石屋のカミさん日記

石屋に嫁いで20年。4人の子育てをしながら、仕事に趣味に好奇心の赴くまま楽しいこと追求します!

大暑

2017-07-23 15:26:51 | Weblog

24節気 今日は大暑。

一年のうちでも 最も暑い時期。

地域の夏祭りだったので 神社を清めて宮司さんに

お祓いをしていただく神事に参加した。

連日猛暑だったけれど、今日はすこし曇ってて風もあり しのぎやすい。

綺麗になった緑豊かな神聖な場所は すがすがしい。

 

話変わって 村上世彰著 「生涯投資家」を読了。

村上ファンドが 一世を風靡したころから 約10年が経つ。

月日が経つのは 早いなあ

この人が主張する 「コーポレートガバナンス」が

日本経済界に浸透するには ずいぶん時間がかかりそう。

今、シンガポールに在住の村上氏は

ロマンスグレーでメガネで 以前の印象とだいぶ違う。

本を読んで ちょっとイメージが変わった部分もある。

 

 

舞鶴のお墓のことなら・・・・伝統と信頼の辻石材店へ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

舞鶴で歌舞伎

2017-07-22 16:49:12 | Weblog

母と一緒に 地元の文化会館へ 歌舞伎鑑賞に行った。

歌舞伎を観に行くのは 

いつも京都の南座か、大阪の松竹座なんだけど、

珍しく 地方巡業で 新・中村芝翫さん、ご子息の

新・橋之助さん、新・福乃助さん他、

歌舞伎役者の皆様が 舞鶴に公演に来てくださった。

文化会館は ぎっしりと満員御礼、

観客席には知った顔が たくさん 楽しかった。

何より、みんな、やはり歌舞伎が好きなんだと嬉しくなった。

演目は 舞踊の「猩々」

口上をはさんで

「熊谷陣屋」

すごく良かった

6月終わりから 7月末まで

地方都市の巡業が ほぼ毎日繰り返されるみたい。

この猛暑のなか、役者さんもスタッフさんも 大変だ。

どうか暑さに負けず、全国の歌舞伎ファンを楽しませてください

公演が終わってから 車ですぐに帰宅できるのも とっても楽ちん

 

 

舞鶴のお墓のことなら・・・・伝統と信頼の辻石材店へ

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

源氏香

2017-07-20 17:18:13 | Weblog

源氏物語を学ぶ会 今日で講座は最終となった。

源氏物語全巻のあらすじを 一通り読みくだすのを

これで 3回やってきたことになる。

お香の先生に出会わなければ たぶん一生、

源氏物語のあらすじを知らないままだったと思う。

毎回、皆様と楽しく源氏を勉強させていただいたこと、

ほんとに幸せだった

今日は 最後ということで

香あそび・「源氏香」をやった。

52通りの答えを 源氏物語の巻名と香図で 答えるという優雅な遊び。

でも、なかなか難しい。

本日も 正解は出ず、いろいろな巻名が 出た。

答えに出た巻名のあらすじについて 今度はお喋りをする。

昔は みんなが「源氏物語」のあらすじを知っていたことになる。

8月は 暑いので夏休みをいただき、

9月からは 心機一転 「伊勢物語」

皆さんと一緒に学びます。

頑張ろう

 

 

舞鶴のお墓のことなら・・・・伝統と信頼の辻石材店へ 

 

 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

懐石玉手箱

2017-07-17 16:37:44 | Weblog

夏の連休、いかがお過ごしでしたか?

「海の日」で 海の京都・舞鶴は 海水浴客で賑わっていたのか

いつもの日より 車が多かったよう。

私は 土・日・月・・と連休は ずっと会社。

仙台に行っているあいだに 積もった仕事がすっきり片付いた。

 

祇園祭だなあ  行きたいなあと思ってたけど

新聞の写真や テレビのニュースをみて

あまりの人の多さに ああ、やはり行かなくてよかった。

今年は 連休と祭りの日程がドンぴしゃだったから、

人の多さも 格別だったろうな。

かわりに 水曜日、「祇園楽楽」さんでの 懐石玉手箱。

 

中尾英力先生による、今回も素敵な懐石料理勉強会だった。

全部で6~7回の シリーズ講座。

このたび3回目の出席。

皆勤できるかな??

