石屋のカミさん日記

石屋に嫁いで20年。4人の子育てをしながら、仕事に趣味に好奇心の赴くまま楽しいこと追求します!

大雪

2017-01-15 16:04:27 | Weblog

センター試験の週末、全国的な大雪に

舞鶴も大雪だったが、東北地方の受験生達、

ほんとうに大変でした。

 

うちの末っ子カナも いよいよ受験シーズン到来で

一生懸命 勉強を頑張っている。

あとは体調万全で すべての力を発揮してほしい。

同じピアノ教室に通っている 小さなお友達から応援エールが

お父さんが 薪ストーブの木で、絵馬をつくってくださった。

穴をあけて毛糸を通し 可愛い文字で

「ごうかく がんばれ」

ありがとう~

温かい応援に胸があつくなった。

 

我が家の神棚に お供えした。

あと ひと月ほどの頑張り持ち前の根性でがんばれ~

 

 

 

舞鶴のお墓のことなら・・・・伝統と信頼の辻石材店へ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ちおん舎 新年会

2017-01-13 14:37:17 | Weblog

京都ちおん舎にて お香の初会

ここのお香教室は 甲南女子大学の同窓生が中心に

お稽古されていて、

楽しい企画があるときに時々 参加させていただいている。

根引きの松。。。。初めて拝見した。

京都らしいお正月を味わうことができた。

スケジュールは 一炷聞 (いっちゅうきき)・点心・組香・お菓子

一炷聞 とは 由緒ある銘香を 心静かに集中して聞く、

いわば お茶でいうところの 「濃茶」。

先生の美しいお点前に うっとりしながら聞くお香、

至福のひとときだった。

銘は 「刀守り」 ご結婚されるときに いただかれたそうだ。

組香は 新年らしい 「初音香」

 

点心も 綺麗で美味しく (写真撮るのを忘れていた!)

さすがの京料理。。。

ちおん舎の西村様が、先日、お鏡餅を割ったもので

とても美味しいおぜんざいを作ってくださって感激~

器も小ぶりな可愛い器で 楽しい。

お菓子は 老松製 花びら餅

お茶碗は 西村様が 3年がかりで絵付けをされた、

源氏物語54帖の お茶碗

それぞれ源氏香と帖名、場面の絵が描かれている。

大変 美しいものばかりで驚いた。

私のお茶碗は 「少女」。

隣の方や お向かいの方と お茶碗を交換したり

源氏にまつわる話に花が咲いたり 素敵なお茶タイムだった

ちおん舎で学んでいらっしゃる方は 

私より年上の方ばかりだけど

皆さん、華やかで美しいひとばかり。

目標にしたい人が たくさんいて、刺激的だ。

 

 

舞鶴のお墓のことなら・・・・伝統と信頼の辻石材店へ

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

社中初釜

2017-01-11 15:14:12 | Weblog

9日・10日と 茶道の先生宅にて 社中の初釜があり、

本格的な正午の茶事を していただいた。

 

9日は 正客のお勉強をさせていただきました。

お茶事の正客は、ほとんど初めてのこと。

タイミングや間の取り方、ご亭主との呼吸、気配り、知識・・・と

いろいろなことが必要なのだが、

こればかりは 場数を踏んで 研鑽に励まないと

付け焼刃で身につくものではない。

席を同じくする方々を 気持ちよくまとめるという難しさ・・・

改めて 先は長いなあと感じた。

また、年齢を重ねないと 身につかないものでもある。

 

10日は 水屋のほうを裏方として 先生のお手伝い

社中の皆様の前で 初炭点前もあり、大変緊張した。

準備から お運び・片付けまで

裏方は、まるで戦場のよう。

時計をにらめっこして 時間との闘いで 

あっという間に 夕方になった。

あたたかいものを温かいうちに出す・・・

どんなに裏で 苦心されているか、とても勉強になった。

日ごろは お茶事に参加するのみだけど、

 お客様をお茶事に招くということが 最終目標だと思った。

社中は 皆様、良い方ばかりで

和やかで ほんとに楽しい。

また一年、精進したい頑張ろう

 

