石屋のカミさん日記

石屋に嫁いで20年。4人の子育てをしながら、仕事に趣味に好奇心の赴くまま楽しいこと追求します!

すっぽんでポカポカ

2017-02-14 10:22:32 | Weblog

仲良しグループで 綾部にすっぽん料理を食べに行った。

すっぽんの肝と卵、生き血ジュースから始まり、

鍋・天ぷら・焼き物・とすっぽん尽くし。

食べるのに夢中で、最初の写真しか撮れていないですが。

うどんすきと雑炊のあとは デザートにすっぽんゼリー

お酒と一緒に みんなとワイワイ賑やかに食べていたら

体がポカポカ・・・唇もぷるぷるになって、

コラーゲンがたっぷり入っているのを実感する。

栄養補給をして ぐっすり睡眠。

今日もまた ひどく降ってきた、雪や風邪に負けないよう

がんばろう

 

 

 

舞鶴のお墓のことなら・・・・伝統と信頼の辻石材店へ

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大雪

2017-02-12 14:54:42 | Weblog

恐いくらい ずっと雪が降っている。

雪かきも ほとほと嫌になった。

雪降りの日は のんびり家にいるのがいいのだけど、

今日は朝から 公会堂の掃除当番で

近所の奥様方と一緒に 汗だくで雪かき

それが終わったら 午前中は 茶道・花月の稽古だった。

 

社会人の長女は 11日から 8日間のまとまったお休みで、

主人と親戚と北海道スキーに行くんだったのに

10日の夜中から 39度の発熱。。。。

かわいそうに 楽しみにしていたスキーはキャンセル。

大雪のため 行ってやることもできず心配していたら、

社員寮の寮長さんが 病院へ連れていってくださり、

お粥まで作ってくださったらしい。

優しい方がそばにいてくださって 有難くて涙が出そう。

感謝します。

明日、様子を見に行ってこようと思う。

雪が 落ち着いてほしい。。

 

 

 

舞鶴のお墓のことなら・・・・伝統と信頼の辻石材店へ 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

京都文化博物館

2017-02-10 18:43:22 | Weblog

京都文化博物館には 「日本の表装  掛軸の歴史と装い」展を観に行った。

この博物館は とても楽しいところ。

建物のなかに 「楽紙館」という和紙のお店がある。

ここに来ると 素敵な和紙や紙があふれ、

源氏物語54帖の 紙人形なども並べてあり

心が弾んでくる。

黒谷と越前の和紙のはがきを買った。

お手紙を出したくなる。

いろんな食べ物屋さんもあって 面白い。

 

さて、受験は一段落し、あとは結果を待つばかり。

受験は 学力はもちろん、体力勝負と あとはほとんど「運」

どんぐりの背くらべのような 子供達が ほんとの僅差で

受かったり落ちたり・・・。

でも、たかだか18歳の 運命はいくらでも変えることができる。

自分が持っている「運」で入ったところが

自分にとって 一番よい場所になるんだと思う。

「置かれた場所で 咲きなさい」

どんな場所であっても そこで一生懸命頑張るのみ。

来週、ぞくぞく結果が出てくる

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

茶碗の中の宇宙

2017-02-10 18:26:02 | Weblog

大変話題になっていながら 遅ればせに観に行った楽茶碗の展覧会、

「茶碗の中の宇宙  楽家 一子相伝の芸術」展へ。

京都国立近代美術館にて。

 

 

千利休の理想の茶碗をつくりあげた、 初代 長次郎から

現代の15代吉左衛門、その息子さん(次期16代)までの

たくさんの楽茶碗を 堪能するほど見せていただいた。

それぞれの代を継いだ方々が 工夫と研鑽を積み重ねて

自分の「楽」をつくりあげているのが素晴らしい

450年ものあいだ、ひとりずつに托されていった伝統芸術、

どれも素晴らしいものばかり。

一子相伝とは 技芸や学問などの秘伝を、

代を継ぐ一人の子に伝えていくものを言う。

16代までのいろいろな社会背景・状況も キャプションで説明してあった。

長い歴史のなか、災害や戦争や貧困、また子供ができなかったり

いろいろな困難ななか 志をもって 家の技を伝えていく素晴らしさに

感動した。

 

歌舞伎もそう。茶道もそう。

生半可な気持ちで 継ぐのではない。

親子で葛藤もあるだろうし

プレッシャーも想像を絶するものだろうと、いろんなことを思った。

当代 楽吉左衛門さんは

「私の生きているうちに これほどの展覧会は二度とできない」と

おっっしゃったそうだ。

良い展覧会を見せていただいた。

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

受験シーズン真っ只中 1

2017-02-10 18:16:29 | Weblog

今年は ほんとに雪がよく降る。。。

明日、また日本海側 大雪だとか。ああ嫌だなあ。

 

カナの受験、4日連続の私大入試

京都市内に連泊しての 受験なので

私も京都~舞鶴を行ったり来たりの毎日だった。

受験の合間をみながら 行きたい美術展をウロウロした。

まずは 細見美術館 「鈴木基一展」

こちらの美術展を観たあと、

みやこメッセにて 細見美術館の上席学芸員 岡野智子さんのレクチャーを拝聴した。

とてもわかりやすくて 歯切れのよい講演で、

2時間近くが あっという間に過ぎた。

何気なく 自分ひとりで美術鑑賞するよりも、

やはり このようにレクチャーを受けながら 美術を観るのは違う。

根津美術館でも春に 琳派展があるそうなので

観に行きたい~

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

能と狂言

2017-02-04 11:12:04 | Weblog

京都造形芸術大学の舞台・春秋座にて

「能と狂言」を鑑賞した。

年に一度 この時期に能と狂言の公演がある。

今回、狂言は 「節分」

能は 「鵺」(ぬえ)

