作家 井上香織 Official Blog

せつない純愛小説、やさしい目線で描かれたエッセイで人気の作家 井上香織が贈る癒しの空間 

バレンタインの想い出・・・

2018-02-20 | ★Diary★

バレンタインから、もうすでに一週間になろうとしていますが。。。

ちょっと古い話題で、ごめんなさい 


先日、幼馴染のYちゃんと〇年ぶりに逢ったときのこと。

彼女から、愛らしいくまさんのチョコレートを

プレゼントしてもらっちゃいました 


彼女曰く。

「中学のとき、バレンタインなのに、チョコあげる男子がいないのは淋しいねって、

二人でチョコレート交換してたことがあったでしょ」

そういえば。。。

中学時代から高校1、2年生の頃まで。

バレンタインのチョコレート交換は、

二人の恒例行事となっておりました(笑)

だいたいの予算を決めて、それぞれ買い物に出かけ、

きれいにラッピングしてもらったチョコレートを交換 


誕生日でもクリスマスでもないプレゼントに、

わくわくした覚えがあります 

そのとき、私はどんなチョコレートを選んだのか、

すっかり忘れてしまいましたが・・・


ひとつだけ確かなことは、

あの頃、こんなにかわいらしいチョコレートはなかった・・


齧られてしまうくまさんはかわいそうだけど。。。

これから、コーヒーを淹れて 

いただかせてもらうことにいたします 


追伸

Yちゃん、今年はチョコがなくてごめんね 

何年も続けていた二人のイベントを忘れてしまっていたなんて・・・ 

来年のバレンタインは・・・忘れずに、

必ずお贈りいたします  

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

祝・金メダル・羽生結弦選手

2018-02-17 | ★Diary★

今日、メディアは、羽生結弦選手の金メダルの話題でもちきりのようですね 


振り返れば、四年前の冬季オリンピックの際。


大雪で転倒し、骨折した母は、病院のベッドで寝たきり・・・

30年前に入れた[人工股関節]のまわりの骨の破損があまりにひどく、

すぐに手術を行うことができず、

約2週間ほど、片足を牽引されておりました。


そんなとき。

母が応援していた羽生結弦選手が、金メダルに輝き 

しかし、当時、母は。。。

すぐそばにあるTVを観ることもできない状態。

翌朝、私が[結弦くん・金メダル]の情報を伝えると、

牽引の痛みに耐える日々を送っていた母は、

「そう・・よかった 

久しぶりに笑みを浮かべた覚えがございます。


思い出話はさておき。

本日のお昼過ぎ。

井上はTVにて、フィギュアスケートの状況をチェックし、

母に電話をかけました。


「もうすぐ、結弦くんの番みたい」

「知ってるけど・・・転んだらかわいそうで、ドキドキするから見たくないから、

テレビはつけてないの」


たしかに。

実況の方が、

『さあ、次は四回転ジャンプ !!』

なんて言うと、

「どうぞ、うまく飛べますように 

つい、ドキドキ・ハラハラしながら、力が入ってしまうのは事実 (笑)



「じゃあ、結弦くんが無事に滑り終えたら、また電話するね」

そう言って、私はいったん電話を切りました。


そして、羽生選手の演技を見守ること数分・・・


『後半、これが最後のジャンプです』


という実況を聞きつつ、井上は、また母に電話をかけました。


いつも何回かコール音が鳴ってからでないと、電話に出ない母なのに。

なんと。

最初の[ リリリン ] の、[ RI ] くらいで、母の声がしました 


「連絡が遅いから、どうなったのか、今、メールを打とうとしていたのよ」


いつも穏やかなはず母の口調には、

いつになくイライラした感情が滲み出ており。

慌てて、私はこう言いました。



「大きなミスはなかったから、たぶん大丈夫」

「ホント 

「うん。結弦くんが金メダルかどうかは、このあとの二人の得点にもよるけど」

・・・ごそごそと音がして・・・

母は、ようやくTVのスイッチを押した様子 


「あっ、ホント じゃあね」

そして。。。

電話は、あっけなく切られてしまいました・・・笑・・・

 