 

 

舞鶴のお墓のことなら・・・伝統と信頼の辻石材店へ

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

三田寛子

2017-01-08 11:19:11 | Weblog

新年明けて もう1週間過ぎた。

七草かゆ。主人と長女と次女とで食べた。

長男・次男にも食べさせてやりたい。

新聞のコラムに書いてあったけど。。

コンビニでも おにぎり類が置いてあるところに

すぐに食べられる七草かゆがあるそうだ。

よく売れるそうだ。

世の中、どんどん 怖いほど便利になっていくけど、

7日は 七草かゆを食べようと 便利な枠組みのなかで

人間は伝統文化を選択している。

 

さて、大阪松竹座への往復バスのなかで1冊 本を読んだ。

三田寛子 「銀婚式」

この方、私より2歳年上で 結婚の時期がほぼ一緒。

アイドルのときは すこし地味で おとなしい感じの方だったが、

ご主人と、3人の息子さんが襲名され、

その大成功ぶり、オーラできらきら輝いている まさしく旬のひと。

自身の半生が綴られていて

何度も涙があふれそうになった。

今の時代、こんなことを言ってたら笑われるかもしれないが、

女性は 結婚相手でずいぶん人生が変わるし、

嫁いだ先での頑張りで 人生が激変すると思う。

御縁があって 嫁いだ「家」、

その家で 自分の力や魅力を最大限に発揮する努力が必要。

歌舞伎の名門に嫁がれる娘さんに、

ご実家のお父様が おっしゃったこと。

嫁ぎ先が どこであろうと、

実家を出て その家に入ることは 誰でも一緒、

違う環境で頑張ることは 誰もが一緒だと。

感動しました。

でも、こんな時代じゃないのかしら。。。

盆正月でも それぞれの実家に分かれて帰省するというパターンもあるみたいだし。

でも、三田寛子さんの輝く美しさと品は、

頑張ってこられた自信が築いているものだと

私は思う。

 

 

 

舞鶴のお墓のことなら・・・・伝統と信頼の辻石材店へ

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

新春大歌舞伎

2017-01-08 11:04:34 | Weblog

長女と一緒に 大阪松竹座へ新春大歌舞伎を観に行った。

お正月らしく、賑やか・華やかで

ウキウキする。ただでさえ おめでたいのに、

成駒屋の 橋之助さんが 8代目芝翫を襲名、

3人のご子息が それぞれ襲名、4人同時襲名されるという

大変おめでたいこと。

 

 

 演目は

   鶴亀

   口上

   勧進帳

   雁のたより

三田寛子の 強運と、努力とを思い、どんなに幸せで嬉しいだろうかと。

素晴らしいな

おめでたいので、

幕間のお弁当も 奮発して ボリューム満点のトンカツ弁当を(笑)

襲名公演は 昨年、東京歌舞伎座を皮切りに

今年の京都南座顔見世まで 1年間続く。

是非ぜひ 年末の顔見世に行きたい

 

 

 

舞鶴のお墓のことなら・・・・伝統と信頼の辻石材店へ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大川神社

2017-01-04 15:42:09 | Weblog

2日 母と、長女アキと一緒に

大川神社に初詣へ行った。

静かで厳かで 心がシャンとなる。

 

 

 

 

アキが撮ってくれた写真。

 

今年の抱負。。。。

 

今年は 春に末っ子カナが 家を出て

とうとう夫婦二人だけの生活が始まる。

子育ての期間って 長いようで短いな~

中年2人に見合った シンプルな生活をめざしたい。

いらないものを処分して ごく簡単にスッキリ過ごす。

子育てに費やす時間がなくなったので

二人で力を合わせて 仕事を頑張ろうと思う。

皆様のお役に立ち 社会に貢献できるように。

そして 第一に健康には じゅうぶん気を付ける

趣味の世界で 心豊かに。

 