平家物語で出てくる 源頼政の武勲 鵺退治をテーマにした能。

わかりやすい公演で 楽しかった。

大鼓・小鼓・笛・・・・何ともいえない 和独特の音色、

何故か いつもドキドキと官能的な気分になる。

能・狂言・歌舞伎  お茶やお香  和歌。

文化は すべてがどこか繋がっているので

深く知れば知るほど パズルのように全体像が浮かび上がってくる。 

京都駅の小山園のアンテナショップにて。老松さんのお菓子

 

 

 

舞鶴のお墓のことなら・・・・伝統と信頼の辻石材店へ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

立春

2017-02-04 11:01:11 | Weblog

今日は立春 

とっても寒い毎日だけれど、これからは

少しずつ、春を見つけることができる。

昨日は 節分、不要になった古いお札さんをお寺に

持って行き、新しいお札さんをもらってきた。

熱い甘酒をいただいて いろいろなお話をしていると

心も体もポカポカ

娘の受験で 豆まきもせず

買ってきた巻き寿司を夕食にいただいた。

家族3人で 食卓を囲むのも もうあと少し。

ニュースを見ながら あーだこーだと喋りながら夕食を共にする・・・

一番幸せなひとときだなと思う。

 

2月のお香の会

厳しい寒さにも負けず、たくさんの皆様にご参加いただいた。

京丹後・網野から 新しい方が来てくださった。

お香の会から いろいろな御縁が広がるのが嬉しい

 

 

舞鶴のお墓のことなら・・・・伝統と信頼の辻石材店へ

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

新年会続き

2017-01-26 17:23:41 | Weblog

昨夜は 舞鶴商工会議所青年部のOB会 「躍翔会」の新年会に出席した。

久しぶりのYEG関係、気をひきしめて着物で参加

「躍翔会」では 一番年下なので、青年部とは雰囲気が違って面白い。

懐かしい諸先輩方に久しぶりに お出会いでき

楽しい時間を過ごした。

乾杯の挨拶で印象に残った言葉

「今年は酉どしなので 商売人である我々は

 利益を トリに行きましょう  お客様を トリこみましょう」

さすが 商工会議所関係の新年会だわ

なんだか すごーく元気をいただいたのです。。。

一年 仕事を頑張って 飛躍したい。

 

今日は 更生保護女性会の新年会

こちらは 役員をしているので、いろいろ準備があった。

昨日は 商売をしている男性ばかり。

今日は いろいろな地域の年配女性ばかり。

それぞれに 皆様経験を積まれた個性的な方が多くて

おしゃべりをしていて楽しい。

 

 

 

舞鶴のお墓のことなら・・・・伝統と信頼の辻石材店へ

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

若柳流 新年会

2017-01-23 16:48:07 | Weblog

雪・雪・雪~

今朝起きて外を見ると びっくりした。一面雪景色

昨日でなくて ほんとに良かった

昨日は 日舞若柳流 若柳幸志郎先生門下の新年会が

ホテルニューオータニ大阪であった。

社中の方が 昨年 名取になられて

新年会で 舞われた。

たくさんの方が ステージで日舞を披露され、

とても勉強になった。

踊ってみたい演目も いくつかあった。

 

 

 

お食事も美味しくて 楽しいゲームなどもあって

和やかな一日だった。

門下の師範の先生方が ずらりとステージに。圧巻

会の最後は 大阪音頭と炭鉱節をみんなで輪になって踊ります。

日舞の新年会ならでは・・・の楽しさ。

今年も ぼちぼち日舞頑張りたいです

 

 

 

舞鶴のお墓のことなら・・・・伝統と信頼の辻石材店へ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ブックリスト

2017-01-20 09:04:52 | Weblog

今日は大寒。

一年でも最も寒く冷たい時期です。

ほんとに寒い~

早く暖かくならないかな。

カナが 高校から「BOOK LIST」という シンプルな小冊子を持って帰ってきた。

西舞鶴高校の 各教科の先生が、

おすすめの本を紹介されている。

本に対する想いや エピソードが綴ってあって

大変おもしろい。

さすが、バラエティに富んでいて、読んでみたい本がいくつもあった。

数学の先生   「パラドクスの教室」

理科の先生   「世界でもっとも美しい10の科学実験」

美術の先生   「美しいってなんだろう?」

国語の先生   「赤毛のアン」などなど。。。

映画が一躍有名になった 「君の名は」は

お二人の先生が挙げておられた。

著者と映画監督が一緒だそうだ。

 

私が読んでみたいなと思った本は・・・

理科の先生おすすめの

「いのちをつくってもいいですか?

  -生命科学のジレンマを考える哲学講義」

 

英語の先生おすすめのミステリー

「闇に香る嘘」

カナは ヴィクトール・フランクルの「夜と霧」を

読んでみたいそうだ。

受験が終わったら 読書をするから

このブックリストを捨てずに置いておいてね、と言ったので

ものすごく嬉しかった。

若いころの読書・・・どんなに素晴らしいか計り知れない。

スマホばかり いじっている若い人たちをみると

心配になってくる。

「ブックリスト」 

みんながよく知っている学校の先生が

奨めてくれる 面白い本。 興味を持つ生徒がたくさんいると思う。

とてもシンプルだけど 温かい愛情に満ちた小冊子だった。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加