うさぎとかえるの里

鳥獣戯画をこよなく愛する自分の日本文化や日常に関する想いをつづります。

初参加。

2013-10-21 20:36:36 | 活動


昨日は北方謙三先生の梁山泊の会に初参加してきました。


回数も、主催者側(集英社)が13回だか14回だか15回だか分からなくなっている…てな前説からはじまり…緊張がいっきにほどけました(^_^;)

それも主催者側さんのお気遣いかしら。

毎回、108人の参加者で開催されるそうですが、今回は250人の参加者!…だから私も参加することができたのだと思いますが…。

第一部は、北方先生と一緒に京劇「岳飛伝」を鑑賞!

私、京劇は今回が2回目ですが、ホールが狭いので楽器の音がそれはそれは反響して、以前見た時よりも凄いインパクトがありました!

最初に劇団の方が京劇鑑賞の仕方や、「岳飛伝」の見所など説明してくださったので、より楽しめました。

ウジュ(漢字出ません)の羽飾りや、岳飛の長い髭が舞でなびくのが私的にツボでした~相変わらずどこ見てんのでしょう、私(*´-`)

見せ場で拍手や「好(ハオ)!」と掛け声を入れるのですが、役者さんが見栄をきっても、日本の歌舞伎のように分かりやすくなく、なんだか拍手もいまいち曖昧で申し訳なかったです。

そして、第二部はいよいよ北方謙三先生の講演と質疑応答!…ほとんどが質疑応答でした。

今までたくさん読んで、人生の辛いときも何度も助けられてきた北方先生の数々の小説…何人もの男たちの生きざまに勇気付けられてきて…そんな作品の生みの親が目の前に…。

参加者は本当に老若男女といった感じで、質問内容も作品を読み込んでいるなぁと感じるものばかり。

登場人物の名が出れば、先生も詳しくお話してくださって、質問者に真摯にお答えする先生の姿が(*^^*)

回答も、なんというか打てば響くというか、さすが大先生!頭の回転が早いと感動することしばし!!

しかも先生、参加者の前ギリギリまで歩み寄ってくださったり、大好きなお酒や車の話まで、本当にサービス満点でした。

最後の抽選会では、なんとなんと…

七分の一位の確率で貴重な品物を頂くことができました!

非売品の冊子と、岳飛伝の色紙です\(^o^)/

しかも、先生から手渡しですよ!
握手していただきました。
恥ずかしながら、感激して、頭ボンヤリしちゃいました。

帰り道、相変わらず豪雨だったので、品物は濡れないように大事に抱えて帰りました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

桜巡礼~上野編

2010-04-07 01:03:30 | 活動
新宿御苑を出た後、上野に移動。
途中の総武線から見える、お堀の桜がまた綺麗でした(^^)

上野の山に日が沈みます。落日です。

御苑とは打って変わって、こちらは場所取りの人々とビニールシートであふれています。
でも、やっぱりこの活気もなかなかいいものです(^^;)

日も落ちて、風も冷たくなってきましたが、チーフ用にビールを買いに行き、
桜ソフトをちゃっかりゲットしました。



もうすっかり活動を忘れて単なる酔客です(^^;)
でもここで思い出したかのように、突然写真を撮り始め、ソフトクリームで手がべたべたに
なりました(--;)
買ったらすぐに食べましょう…。

夕暮れ時らしい、一枚…。



空の感じが、なんか良かったです。
明るい光と、夜の闇と、風も出てきたので、雲の感じも。



この写真、桜の下は人の海です。
いや、ヨッパライの海です。

いい感じにライトアップされた寛永寺の観音様。



赤い色が映えます。
千手観音様にお参りをしてきました。

ちいさい枝垂れ桜。



さすがに、東京にはあまり銘木と言えるような立派な枝垂れや一本桜はありませんが、
植樹のたまものか、群生している桜の見ごたえでカバーしている気がします。



最後は西郷どんを見上げてから、上野を離れました。

今年は途中寒かったりで、桜が長く楽しめましたね。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

桜巡礼~新宿編

2010-04-07 00:46:04 | 活動
へなちょこ写真部本年度第一回目の撮影は、桜です(^^;)
とはいえ、今回はチーフとワタシの二人写真部(--;)

週一平日休みの私と遊んでくれる唯一の友達(!?)、ありがたいチーフです!
本家の写真部は、部長が本業が忙しく、活動中止中なので、昨年からチーフとの
課外活動ばかりです。
昔から、写真部とは名ばかりの小旅行部みたいな感じでしたが(^ω^;)



