うさぎとかえるの里

鳥獣戯画をこよなく愛する自分の日本文化や日常に関する想いをつづります。

西国三十三ヵ所

2008-09-30 00:07:45 | 読書
NHKさん…なんともタイムリーに私のツボを…(^^;)

未だに私、道に迷っています。

正解が何なのかわからなくて、手探りで生きています。

後悔だってイッパイあります。

でもそれを後悔だと認めたくなくてちょっぴり意地を張ってしまったりします。

本当に、あの時こうすれば良かった…なんて、過ぎ去った今でさえ、
どちらが良かったのかは分かりません。

現実とは、いつも一寸先もわからない、頼りないものかもしれません。

今が幸せなんだ~って思えるほど、まだ大人になり切れていない自分です。

だから、道を求めて、行きつくところを目指して、黙々と進む
巡礼にはとても憧れを感じます。

願わくば、旅に生きたい~

西行、松尾芭蕉…他にも…

なんて思いつつ、明日も修羅の海を泳ぎ切ります(^^;)

だって、この時代に生まれちゃったんだもん、仕方ないですよね★
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ショック

2008-09-28 22:38:40 | 鳥獣戯画
今日は一筆箋です。

そろそろ新しいグッズを探しに行きたいです。

最近何かと忙しくて、あまり都内のアートスポットにも出かけていません(^^;)


ああ、でも今日はようやく10月に予定していた京都旅行の予約をしようと
JTBに行ったら、シングル(←シングルなのに!!)も既に10、11月中は満室ということで、別の手だてを考えねばなりません…。

それがショック…。

まぁ、いざとなれば日帰り強行軍でも目的は達せられますが、
ちょっともったいないですね。

1泊を前提に、ちょっと山沿い…というか三尾を久々に廻ろうかと計画していたので、日帰りだとかなり厳しいかも知れません。
栂ノ尾、槙ノ尾、高雄ですね♪

またしても行き当たりばったりの旅の予感がしています。

10月中には京都に行っておきたいのですが…(^^)


まだまだ紅葉には早いのに、10月からこんなにいっぱいなんて、驚きました!




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大坂夏の陣

2008-09-28 01:59:43 | つれづれ


これ、以前、時代屋で買った「大坂夏の陣」の手ぬぐいです。

他にも「本能寺」などあります。

大坂夏の陣…司馬遼太郎の「城塞」を読んでかなり興味を持ちました。

関ヶ原~大阪の陣 あたりの歴史は、すごく駆け引きなどがあって
ドキドキします。

深い…。

心理戦、かつ、時代を見定める目が必要…しかも命がけ。
何ともスリリング。
現代に生きる私には想像もできません…。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

時代屋

2008-09-26 00:15:46 | つれづれ
今夜はお茶の水の方まで出かけたので、
久々に「時代屋」さんをのぞいてきました。

あまり時間がなかったので、ゆっくり見られなかったのが残念!
2階で売っている歴史グッズなどもじっくり見たかったです~。

世界史系も網羅されているので、かなり心強いお店。
私は三国志コーナーと
日本の古代史あたりの棚が好きです。
厩戸皇子に興味がありますが、なかなか本をそろえている本屋さんって
少ないんですもの…。

また今度じっくり見に行きます♪
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

あさきゆめみし

2008-09-25 01:38:27 | 読書
とうとう手を出しました、
愛蔵版「あさきゆめみし」

以前お友達に借りて読んだけれど、
やっぱり自分でもっていたいな、と…。

というか、あそこまで原作に忠実に書かれているのは
素晴らしいです。

源氏物語、原作もすごい。
大和和紀さんもすごい!!

