作家 井上香織 Official Blog

せつない純愛小説、やさしい目線で描かれたエッセイで人気の作家 井上香織が贈る癒しの空間 

ベランダ便り~プリンセス・ピーチの剪定

2014-07-31 | インポート

【プリンセス・ピーチ】とは。

ランドスケープ ローズ・・・修景バラと呼ばれる蔓性のバラ。

井上のベランダに来て、2年目に入りました。

P1030701

6月初旬。花が終わったあと。

新しい黄緑色の枝が伸びはじめ。

同時に、5月に散布した薬剤で

一時期おさまっていた【うどんこ病】が再発してしまいました。


あらためて調べてみたところ。

花後に伸びた【シュート】と呼ばれる新しい枝には、

花芽がつかないので、切り落としてしまった方がいいとのこと。

この際、【うどんこ病】根絶も兼ね、ばっさり切り戻してしまおうと決意。

「今年の春は頑張って咲いてくれたのに。

これで枯れちゃったらどうしよう。。。」

逡巡はありましたが。

思いきって根元から、4、5センチのところで剪定いたしました。

ついでに植え替えも行いました。(実行したのは6月の中旬)

この時期の植え替えは、株への負担が大きく、

おそらくNGであることは、わかっておりましたが。

ちょうど梅雨の雨続きで涼しい日が続いておりましたので。


根を崩さないよう、そっと堀り上げ。

【彼女】に気づかれないよう、

あらかじめ用意しておいた二回りほど大きい鉢に植え替えました。

・・【プリンセス・ピーチ】は桃のお姫様ですから、ぜったいに女の子・・(笑)

P1030822

こちらは、植え替え後、しばらく日蔭で静養させたあとの彼女。


ちゃんと新芽が出てきました ♪

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

壱岐島の旅館・太公望の【うにいか】 

2014-07-29 | ★Diary★

長崎県の壱岐島へ・・・

作品の取材で伺ったのは、昨年の7月。

お世話になった旅館・太公望を出立する際、お土産として購入したのが、

この【うにいか】

Photo

太公望の若き主であり、料理長でもある長島修さんお手製の逸品です。


壱岐から帰京し、しばらく後。

友人たちを自宅に招き、

この【うにいか】をふるまったところ、大好評でした。


先日、デザイナーのS氏とお目にかかったとき、

「前にご馳走になった壱岐の【うにいか】って、お取り寄せできる?」

と訊かれました。

「たぶん、お取り寄せは扱ってなかったと思いますけど、お願いすれば、送っていただけるかも」

「あのときの【うにいか】の味が忘れられなくて。

ほかで取り寄せたりもしたんだけど。やっぱり違うんだよね」

美食家のS氏から、そんなお褒めの言葉をいただくなんて !!!!


さっそく太公望の修さんにメールで問い合わせてみました。

団体のお客さまも多く、お忙しい時期というのに、

丁寧に応対していただきました。

・・・修さんもお元気そうでなによりでした・・・


ほどなく。

S氏から、お礼のメールとともにこんな写真が送られてまいりました。

_utf8_b_44gg44gr44ge44glltiuanbn_

私がいい加減にシャッターを切る写真とは異なり、

流石のライティング・・・


右の湯飲みに入っているのは、【壱岐の島】という麦焼酎。

【うにいか】に合うように、自身で取り寄せたとのコメントが添えられておりました。

壱岐の【うにいか】に壱岐の麦焼酎・・・

なんと素晴らしいこだわり・・・!!!

そうそう。

壱岐は麦焼酎発祥の地と言われているのです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

お便り紹介

2014-07-27 | ★Diary★

ひどく蒸し暑い週末でしたが、

みなさんはいかがお過ごしですか?


井上宅では、今季はじめてエアコンのスイッチを入れようとしたところ、

リモコンの電池がお亡くなりになっておりました。。。。

買い置きしておいた新しい電池に入れ替えたら。

ちゃんと作動してくれたので、一安心(笑)



P1030832


夢ちゃんさんから、こんなお便りをいただきました ♪


『井上香織さん、はじめまして。

実は私は昔々から香織さんに憧れると同時に深いご縁と親しみを感じていました。

何故かと言えば、私も英語の教師の傍ら少しずつ執筆活動をしていたからです。

また、偶然ですが私の知人に香織さんの高校と大学の同級生がいます。

今は教師も執筆もお休みしていますが、執筆は一生続けたいと思っています。』



夢ちゃんさん。

お便りいただき、ありがとうございます !!!

英語教師、執筆活動・・・

いろいろと共通点があるようですね。


ところで。

『偶然ですが私の知人に香織さんの高校と大学の同級生がいます』

と、ありましたが。

その知人の方は、私と同級なのかな?

立川高校卒で、青学へ行った同級生は

ほとんどいなかった記憶があるのですが。。。


それとも、夢ちゃんさんの同級生に、

私と同じ学校出身の方がいるという意味なのかしら?

いずれにしても。

ご活躍を楽しみにしております。

体に気をつけて、頑張ってくださいね。

P1030800

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

母の庭の花々~リアトリス

2014-07-26 | ★母の庭の花々★

5月の頃は。。

「なんか、もじゃもじゃした葉っぱだけど、たぶん。

雑草ではなさそうだし。ま、とりあえず様子を見ましょう」

と、いう感じだったのが、このコです ↓

P1030799

★ リアトリス ★


キク科  夏緑多年草

北アメリカ原産

写真のように穂状に花をつける【スピカータ】・・・和名【麒麟菊】と

丸い球状の花の【リグリスティス】・・・和名【百合あざみ】がある。

P1030798_2

花穂の上から下に、ちいさな花が徐々に咲いてゆきます。


「ホントのことをいうと、あまり好きじゃないんだけど」

と母は言っていましたが。


キクの開花を待っているこの時期、

仏壇に供える花のひとつとして

とても重宝しています ♪

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ベランダ便り~カリブラコアとアブラムシ

2014-07-25 | ★ベランダ便り★

たしか。。。

四月頃、一度、紹介したカリブラコア。

母が退院するとき、溢れるように花開き、

「お帰りなさい」玄関先を彩っていてほしいと思い、

井上宅のベランダにて6株、育てていたのですが。。。


テラコッタの鉢をきれいに洗い、新しい土に植えたのに。

いつからか、アブラムシがはびこるようになり。

その駆除に追われてなかなか大変でした。


母の退院前。

いちばん、元気のないコを残し、すべて実家に移住させました。

P1030835

手元に残されたカリブラコアは・・・

新芽、株元の古い葉を問わずアブラムシが密集している状態。

ほとんどすべての葉が、べとついておりました。

見るも無残でしたので、写真には撮りませんでしたが。

かつて。

誰にでも簡単に育てられますという謳い文句の

【ミリオンベル】ですら、枯らせてしまった井上・・・

この種の植物とは相性が良くないのかもと。

半ばあきらめ気分で、ばっさり切り戻しを試みたところ。

元気になってくれました  ♪

P1030836

梅雨が終わったあたりから、活性する品種なのかもしれませんが。

瀕死状態だったカリブラコアの復活が、

ちょっとうれしかったりする井上なのでした。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加