天使の羽根

我が家の天使は自閉症、障碍は不便なこともあるけど不幸じゃない!!そんな母の日々を書いてみました。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

天使とkaomama闇の日々の始まり(前編)

2016-12-10 06:27:02 | Weblog
…ずっと更新できずにいて、書いては消しを繰り返していた

なにから書けばいいのかなぁ、どこから説明したら解ってもらえるか、それすら解らないくらい

でも、残しておかないといけない気がしてる
これから思春期に入る自閉ちゃん達のために、自閉ちゃんと歩んでいる親御さんのために、自閉症と関わっている先生達の為に

天使の中3時代はボロボロだった
課題も出来たり出来なかったり、パニックもてんかん発作も増えたし、なにより天使をきちんと理解してくれていたのは若い女性の先生が一人だけで学年主任の先生からは「コピー用紙を使い過ぎるから買ってきて下さい」と言われ、毎週届けてた

早く高等部へいきたかった
私が文句を言えば言うほど、天使の学校での扱いは悪くなっていったから、ある時期から私は先生達にお礼は言っても文句は言わずにひたすら我慢した、高等部にさえ行ければ心機一転巻き返せる!
だから中3の時はひたすら耐えた、もちろん天使の状態はよくなくて学校行事なんかほとんどまともに出れず、彼の思考展開の中では、出来ない=悪だからもがき苦しんでいて、自閉症特有の収集癖が一気に加速いきなり興味の対象がバンバン変わってターゲットが手に入るまで自傷や家庭内暴力を繰り返す

そして我にかえると激しく落ち込み、「僕は生まれてこなければよかった」と泣いて、それらが刺激となっててんかん発作が誘発される

kaomamaといえば、もう毎日行動障害に対応することで手一杯だった
体罰をしたIと加担したSは何の行動も興さず、さっさと過去にしたいオーラ全開だった

信じられる?あれからIに至っては1度もキチンと謝罪してないんだよ…
なんかね、もう人間呆れるのを通り越すとどうでもよくなるんだね

高等部進学だけを頼りに暮らしていた日々だった
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 天使の羽根外伝kaomamaの闘い | トップ | 天使とkaomama闇の日々の始ま... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL