うさぎとかえるの里

鳥獣戯画をこよなく愛する自分の日本文化や日常に関する想いをつづります。

金木犀。

2016-10-01 06:52:29 | つれづれ


今年も金木犀がいつの間にか満開になっています

この季節は街を歩くと

空気が金木犀のにおいがする



K君が三鷹の病院に入院しているときも

この季節のことが何年かあって

このにおいの街を病院まで歩いた

状態がよくなくて心配だったり

少しよくなって嬉しかったり

これからのふたりの生活を考えて不安で涙を浮かべながらだったり

でも病院に行けばK君に会えるからそれが嬉しかったり

いろんな気持ちを金木犀のにおいと一緒に思い出す

わたしとK君の家の前にも引っ越してきたときから金木犀の大きな木があって

今は満開

好きなにおいだけど

いろんな気持ちが甦るから

なんだが苦しくなる

悲しいにおい
ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 涙。 | トップ | ふんだりけったり。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

つれづれ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL