Kaolu's diary~Leo nahenahe~

ハワイアンシンガーKaoluの日記。Leo nahenaheとはハワイ語で優しく甘い声、の意味。

ある週末の過ごし方

2017-05-17 | Weblog
この土日は、ひとりでライブを見にいきました。
土曜のは前から予約していた、お友達で小笠原古謡を唄うシンガーokeiちゃんのレコ発ライブ。
日曜のは、okeiライブ見終わった後の22時頃に、(ずっと迷ってたけど)やっぱり行こう!と
会場のサムズアップに電話予約したRollyさんのライブ。

夕方までは二日とも、各種ライブの自主リハ、家のこと、お昼寝、業務連絡、母との
長電話(これは日曜)。
あらゆることをゆっくりやりたいから、急ぎもせず、タイムテーブルも決めず。
合間の休憩(お昼寝とは別ね)に、録りためた海外ドラマを見る。一話45分くらいというのが
ちょうどよい。
ちなみに今は、「Homeland」いつだかの「CSI NY」などなど。
あ、「やすらぎの郷」も忘れちゃいけない!とてもやめられない(笑)。




土曜日(5/13)。いつも変わらない透明で繊細な声を持つokeiちゃん。
小笠原の歌とオリジナル曲が、いい感じで混ざりあうライブ。
小笠原の歌は、なんともいえない”南洋感”がたまらない。

バックがフツーのおうちみたいだけど、みんな大好きなセカンドハウスです。






ゲストのフラダンサーKaui、そしてこの日は飛び入りのヴォイスパーカッションTAKASHIくん。
フラは指先まで妖艶で美しく、ヴォイパは神業のようでした。





okeiちゃんのCD。
すごーくよかった。他の誰にもできない世界。
特に前半、何回も聞いてしまった。
リリースおめでとう。

これからも、わたしへの、みんなへの、小笠原の扉でいてね。

あ〜、それにしても、わたしもアルバム作りたいな〜〜







日曜日(5/14)の横浜サムズアップ。
なにやらいつもわたしが出てるときとは雰囲気違う.....??





サムズはお初だそう、Rollyさんのライブ。
このジャケットとタイトル、Rock好きならネタ元わかりますよね?

一部はひとりで、Rollyワールド全開。
すごいし、面白かったけど、バンドでのライブを見たい気持ちが高まるなあ...。
コミカルなイメージも強いけど、実際は星が煌めくかっこいいギタリスト☆
二部はゲストのPantaさんと、トーク&ライブ。
話はとにかく長い(笑)、時々そろそろ曲にいってくれないかなと思うほど。
でも話の深さたるや....お二人は博学というよりも、好きなことを徹底追及してきたら
こうなったという感じ。
オタク礼賛。

まさかね、頭脳警察「さようなら世界夫人よ」を生で聞ける日が来るなんて。
生きててよかった。
このライブに来てよかった。

何回も出演してるし、主催もしてる大好きなサムズアップ。
お客さんとして来ても最高な場所。
今日は誰も知り合いいなかったんだけど、ミラクルな出来事がありました。
これはまた書きましょう。

帰ろうとする頃、MUROKEN氏が突然現れる。
偶然?!と思ったけどそんなわけないか(^^;;
6月にサムズでやる大事なライブイベントに出てほしいという依頼でした。
テーマも、メンバーも、そこにいたい気持ちでいっぱいのイベントだけど
わたしは札幌ツアー中。
分身の術はもう使えませんので、残念ですがお断りしました。
あのバンドでサムズか...わたしも出たかった...。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ピアノにはレイを、別れのあ... | トップ | 黒にんにくにまつわる話 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。