石屋のカミさん日記

石屋に嫁いで20年。4人の子育てをしながら、仕事に趣味に好奇心の赴くまま楽しいこと追求します!

大学卒業式

2017-03-23 17:49:04 | Weblog

長男の同志社大学卒業式だった。

同じく同志社出身の父を連れて行った。

私・主人・実家の両親・ちょうど帰省していた次男も。。。

家族総出の 楽しい卒業式となった。

4年間、あーっという間。

この4年間、大学で学び サークルで野球をし、バイトで社会経験も積み

たくさんの友達・たくさんの先生・人生の師と出逢ったことだと思う。

親として とても嬉しい。

人生のなかでも 最良の4年間を つつがなく過ごせて良かった。

これからは 社会の荒波にもまれ、思いもかけない辛いこともあるかもしれない。

でも 大学生活を思い出して たくましく乗り越えていってほしいです。

子供たちがいろいろな学校に進むと

いろいろな入学式・卒業式に出席できて 楽しいな。

同志社の 伝統的なグリークラブ。美しい歌声が会場に響きわたった。

 

 

 

舞鶴のお墓のことなら・・・・伝統と信頼の辻石材店へ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

引っ越し

2017-03-19 16:21:46 | Weblog

彼岸の入りになり、春ももう間近、暖かくなるのが待ち遠しい

末っ子が 枚方市の大学に行くので

昨日、その引っ越しをした。

会社の2トントラックに 荷物をのせて

主人と娘と3人での引っ越し作業。

日ごろ あまり重たいものを持ったことがないので

あまりの重労働に くたくたになった。

6年前、長女が長野に引っ越ししたときも

たくさんの荷物を積んで 3人で頑張ったけど

こんなに疲れなかった。6歳若かったから 体も元気だったんだろう。

私が若かったころも 両親が一緒に引っ越しをしてくれた。

あのときは 父も母もとても若かったなあ~。

今回の引っ越しは 体力の衰えを非常に感じる引っ越しとなった。

腕が筋肉痛で がんがんに張っている。

ちょっと体を鍛えて 体力つけなくちゃ

 

この可愛いパッケージは なんとお菓子

山梨の 「信玄桃」という お菓子です。

桃に似た おまんじゅう。味も甘くておいしい

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

お香とお茶の会

2017-03-12 15:30:17 | Weblog

西行忌茶会のあとは 南禅寺へ。

松栄堂さんの毎年恒例の 「お香とお茶の会」に行った。

毎年、いろいろな名刹で この会をされる。

お寺に行くだけでも 楽しいので 人気の会、

全国から お客様がお見えになる。

お昼過ぎから行ったので 全部のお席には到底入れなかった。

表千家の薄茶席と 志野流お香席へ。

志野流香席は 南禅寺塔頭 「大寧軒」にて。

緑が大変美しい、素晴らしいところで感激した。

組香は 「小鳥香」。。。。可愛らしい名前なのに

とっても難しいゲームだった

当たらなかったけれど、

お点前さんと執筆される方の、優美な所作に魅了された。

志野流宗匠も 同じお席だった。

南禅寺、とても広い素晴らしいお寺なのに、

時間が少なくて 駆け足で帰ってしまい ちょっぴり残念。。。

またゆっくり訪れたい。

桃 李 咲 春 風

蒔絵がほどこされた 美しい香箪笥。

珍しい 鞠香炉。

 

 

舞鶴のお墓のことなら・・・・伝統と信頼の辻石材店へ

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

西行忌茶会

2017-03-12 15:22:18 | Weblog

今日は 暖かくてとても良いお天気、

気持ちのよい日曜日です。

太陽の力って 偉大だな~

昨日は ハードな一日だった。

朝 東山 西行庵にて 「西行忌茶会」に参加

点心と濃茶・薄茶をいただいた。

少ない人数で 良いお道具を手に取って見せていただけるのは

ほんとうに 勉強になる。

五感をフル稼働させて 亭主様のおっしゃる言葉や

茶室のしつらえ、お道具の手触りを

頭に深く刻もうと 毎回 「挑む」気持ちで 参加させていただく。

私にとって貴重な時間。

 

 

 

舞鶴のお墓のことなら・・・・伝統と信頼の辻石材店へ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

楽園

2017-03-09 15:50:32 | Weblog

母が貸してくれた 宮部みゆき 「楽園」 上下巻

や~っと読み終えた。

最近、読書に集中する時間が少なくて。。。

カナの受験付き添いから かれこれ 約1か月ほど

この本を読んでいた。

読みやすくて面白いけど ちょっと恐かった。

さあ、次は 村上春樹待望の新刊

 騎士団長殺し  こちらも上下巻

 

 

