月と歩いた。

月の満ち欠けのように、毎日ぼちぼちと歩く私。
明日はもう少し、先へ。

生きていくのはお金がかかる

2017-07-29 | 生活
CT検査も無事に終わった。
と言っても、結果は1週間後なので、まだドキドキだが・・・。

造影剤を使ってのCT検査は今回で3回目。
3回目ともなるともう慣れたもので、今回は衣服を何一つ脱いだり着替えたりすることなく、病院に行ったそのままの格好で受けることができた。
レントゲンやMRIと同じく、衣服は別に写らないので、裸になる必要はない。
ただ、「金属」だけがダメ。
これまでの2回はそのことを忘れていて普通の下着をつけていき、さらにスカートもホックがあったので、脱いで検査着に着替えなくてはならなかった。
今回はそれが面倒なので、ブラカップ付きのタンクトップを下着代わりにし、スカートもウエストゴムのホックのないものにしていった。
そうしたら、本当にそのまま寝るだけ。
何でも慣れると達人になるね・・・と、検査台に寝ころびながら思った。

造影剤だけはやっぱり気持ち悪い。
腕に注射して入れるのだが、普通の注射の20倍のスピードで体に入れるので、一瞬で体中がカーッと熱くなって、喉に何か違和感を覚える。
人間の体って本当に不思議。こんなものを血管にものすごいスピードで入れても大丈夫なんだもんなぁ。
検査自体は10分程度で終了。簡単なものだ。
待つのは会計で、だいたいいつも100人待ち。

会計の金額を見てびっくりした。
CTは昨年末以来だったので、どれくらいかかるのか忘れていたのだ。
毎月何万円も国民健康保険を支払っているというのに、3割負担で8800円!!
あの10分でこんなに払うのか・・・3割負担なのに・・・毎月あんなに払ってるのに・・・と、久しぶりに医療費の高さを感じた。
去年、手術や入院を繰り返していたら、もう毎回のことで、1回の入院で10万円とかが普通だったので、ちょっと感覚が麻痺していたが、久しぶりに冷静に検査費を見ると、やっぱり高いなぁと思う。
「ああ・・・生きていくって、お金がかかるなぁ・・・」と、つぶやきながら帰った。

国民健康保険、国民年金、住民税、所得税。
こういった社会保険費や税金って本当に大きい。
最近はあまりたくさん稼いでいないので、社会保険費と生活費、携帯代を払ったら、もう何の余裕もないという月もある。
夫は今年のボーナスが、昨年の2倍に増えた。正直羨ましかった!
そして、それ以上に嬉しかった。
うちは毎月の給料だけでなく、ボーナスももちろん全部、夫の稼ぎは夫のものなので、2倍になろうが3倍になろうが私自身の生活は変わらない。
でも、毎日夜遅くまで働いて、週の半分近く東京へ行って、少しの時間も仕事の本を読んで勉強して、本当によく頑張っていることを知っているので、それくらいはもらって当然だと思うし、何より努力が報われて本当によかったなぁ、ちゃんと報酬で返してくれて、いい会社だなぁと思ったのだ。
夫はどんどん私腹を肥やしている(笑)
たまに「貯金、いくらあるの?」と聞いたら、結構な金額でびっくりすることがある。家のローン返してよ~(笑)

私は夫より年が10歳上だから、絶対私のほうが早く働けなくなるのはわかっているし、別に「死んでもあんたの世話にはならん!」と思っているわけではない。
でも、まだ私が普通に働けるので、その間だけでも「財布は別」という夫婦の形を貫きたいと思っている。
それに、自分を自分で養うということは、仕事のモチベーションにもなるのだ。

フリーでやっていると、仕事のバランスをとるのが一番難しいなと思う。
ライターに限らず、カメラマンでもデザイナーでも、フリーの人はみんな同じ悩みを抱えているようだ。(そんな話になる)
仕事がなさすぎても不安になるし(お金にも困るし)、仕事が重なりすぎると生活がむちゃくちゃになるし。

そういう意味では、今年はフリーライター生活20年で、初めて理想の日々が来ているのかもしれない。
来月も夏休みは1週間きっちりとれる。
取材は今のところ、滋賀へ2回、長崎、大分だけで、あとは家でできるレギュラー仕事をぼちぼちと。
今は空き時間にいつも「こぎん刺し」をしている。
忌野清志郎のDVDを流しながら。
こんな楽しい時間、まるで中高生の時みたいだ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« プラセンタ推しがすごい。 | トップ | 心の浮き沈み »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