作家 井上香織 Official Blog

せつない純愛小説、やさしい目線で描かれたエッセイで人気の作家 井上香織が贈る癒しの空間 

親を看取るということ・・・

2015-08-31 | ★Diary★

先日「長くなりそう」と書きましたが。


相変わらずおバカな井上は。

その後に綴った長い追悼文章を削除してしまったみたい 

 

書きなおすには。

それなりの時間が必要 

 

また時を同じくして。

高校の先輩・K氏の母上もご逝去なさったとの知らせが。。。


とりいそぎ。。

Yちゃんのお母さんと、K氏の母上のご冥福をお祈り申し上げます。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

父を看取ったとき・・・幼馴染のお母様の死去・・・①

2015-08-30 | ★Diary★

幼馴染、Yちゃんのお母様が脳溢血で亡くなったとのこと


Yちゃんの家は、実家の向かい側にあり。

ちいさい頃から、お互いの家を行き来したりしていました。

中学までは、登下校もいつも一緒。

別々の高校に進んだあとも、家の前の駐車場や、公園で

暗くなるまで話し込んだこともありました。


最近は年賀状のやりとりくらいで、疎遠になっていましたが。


家族葬なので、翌日、10時に出棺と聞き、

急きょ、予定を変更し、実家へ帰ることに。


ご迷惑にならない時間を考え、9時15分に実家を出てYちゃん宅へ向かいました。

向かうといっても徒歩、約30秒の距離なのですが。。。


最近、主流になりつつある家族葬・・・とは、

こんなにわびしいものなのね・・・


家にはYちゃんしかおらず 

通されたリビングに敷かれた布団の上には、おばさんが横たわっておりました。

 
お線香をあげさせていただいた後。

「おかあさん、Hちゃんが来てくれたよ」

・・・Hというのは、井上の本名です・・・

Yちゃんは、おばさんの顔にかけてあった白い布をはずし拝顔させてくれました。


Yちゃんのお母様は、もともと美しい顔だちの方でしたが、

きちんと化粧を施された彼女は、眠っているようでした・・・。



Yちゃんが経緯を語ってくれました。

「前の日まで車で買い物に行ったり、ごく普通の生活を送っていたのね。

頭痛がするって言ってたけど、まさかこんなことになるなんて」

 

ぽろぽろ涙をこぼすYちゃん。。。


・・・ごめんなさい。

長くなりそうなので。

このお話の続きは、また後日とさせていただきますね。。。

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

『ぱらちゃん』来訪

2015-08-27 | ★Diary★

写真は。。。

『ぱらちゃん』ではなく。

愛犬、キララくんです 


それはともかく。

最近、PCが重たくなってきたので、

余計なものを処分しようと決意 


『すべてのプログラム』一覧を見ていたら。

ぱらちゃん という項目を発見 

 

このPCを購入したときから入っていたものですが。

不要なので、 削除しようとクリックしたところ・・・

ソフトクリームを持ったクジラみたいなコが出現 

画面上を浮遊しはじめ・・・

愛らしく、くるりと宙返りをして、

『あんみつ好き?』

なんて訊いてきたりします・・・

このコがぱらちゃんかと思われますが。

どうやったら消えてくれるの 

試しに、動き回るぱらちゃんを追いかけ、クリック 

すると・・・

ぱらちゃんは「きゅん」と、嬉しげな鳴き声をあげ、

細胞分裂して、2匹になっちゃいました。。。


彼に消えていただくために、

それから約30分を費やすはめに 


 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Windos 10のお誘いにまつわる悩み・・

2015-08-25 | ★Diary★

ここのところ。

PCを立ち上げると。

いつも、右下に。

『Windos 10』へのお誘いが現れます。。。

 

・・・現在。私が使用しているPCは。

Windos 7


PCのお引越しは。何度か経験しておりますが。

それなりに。大変でした



無料でバージョンアップしてくださるなら。

それはうれしいこと。

でも。。。

スムーズに移行できるとは思えません 



と。ゆうことで。

現在、悩んでいるところです。。。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今夜も大河ドラマ・・・

2015-08-23 | ★Diary★

今宵も、大河ドラマ『花燃ゆ』私設解説員の井上です 


今回のメインは「薩長同盟」

 みなさんもご存知の通り。

薩長同盟とは・・・坂本龍馬と中岡慎太郎を仲介とし、

犬猿の仲だった薩摩藩と長州藩が密かに結んだ同盟。



母は・・・坂本龍馬というと、

『龍馬伝』の福山雅治さんを連想していたみたいで・・・

「なんかイメージと違う」と不服そう 

 
・・・私の記憶が正しければ。

薩長同盟の頃、龍馬は30歳前後だったはず。。。


ということで。

龍馬関連の出来事を

時系列で書き起こしてみました 

 

1866年1月21日  薩長同盟

1867年        船中八策 (新政府綱領八策)起章

1867年10月3日  大政奉還

1867年12月10日 近江屋事件にて暗殺


・・・享年33歳 (満31歳)・・・


今回の薩長同盟以降、時代は討幕へと大きく動くことになります。

 

一方、高杉晋作は・・・

大政奉還を待たずに胸の病で亡くなっていますから、

「そろそろ高杉さんが血を吐くシーンがあるかも」

あらかじめ予言していた井上。

ラストシーンで、まさに吐血するシーンが出てきたので、

「すごぉい ホントに血を吐いちゃったね」

母は驚いておりました(笑)

・・・べつに私がすごいのではなく、逆算してみただけなのですが・・・

 

追伸

今日は、亡くなった父の誕生日。

甘いものが好きだった父のために、プチケーキをお供えしました・・


 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加