場所は新宿御苑。
久々の好天に賑わっています。この活気が花見らしくて好きです。
おっと、すでに写真部ではなく、気分は花見に…orz

…って、ハナからコレ(↓)を用意してくるあたりがなめきっている(^^)
お酒はワタシ担当、食べ物はチーフ担当。



紙コップも味気ないので、お猪口持参です。
本陣とした松の根元でまずは一献。

桜が散り始め、桜吹雪を眺めながらののどかなひと時です。
昼間っから、屋外でいただくお酒は格別でした(^^)

それにしても、この松、なんとも立派でした。



枝ぶりに惹かれて思わず写真。

広々として、のどかで気持ちいいですね。
御苑は一年に一回くらい来ていますが、やっぱり桜の時期がいいかなぁ。



御苑は閉園時間が早いので、明るいうちに撤収。
夜は知人のお店に行く予定でしたが、まだ早いので上野に向かうことにしました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

如意輪観音

2010-02-15 01:52:45 | 活動
毎日少しずつ鉛筆で塗っていた如意輪観音…習作って感じでこの辺でお休みです。

これは三井寺の観音堂の御本尊。

出会ったのは、昨年のちょうど今頃、サントリー美術館の「国宝三井寺展」でした。

それがきっかけで、昨年夏には実際に三井寺を訪ねました。
拝観の時期ではなかったので、その時には如意輪観音には会えませんでしたが。

美術館の中で、四方から眺められるように展示された、この如意輪観音さまは本当に美しかったのです。

特徴でもある、この大きく繊細な宝冠から垂れる、瓔珞。
それが、ガラスケースの中で、揺れていました。
風などあるはずはないので、かすかな振動ででも揺れているのか、なんとも言えず
神秘的な衝撃を受け、しばらく見入ってしまいました。

この観音をみて、すぐに心に思い浮かんだのは、このうた。

くわんおんのしろきひたひにやうらくのかげうごかしてかぜわたるみゆ

会津八一さんの「鹿鳴集」です。

コレ、中学生か高校生の頃、国語の教科書に載っていた短歌なのですが、
あまりにも綺麗な歌で、忘れられず、それ以降ずっと頭の中にありました。

ちょっとした風でも、かすかに揺れるであろう繊細な瓔珞。
しつこいようですが、美術館の中なので、なぜ揺れていたのかよくわかりません。
ガラスケースに入っていたし。
サントリー美術館はビルなので、体に感じない揺れがあったのかもしれません。
(その日は寒い強風だったし…)
それにしても神秘的な空気を発しているなぁと思ったものです。

以前描いた中宮寺の半跏思惟像が如意輪観音と混同されていたことを書きましたが、
片手を頬にあてている姿が誤解のもとだったようです。
そして如意輪観音は片膝を立てて座っています。

三井寺のものは一面六臂。手には如意宝珠、法輪を持っています。
この、手が腕が、なんとも美しいです。そして胸から腰のライン。
平安時代10世紀のものですが、宝冠と瓔珞は後世のものらしいです。

秘仏なので、公開は33年に1度。(観音三十三応現身だからかな)
ですが、平成20年から今年まで、西国巡礼にゆかりの花山法王の一千年御忌にあたり、
各観音霊場で御開帳が行われています。
そんなわけで、私も昨年秋は、秘仏開帳で京都と奈良を回りましたが、三井寺には行けずじまい。(石山寺でタイムオーバー)
ただ、今年の春も3月17日から4月18日まで結縁開帳が行われるそうです。
これを逃すと、次は33年後ってことですかね。
う、でもこの期間、奈良に行く予定を入れてしまった…orz

美術館でみるのと、お堂でみるのって全然違うからなぁ…。
本当は、美術館でもひとつひとつに手を合わせたい感じなんだけど、
なんで展示会になると、そういうヒトいないんだろ。
本当は、御本尊とかなのに、場所が変わるとイロイロと違ってしまうものですね。





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

思惟

2010-02-06 01:34:43 | 活動
最近、物思いをする時間をもつようになりました。

20代の頃は、仕事も忙しかったし、考えている余裕がなかったけど
この頃は流されるだけじゃいけないなぁと…。

自分を振り返ったり、日本の歴史のことを考えてみたり、考えて決して楽しい気分になることはないんだけど、
本当に以前は「物を考えている時間がもったいない」的な発想でしたが、「ただ考えてみる」こともいいなぁ、と気持ちの変化が。