 

 

舞鶴のお墓のことなら・・・・伝統と信頼の辻石材店へ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

あけましておめでとうございます

2017-01-04 15:33:04 | Weblog

平成29年 2017年 

新年あけましておめでとうございます。

今年もどうぞ よろしくお願いいたします。

ごくごく平凡で、ささやかな幸せの 年末年始をおくりました。

大晦日 年越しそばを食べて

家族で紅白をみて

地域の神社に 行き

 (今年は役員をしているのでいろいろ準備があった)

新年が明けたとき 区長さんの合図で

皆様とお神酒を献杯した

長女アキと 次女カナも お手伝いに行ってくれて

心あたたまる大晦日だった。

 

お正月は 朝・昼・晩と

台所のお仕事ばかりの一日。作っては食べて片付けて・・・の繰り返し。

ほんと、主婦は休む間がない。楽しいけど・。。。

そんなこんなで あっという間に正月三が日が過ぎて

長女は 仕事にむけて昨日帰って行った。

今日 男の子組が帰っていくので

またさみしくなる。

 

 

 

舞鶴のお墓のことなら・・・・伝統と信頼の辻石材店へ

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

仕事納め

2016-12-30 10:29:16 | Weblog

今年も 今日と明日の2日となった。

昨日 仕事納めで 夜、会社のみんなと忘年会。

「紫」さんにて 美味しいごちそうを食べて楽しいひとときを過ごした。

今年は ほんとうにいろいろあって

大変な一年だったけど

何とかボーナスも出せて 事故や怪我もなく

一年をしめくくることができた。

毎年、この忘年会が終わると

心の底から ほーっとする。

一年で一番 心がリラックスする日かもしれない。

来年も どうか 無事に仕事をがんばれますように。。。

 

お世話になっている ご住職から 恒例の干支色紙を頂戴した。

 

ひのと酉歳。

飛躍の年になるかしら??  平和で穏やかな年になりますように。

新年を迎える 一番の楽しみは

やはり、家族が一堂に揃うこと。

巣立った子供達が 我が家に戻ってくるのが

こんなに楽しみなこととは

 

 

舞鶴のお墓のことなら・・・・伝統と信頼の辻石材店へ

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

籠神社

2016-12-26 16:50:30 | Weblog

北野天満宮にお参りにいって 数日後、クリスマスイブの日は

実家の両親を誘って 宮津・籠神社へお参りに。

こちらでは 商売繁盛をお祈りしてきた。

ちょうど 神社も 正月したくができていて清々しい。

 

イブの日は 主人が仕事でいなくて

カナと二人きりの 静かなクリスマス。

あんなに賑やかだったころが 夢みたい

クリスマスケーキも大き過ぎた

 

 

 

舞鶴のお墓のことなら・・・・伝統と信頼の辻石材店へ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

北野天満宮

2016-12-26 16:37:37 | Weblog

末っ子 カナは 受験生。

2月に大学受験を控えて ぴりぴりしている。

親の私は 毎食のごはん作りと

風邪をひかないように 環境つくりをして

あとは 穏やかに生活できるよう明るく過ごすことでしか

応援できない。

冬休みに入ってすぐ、学問の神様 北野天満宮に二人でお参りにいった。

この時期、参拝者が多いだろうと思って

早朝に家を出て 到着したのが9時過ぎ。

さすがに 人が少なく 清々しい空気に満ち溢れている。

絵馬に願いごとを書いて 境内に結んできた。

一生懸命 勉強をして 受かったところが

神様が与えてくださった運命。

人事を尽くして天命をまつ

頑張ってほしい

自宅にも 絵馬を買って帰ってきた。

  丁酉 家族みんなが健康で

     幸せに暮らせますように

 

 

舞鶴のお墓のことなら・・・・伝統と信頼の辻石材店へ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加