うさぎとかえるの里

鳥獣戯画をこよなく愛する自分の日本文化や日常に関する想いをつづります。

節分。

2011-02-04 13:44:45 | Weblog
頂き物ですが、あけぼのの豆で豆まきしました。

煎り大豆の他、おかめの顔をした干菓子と金平糖が入っていて可愛らしかったです。

来店したチーフに太巻寿司もお土産にいただいたので、それらしい節分になりました。

無病息災で過ごせますように。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

懐かしい味。

2011-02-03 17:25:57 | おやつ
先日、王子のランギャールさんにケーキを買いに行って来ました(^^)

もう10年近く前、私が銀座で働いていたときに、ほぼ毎日のように
食べていた、懐かしいケーキです。

王子にお店を開かれてから、訪ねるのは3回目です。

変わらない、ほっとする味です。

もともと、生クリームが苦手で、ショートもモンブランも決して
自分では手を出さない部類のケーキでしたが、
(チーズケーキかタルト派★)
この方のケーキで食べられるようになったのでした。

思い出がつまったケーキ、懐かしくいただきました!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

金魚。

2011-02-02 17:21:31 | 旅行・参拝
素盞雄神社の境内の池に、きれいな金魚がたくさん。

お庭の池は、ついつい鯉や亀や生き物が気になって仕方ありません。

参拝に行くときは、いつも何かしら心配事などを抱えていくことが多いので、
小さい生き物たちを見て、どこか癒されているのかもしれませんね~(^^;)



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

素盞雄神社。

2011-02-02 17:20:36 | 旅行・参拝
災厄よけの神様、素盞雄神社にお参りしてきました。

場所は荒川区は南千住。

境内には、「蘇民将来子孫也」ののぼり旗が立てられています。

ふと思い出したのが、疫病除けの「蘇民将来子孫也」の札のお話。

もとは古典か何かで読んだと思いますが、牛頭天王を祭った、京都の八坂神社も
これと関連があったような。

確か、この札を貼っておくと、疫病が流行ったときにその家だけ災厄を逃れ、
子孫繁栄する…というものだったと思います。

と、神社のHPを見たらやっぱりそうで、スサノオ命=牛頭天王、
スサノオ命がかつて旅に疲れ果てた際に、貧しいながらももてなしてくれた
蘇民将来に感謝して、その子孫の繁栄を約束したそうです。

ちょうど、健康祈願の参拝だったので、知らずにお参りに来たとはいえ、
なんだか嬉しくなりました。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加