今年は源氏物語が世に出て1000年ということで、
関連の展示なども各地であるようです。

それに関連付けて京都に行くのもいいなあと妄想中です(笑)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

パンがなければ…

2008-09-23 19:08:32 | つれづれ
お菓子を食べればいいのよ…って、

今朝はパンの代わりにマカロンを食べました(笑)

昨年、映画「マリーアントワネット」を見てから気になっていた
LADUREEのマカロンを買ってきました。

店内もパステルカラーでショーケースもカラフル、
お菓子好きの私にはすごく楽しい空間でした(^0^)

マカロン好きにとって、やっぱり食べておきたいお店です。
しっとり感とさっくり感が絶妙で中のクリームのバランスも良いです♪

かわいい バラ風味のケーキも買ってしまいました。
「ルリ・ローズ」
名前もとってもキュートなケーキです。

次回はサロンでぜひお茶したいですね。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

京都国立博物館

2008-09-22 00:27:08 | 鳥獣戯画




2年前の「大絵巻絵展」の目録です。
当時、これを見るためだけに、会期の最終日に京都に行ってきました。
でも、さすが最終日…
博物館に入るまでにすでに2時間待ち…(^^;)
9時過ぎには京都に着く新幹線で行ったから、博物館にも10時前には着いたと思うのですが…(汗)

初夏の強烈な日差しの中、お庭で並んでいるのはかなり辛かったです。
でもかなり見ごたえはありました!

あれだけの絵巻物を直に見ることができるなんて、かなり興奮しました。
もともと、大学時代は古典を専攻していたので、当時触れた絵巻の現物を解説付きでこんなに見られるなんて!!

でもとても頭で整理しきれないボリュームだったので、目録を購入しました。
重かったけど(^^;)

さすがに、鳥獣戯画の展示スペースはさらに中で数十分待ち、
あとは源氏物語絵巻も並んでいましたね…

このとき、実はミニチュアの鳥獣戯画絵巻を買う予定だったのですが、
さすが最終日…売れ切れていました!


コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ささえられている

2008-09-20 10:38:05 | つれづれ
いろいろ感謝をすることがありました!

お仕事でも

以前いた会社の方からも

大学時代のお友達からも

やっぱりまわりにいる方々の与えてくれるパワーは大きいです

そういう方々に出会えるってやっぱり凄い

出会うべくして出会うんでしょうか?

これだけたくさんの人がいるのにね

最近見た韓国ドラマで、

今、こうして出会うには前世で3000回は会っている。

って言葉がありました

それくらいの因縁はあるのかもしれませんね

ありがたいことです

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

永遠の謎

2008-09-19 01:00:56 | 読書
座右の書。

私にとっては「方丈記」(^^;)

生きている意味を、生まれてくる意味を問いかけてくる。



しらず

うまれしぬる人

いずかたより来りていずかたへか去る

またしらず

仮の宿り 誰が為に心を悩まし 何によりてか目を悦ばしむる


でも答えはないから考えれば考えるほど苦しくなる。

楽しいことも一瞬の夢

それをいくつも繰り返していずれ死んでいく

すべての人に等しく終りが必ずあるのに

生き方は様々で決して平等ではなくて、

そもそもいずれ終りが来るとわかっているのに

頑張る必要があるのかって…


なんていうエンドレスな無常エンドレス自己問答が結構好きだったり
します(^^;)

あっ、暗い!?暗いかなぁ!??

でも普段はいたって前向きですから★

たまにひとりで空をみながらこういうことを考えるのです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ひとり考

2008-09-17 00:55:30 | つれづれ
昨夜に引き続き…

ひとりということを意識すると急にさびしくなる…

根がさびしがりやなんだな。

未だに実家大好きだし。

人間は一人では生きていけないってことは、
前の会社を辞めて新たなスタートをしようと思ったときに
いやってほど思い知りました。

ひとりでベランダで空を見ていて、
このまま星空に消えてなくなっちゃいたいと何度思った事か…

孤独は自分を狂わせる…

だからひとりでいたいってのは贅沢な悩みなんだろうなぁ…

でもやっぱり自由がきくひとりでこの秋、上洛してこよう…
コメント
この記事をはてなブックマークに追加