中宮寺の菩薩半跏思惟像、さらりと鉛筆ですが。

もっと重ねると、漆塗りの深い感じが出せるんだろうな。
実物は、昔は彩色でしたが、今は地色の漆塗りの状態です。

中宮寺の菩薩半跏思惟像というのは、以前は如意輪観音と言われていた時期もあるそうですが、
この菩薩半跏思惟像は飛鳥時代のもの、一方、如意輪観音が初めて登場する経典が日本に
伝わったのは8世紀らしいので、実際は、それ以前に信仰のあった弥勒菩薩の半跏思惟像と
いわれています。

そう、京都広隆寺の弥勒菩薩半跏思惟像と同じ。
思えば、あちらは聖徳太子から下賜されたもの、こちらは聖徳太子の母、
穴穂部間人皇女の御願によって創建された中宮寺のもの。
間違いなく、弥勒菩薩と思います。

この絵ではちょっとアレですが、その微笑は世界3大微笑のひとつ。
「弥勒」はサンスクリット語で「慈悲からうまれたもの」という意味だそうで、
半跏思惟像は、衆生の救済のために思惟をしている姿といいますが、
一説には、一緒に涙を流している姿とも。
たしかに、頬に当てた指は、こぼれた涙をそっと押さえているようにも見えます。
(広隆寺のもうひとつの弥勒菩薩は「泣き弥勒」といわれています)

中宮寺のものも、正面から見るとほんとうに優しい微笑で、穴穂部間人皇女を模した
ものともいわれますが、いろんな写真を見ていて思いました…、左側から見ると、
微笑んでいるのではなく、悲しそうに口元をゆがめたようにも見えます。
あくまで写真上では(^^;)
実物はまだ一度しか見ていないし、実際にいろんな角度から眺められたのか忘れちゃいましたけど、また会いに行きたいです。

ついつい、頬に当てた繊細な指と穏やかなお顔に目が行きがちですが、
足首におかれた左手も爪までとっても美しいです。

ほんとうに、見ているコッチも穏やかな気持ちになります(*^ω^*)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

弥勒菩薩

2010-01-26 19:12:25 | 活動
久しぶりに油絵を描いてみました。

油絵グッズは、高校時代に美術部だったので実家に置いてあったもの(^^;)
その後、一回一人暮らし時に持ってきて筆洗油とかキャンバスを世界堂で買ったけど、
たぶん邪魔になってまた実家に送り返していた…と思う。

さて、今回は京都広隆寺の弥勒菩薩半跏思惟像を描いてみました。

私の一番好きな仏像です。

全身像もたおやかで美しいのですが、今回はキャンバスもF3サイズで小さいので、
お顔だけ…。

実物の優しげな表情がうまく出せなかったので、まだ未完成ですね(--;)
油絵は、何度も重ねられるのでいいですね。乾いたら、修正だな…

広隆寺の弥勒菩薩半跏思惟像は、朝鮮から伝来したものを、秦河勝が聖徳太子から
下賜されたものだそうですが、材質は赤松の木像仏。
飛鳥時代のもの(大陸伝来のもの)は金属が多いのですが、木製ならではの
温かみがある気がします。
アップで見ると、木目もきれい。

日本では、大陸とは違って、木像仏が主流になっていきますが、
それは神仏習合のせいもあって、元来日本は「木」や「柱」に神様を宿らせていたからだそうです。
木像仏のほうに、魂がやどっているような感じがしてしまうのは、私も日本人の神道の文化に影響されているせいでしょうね。
でも、古典の中にも、「体温が感じられる」仏像みたいな話があったような気がしますが、
神仏習合の意識から来たものいじゃないのかなぁ。
単に生身の人間に近い仏様、っていうのもあるかもしれないですけど。

優しげな半跏思惟像、といえば、奈良の中宮寺のものがすごくよい表情です。
世界三大微笑になっていたと思います。
ただ、コレは弥勒菩薩とは断定されていなかったような??
如意輪観音といわれていましたよね(ウロ覚え)
でもたぶん時代的にも姿かたち的にも、制作意図的にも弥勒菩薩だと思います。
半跏思惟の姿が似ているので区別しにくいそうです。
今度はこちらも描いてみたいですね(^^)


コメント
この記事をはてなブックマークに追加