祇園祭りの屏風も 出していただいた。

 

 

 

 

 舞鶴のお墓のことなら・・・伝統と信頼の辻石材店へ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

蔵王

2017-07-15 16:30:23 | Weblog

東北2日目夜は 妹家族と、中華レストランで夕食を共にした。

話が弾み、紹興酒も美味しく、あっという間に時間が過ぎた

遠くに離れているので 妹と会うのも 4年ぶりだ。

彼女も 子供の成長に伴い、だんだん 舞鶴に帰ってこれなくなってきた。

東北3日目は 妹の車で蔵王に連れて行ってもらった。

「蔵王の御釜に連れて行ってあげる」と聞いても、

どんなものか想像つかなかったが 行ってみてビックリ

お天気がよく、 標高が高いので涼しく

もうまるでスイスに来たみたい

雄大な自然に 心がリラックスした。

こんなに綺麗に「御釜」が見えることは珍しいそうだ。良かった。

 

 

 

舞鶴のお墓のことなら・・・・伝統と信頼の辻石材店へ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

平泉

2017-07-15 16:18:54 | Weblog

東北2日目は 松島から電車を乗り継いで平泉へ。

毛越寺・中尊寺を巡った。

前から魅力を感じ 一度行ってみたいと思っていた中尊寺。

奥州藤原氏3代の 歴史と文化が素晴らしい。

金色堂は 息をのむ華麗さ。

イメージよりもこぢんまりとしていた。

父も母も元気で 一緒に来れてよかった。

私は結婚が早く、次々と子宝に恵まれたので

子供達との生活が長く、こんなふうに両親と遠くに旅行することが

今までなかった。

今回の東北旅行は 一生の思い出に残ると思う。

快く 行かせてくれた主人にも 感謝する。 

弁慶の墓の前で。

お昼ごはんに 盛岡冷麺をいただいた。

冷たくて 辛い。キムチが入っているから。

手前の白いものは なんとりんごのシロップ煮(?)

 

 

舞鶴のお墓のことなら・・・・伝統と信頼の辻石材店へ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

松島

2017-07-14 16:28:33 | Weblog

一日目は 松島の温泉に宿泊した。

松島の遊覧船に乗り 島巡りをした。

50歳前にして やっと日本三景すべてを観ることができた。

三つのうち 身内びいきではないが、

私は 天橋立が一番綺麗だと思う。

同じDNAの4人。。。似てるでしょうか??

長女も大人になったので 私達と同等に会話ができて楽しい。

 

 

舞鶴のお墓のことなら・・・・伝統と信頼の辻石材店へ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

仙台へ

2017-07-14 15:52:51 | Weblog

仙台に暮らしている妹をたずねて

実家の両親と 長女と連れて 東北のほうを旅してきた。

お盆前で忙しい時期なんだけど、

妹がいるうちに。。。。と思いながら ずっと行けないままだったので

えいやっと 企画した。

初めて訪れた宮城県、思いがけず暑かった~

3日間、快晴に恵まれた。

妹が 車でいろいろなところへ連れて行ってくれた。

両親と一緒に 妹のところまで旅行できるなんて

初めてのことで ほんとに嬉しい。

震災のあった 三陸海岸にも行った。

津波の被害が ところどころに傷跡を残していて 

写真展などを見ると 胸がつまってくる。

こんなに美しく穏やかな自然なのに 怖ろしいものに変貌する。

復興をめざす 「さんさん商店街」で 「きらきらうに丼」を食べた。

新鮮なうにが たっぷりで 美味しい

 

 

舞鶴のお墓のことなら・・・・伝統と信頼の辻石材店へ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

文月 お香の会

2017-07-06 17:45:14 | Weblog

7月のお香の会

朝から蒸し暑く、雨もぽつぽつ。。。

天気図では 舞鶴方面が直撃だった台風も

南のほうにそれて、それほどでなくて良かったが。

福岡県・大分県が 記録的な大雨で大変なことになった。

恵みの雨は 恋しいけれど、いったん降るとなると、

最近、ゲリラ豪雨がよくあり、自然って恐ろしいと思う。

毎日新聞の 読者川柳で

「 降ればよし 降らぬ日もよし 梅雨の雨 」

と掲載されていて 思わず、笑みがこぼれて頷いた。

 

梅雨明けが待ち遠しい 7月の組香は

「星合香」

七夕の 牽牛・織女にちなんだ 恋の組香。

そう、明日は七夕だ。

子供達が大きくなってからは 笹飾りや短冊が

遠いものになってしまった。

明日の夜空が 晴れますように。。。。

 

 

 

舞鶴のお墓のことなら・・・・伝統と信頼の辻石材店へ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

浦島

2017-07-04 16:25:38 | Weblog

日舞・同じ社中の仲間の方が

新舞踊の発表会を されて、

私も 賛助出演させていただいた。

とても盛大な会となった。

 

 

日舞 「浦島」 

玉手箱と釣竿をもった、すっきりした小曲だけど

踊りの技術や要素が ぎっしりと詰まった 踊り甲斐のある演目

舞台で踊りを踊って、皆様に観ていただくのは

とても緊張感のある、学びだ。

昨年からの 練習が ひと段落つき、

今度は 来年末の 大きな舞台に向けて新たにお稽古が始まる。

かつらや 本衣装をまとっての 舞台なので

また大変だけど・・・・。

目標にむかって頑張ろう。。。

 

 

 

舞鶴のお墓のことなら・・・・伝統と信頼の辻石材店へ

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加