりの戦国時代。

内田康夫さんの「地の日 天の海」を読みました。

天海僧正、とっても興味あります。
数年前、日光まで天海のお墓参りにも行っております

といっても、このお話は「天海」になる前のお話。

天海って、前半生不明…みたいによく言われますが(だから天海=光秀説みたいなのも出てくる…)、
考えてみれば、年齢的にも家康だけでなく、秀吉や信長の時代も見てきているわけで…。

このお話は、信長の天下統一までの道筋とともに、随風(天海)がみた秀吉、光秀といったところでしょうか。

秀吉、光秀の性格の違いまでしっかり分析しているところが、歴史上の「結果」を知った上での小説だけれども
面白かったです。

ミステリっぽく扱われてしまいがちな、「本能寺の変の動機」(光秀とか秀吉とか朝廷側の動きとか含めて)、
秀吉の「中国大返し」とか家康の「神君伊賀越え」なども、しっかりと納得できるストーリーになっていて、
こういう理路整然とした感じは、さすがミステリ作家の内田先生!と思わずにいられないのでした。

出家の身の随風(天海)が見つめた信長、光秀、秀吉、そして家康の時代(途中甲斐武田の滅亡などもあり…)は、
やっぱり猛きものもついには滅びる…的な無常観が満載で、ちょっと切ないです。

でも、流れを止めることはできない、というような思想が何回か出てきて、それは信長の勢いだったり、
その勢いを止めようとする流れだったり、それはもう人の力の及ばないむしろ「大いなる力」の存在をも感じさせるのでした…。
それに気づいていた秀吉も結局滅んでしまうのですが…
やっぱり無常ですね。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

夜桜。

2013-03-21 23:01:31 | つれづれ


家のご近所の桜。

花の時期は短いから、しっかり今年も堪能しておかねば。
って、桜咲くの早すぎでしょう、今年。
お仕事の多忙期終わってからゆっくり見物するつもりだったのに…。



桜の梢の後ろに、実はお月様があるのです。

月に桜。

いいですねぇ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

伝通院。

2013-03-21 22:46:56 | 旅行・参拝


歴史&神社仏閣史跡巡り渇望症のため、行ったことのなかった小石川の伝通院へ行ってみました。

桜に誘われて。

浪士たちの上洛のスタート地点ですねぇ。



大江戸線の春日駅で降りて、途中の礫川公園もお花がきれいだったけど、伝通院もきれいに咲いていました。

本堂を正面に、左右に咲いているのが何とも絵になります。



ちょうどお彼岸でもあるし、清河八郎さんのお墓にもお参りしてきました。
あなたから始まったんですねぇ、と思いながら。
こういうお墓参りもお久しぶり。



最後にもう一回桜。
青空に桜がきれいに映えました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

暗殺!

2013-03-21 10:44:16 | 読書


忙しい3月もようやく後半戦…。

ホワイトデーの多忙が終わったと思ったら、今度は予想外に早く桜が咲いてしまい、
桜の名所近くの店は花見客と卒業関係の予約でまだまだ激戦区…

というわけですが、ようやく14日ぶりのお休みです…。

ホワイトデーの前日にコンビニで見かけた今回の「歴史人」。
ホワイトデーを乗り越えてからご褒美に買おうと、発見した当日は購入を見送り、
3月14日の深夜にようやく購入…

もちろん疲れ切って、買ったもののペラペラ見ただけで終わりましたが…。

録画しておいた、2週間分の大河ドラマ「八重の桜」もようやく見まして、
あらら、ちょうど佐久間象山先生が殺(や)られていらしゃった…。タイムリー。

幕末暗殺って、今更って気もして、同じような話はすでにたくさん読んでいるからなぁ、
と思いましたが、毎回「歴史人」は結構なCGイラストなどでリアルに特集してくださる雑誌なので、
やっぱり購入してしまいました。

ゆっくりじっくり読ませて頂きます。

なんだか歴史や現地調査から最近めっきり遠ざかっていたので、
このごろやけに歴史オタクにどっぷりつかりたい気分、厭世観バリバリの自分、春なのに…。

最近引きこもりがちだったので、マニアな友人と思うさまマニアックトークしたひ…。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

芋!

2013-03-10 23:04:28 | おやつ


人形町寿堂の黄金芋をいただきました

芋のお菓子大好きです。



かすかなニッキの風味が美味♪

色も見事なお芋色、というか、焼き芋見たいです。

皮の中は、おいしそうな黄色なんです、だから黄金芋なんですね。

御馳走様でした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

朝から‥。

2013-03-08 22:36:16 | ごはん


この前のお休みは、ココスの朝食バイキングに行ってみました★

休みの割に早起きしたので、用事を済ませてからちょっと遅めの朝ごはん。

なんか旅行に行った時のホテルの朝食みたいで楽しかったです(^^)

これで666円なら大満足ですね♪

朝からいっぱい食べたので、夜ご飯までお腹すきませんでした…
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

桜餅。

2013-03-07 22:20:11 | おやつ


ひなまつりの頃に桜餅を食べ損ねていたので、通りすがりに久しぶりに長命寺の桜餅を買いました。



何年ぶりかに食べる長命寺桜餅

一個のお餅に桜の葉3枚!

ちょっと普通の桜餅とは違った薄めのお餅にはさまれた、上品なこしあん♪
私は粒あんよりこしあん派、ちょっと甘さ控えめなこの味が大好きです。
K君には不評でしたが、その分私がたくさん食べました♪
コメント
この記事をはてなブックマークに追加