舞鶴のお墓のことなら・・・・伝統と信頼の辻石材店へ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

湯木美術館 懐石の会

2017-03-09 15:42:58 | Weblog

湯木美術館の会員親睦会 「懐石の会」

一年に一度、各地の「吉兆」で お食事会が催される。

今年は 大阪リーガロイヤルホテル内の 「神戸吉兆」でした。

吉兆さんは ご兄弟が皆さん 仲良く

 それぞれのお店を頑張ってやっていらっしゃる。

茶道にも とても深い繋がりがあり 初代湯木さんが収集された

お茶道具・美術品の名品を 美術館で観ることができる。

 

主人と二人で参加した。

 

 

 

 

お料理もさることながら 器が素晴らしい。

デザートをいただいたあと 立礼でお点前をされ、

美味しいお菓子とお抹茶をいただいた。

お茶碗も 見事。。。みんな それぞれのお茶碗でおもてなししていただいた。

 

 

 

 

舞鶴のお墓のことなら・・・・伝統と信頼の辻石材店へ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

サクラサクで おめでとう!

2017-03-05 16:00:10 | Weblog

すっぽん鍋パーティーのあと 2月後半戦は 超超忙しくて

いろんなできごとが起こり

あっという間に 弥生 啓蟄。。。。

雪だるまの テンプレートも 明るい春先らしいものに変更した。

末っ子の 大学合格と 高校卒業式。

 

 

奥に見えている 黒い校歌碑は 西舞鶴高校100周年記念に

当社で 建てさせていただいたもの。

4人の子供たちが 同じ高校を卒業したので

感慨も深い。

18歳までのあいだって 走馬灯のようだ。

笑顔や涙のあいだに 子育て期間が過ぎ去っていった。

一番わがままで 手こずった末っ子が家を出ていくなんて

心配で さみしくて 何ともいえない気持ち。

さみしくなるなあと思っていた矢先、

就職の決まった長男が 夏までのあいだ、地元舞鶴での研修ということで

カナと入れ違いに帰ってくることに。

4年ぶりに 一緒の生活、またすこし身辺 賑やかになる。

 

 

 

舞鶴のお墓のことなら・・・伝統と信頼の辻石材店へ

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

すっぽんでポカポカ

2017-02-14 10:22:32 | Weblog

仲良しグループで 綾部にすっぽん料理を食べに行った。

すっぽんの肝と卵、生き血ジュースから始まり、

鍋・天ぷら・焼き物・とすっぽん尽くし。

食べるのに夢中で、最初の写真しか撮れていないですが。

うどんすきと雑炊のあとは デザートにすっぽんゼリー

お酒と一緒に みんなとワイワイ賑やかに食べていたら

体がポカポカ・・・唇もぷるぷるになって、

コラーゲンがたっぷり入っているのを実感する。

栄養補給をして ぐっすり睡眠。

今日もまた ひどく降ってきた、雪や風邪に負けないよう

がんばろう

 

 

 

舞鶴のお墓のことなら・・・・伝統と信頼の辻石材店へ

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大雪

2017-02-12 14:54:42 | Weblog

恐いくらい ずっと雪が降っている。

雪かきも ほとほと嫌になった。

雪降りの日は のんびり家にいるのがいいのだけど、

今日は朝から 公会堂の掃除当番で

近所の奥様方と一緒に 汗だくで雪かき

それが終わったら 午前中は 茶道・花月の稽古だった。

 

社会人の長女は 11日から 8日間のまとまったお休みで、

主人と親戚と北海道スキーに行くんだったのに

10日の夜中から 39度の発熱。。。。

かわいそうに 楽しみにしていたスキーはキャンセル。

大雪のため 行ってやることもできず心配していたら、

社員寮の寮長さんが 病院へ連れていってくださり、

お粥まで作ってくださったらしい。

優しい方がそばにいてくださって 有難くて涙が出そう。

感謝します。

明日、様子を見に行ってこようと思う。

雪が 落ち着いてほしい。。

 

 

 

舞鶴のお墓のことなら・・・・伝統と信頼の辻石材店へ 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

京都文化博物館

2017-02-10 18:43:22 | Weblog

京都文化博物館には 「日本の表装  掛軸の歴史と装い」展を観に行った。

この博物館は とても楽しいところ。

建物のなかに 「楽紙館」という和紙のお店がある。

ここに来ると 素敵な和紙や紙があふれ、

源氏物語54帖の 紙人形なども並べてあり

心が弾んでくる。

黒谷と越前の和紙のはがきを買った。

お手紙を出したくなる。

いろんな食べ物屋さんもあって 面白い。

 

さて、受験は一段落し、あとは結果を待つばかり。

受験は 学力はもちろん、体力勝負と あとはほとんど「運」

どんぐりの背くらべのような 子供達が ほんとの僅差で

受かったり落ちたり・・・。

でも、たかだか18歳の 運命はいくらでも変えることができる。

自分が持っている「運」で入ったところが

自分にとって 一番よい場所になるんだと思う。

「置かれた場所で 咲きなさい」

どんな場所であっても そこで一生懸命頑張るのみ。

来週、ぞくぞく結果が出てくる

コメント
この記事をはてなブックマークに追加