羽生選手のみならず、

オリンピックという大舞台で試合に挑むアスリートの方たち。

その競技に向かい合う真摯な気持ちと日々の努力には、

心打たれます。

そして。
実際に会場に駆けつけたり、応援メッセージを送ったりすることのできない、

母のような人も、

TV画面を見ながら、励まされ・・・

[頑張って] と声援を贈っているのですね。


 

 


 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

物干しざお・・・その後

2018-02-15 | ★Diary★

血豆は・・・

その後、破れることもなく固まり、

今や、ひからびつつある黒豆のごとき様相 


そして。本日。

井上は、古い物干しざおを2本、無事、処分することに成功いたしました 


バルコニーの不用品置き場は、一階、駐車場脇に設置してあり、

そこまで運ぶのは一苦労でございました 

1本は2メートルだったので、エレベーターに載せられたのですが、

もう1本は、4メートル近くもあり、階段で下すしかなくて・・・

通路の照明を割ってしまったりしたら大変・・・


竿の両端に気を配りながら、そろそろ進み。

ようやく不用品置き場に到着 


私のほかにもバルコニーでガーデニングを楽しんでいた方が、

何人かいらしたようで。

使い古しの植木鉢や、サビついたフラワースタンドなどなどが、

たくさん捨ててありました。


部屋に戻った私は、

一度、袋にしまい保管しておいた真新しい物干しざおを取り出し、

(もう2度と手を挟まないように)

注意深く組み立て開始 


意外に簡単に完成いたしました 

ぴかぴかで、ちょっと嬉しい気分 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

物干しざおと、ぷっくり血豆・・・

2018-02-09 | ★Diary★

ベランダ・・(正確には『バルコニー』なのですが)の防水塗装作業に伴い、

業者の方が、サービスで

ベランダの不用品を回収してくださることとなりました 


また使うことがあるかもしれないと思い、保管しておいた植木鉢などなど。

この際、回収していただいちゃうことにしました。

そのとき。

ふと気づいたのが、長年使用している『物干しざお』 


この古い物干しざおには。。。

ここではちょっと語れない因縁があり・・・(笑)

ずっと、新しいものに買い替えたく思っていたのですが、

なんとなく、そのままになってしまっておりました。。。

この機会を逃したら、買い替えのチャンスを失ってしまうかも 


現場責任者の方に伺ってみたら、

物干しざおも無料回収OKとのこと 


と。ゆーことで。

ジョイントで伸縮するタイプのハンガー掛け付き 物干しざお・・(上の写真)

ネットで注文いたしました。

そうしたら。。。

まだ古いものの処分前というのに、もう届いてしまいました。


(こういうネットのお買い物の品って、待ってるときはなかなか届かないのに、

もう少し先でもいいのにって時に限って、

素早く届いちゃったりするのですよね・・・ )


届けられた新しい物干しざおは、

2本に分かれており、それをジョイント部分に差し込み、完成させるみたい。

組み立ては、また後日行うつもりですが、

「とりあえず、どんな感じ?」

袋から出してみて、傷がないか確認。


ぴかぴかの物干しざおは傷、へこみ等はなく、大丈夫そう 


また袋にしまっておきましょ、と、思ったら。

伸ばした部分が、勝手にするすると元に戻ってしまい、

手を挟まれてしまいました・・・


そして。。。

左手の親指と人差し指の間に

ぷっくりした血豆がふたつ、できちゃいました・・・


もしかしたら。

あの、古い物干しざおの呪いなのかもしれません・・・

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大規模修繕工事 ベランダの整理 PART3

2018-02-07 | ★Diary★

こちらはベランダのアイビーゼラニウム

たぶん、一昨年くらい前の夏頃に撮ったものかな?・・



株が大きくなりすぎたので、このあと、ふたつに分け、

それぞれハンギングにしてあります。

ツルは伸び放題 

しかも、同じものがふたつあるので、

ボリューム的に、そのまま部屋に入れるわけにもいかず。。。


長いツルをカットし、元気のよさそうなもののみ、さし芽にしてみました。

こんな時期だから、根がつくとは思えませんが 


マンションでは、ベランダ側の足場が組み終わり、

威勢のいいお兄さんたちが、すぐそこを行き来したりしているので。

最近は昼間もカーテンを閉め切りにして過ごしている井上なのでした 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加