ケロケロ白カエル

日々の気になるコト、統合失調症のコト
苦手子育てのコト

ひさびさの投稿 白カエルです。 

2016-11-26 05:06:54 | 病気のあれこれ
本当にひさびさの記入。私何さぼってんのかと思うけど(汗)

お薬について

お薬の飲み方とか種類を変えたら症状が少し変わりました。
悪いほうに(ガーン)

もともと精神安定剤と抗不安剤を一緒に飲んでいた私。
抗不安剤は前のお医者さんの時、いつの間にか増えたお薬だったので
外しても平気と思って今のお医者さんに「もともと頓服ででていた薬
だったので、この薬いらないです」って言って減らしてもらった。
そして、食前にお薬を飲んでいたし、夜のお薬は午後3時頃のんでいた。
その頃の抗不安剤はワイパックスというもの。これは癖になるらしい。

薬を減らして一番困ったのが、お昼を過ぎて薬が効きだす時間になると
身体の具合が悪くなることでした。毎日ではなく、たまに。
そして、病院の診察後薬局でお薬を待つ間に具合の悪いのが最強に!
座っているのも立っているのも、歩いているのもつらく、目が涙目で
鼻水がでてくるし最悪。待合室にいるのがたえられなくて外を歩くけど
日差しがちかちかするし、足取りがヨタヨタしていてつらい。30分位
うろうろしてお薬待って受け取って(本当はそんな状態じゃないのに)
薬剤師さんの話きいてお金払ってバスに乗って家に帰ったのが2、3回。
家に帰ってからも横になっても、部屋着に着替えても、ラジオ聞いても
呼吸も鼻水も具合もよくならず、一時間半くらい横になっては起きるを
繰り返し、時間の経過とともに具合が戻っていくという感じでした。

病院行くと具合悪くなる訳は、自己判断だと
診察の前に11時頃空腹でお薬を飲んだ→それが効きだす12時位に薬局
の待合室に居た→家に戻って3時半から四時位にお薬の効果が薄れるため
具合も回復してきた。
となります。
安定剤の副作用で具合が悪くなり、お薬の効き目が弱くなると具合が回復
するという分析。抗不安剤は副作用を緩和するために処方されていたと考
えました。実際、そういうこともあるようです。
でも、私の飲んでる精神安定剤は効き目も副作用も弱いみたいなんですが
私には合わないのか具合が(肉体的に)悪くなるようです。

お医者さんに言って、また抗不安剤も一緒に出してもらえるようにしまし
た。そしたら具合が悪くなる頻度も具合の悪さも改善しました。
あと食後に飲むようにしました。(薬の効き目を弱らせる目的で→効果は
わかりません)
でも、病院でお薬を飲まなくなったら病院後具合が悪くなることは無くなり
ました。
前に夕方保育園のお迎えの時間になると具合が悪くなると書きましたが、そ
れも、午後3時に空腹でお薬を飲む→お薬が効いてくる4時から4時半に具合
が悪くなる→家に帰って6時位までに回復する、、、、とやはりお薬を飲んだ
ことによる(精神安定剤の)副作用によるものみたいです。

精神安定剤は弱いものみたいなので、変えるのも不安だしそのままにして抗不安
剤をまた飲むことにしました。そのかわり、常習性に不安のあるワイパックスから
リーゼに変更しました。

長文ですみません。長くなってしまいました。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 東京マラソン | トップ | 現状 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

病気のあれこれ」カテゴリの最新記事