月と歩いた。

月の満ち欠けのように、毎日ぼちぼちと歩く私。
明日はもう少し、先へ。

2種類の梅酒を作ってみた

2017-06-19 | 生活
日曜日、夫の実家へ遊びに行ったら、お義母さんが梅をたくさんくれた。
徳島の叔母の庭でとれたものらしく、「かおりさん、梅酒でも漬けたら?」とおすそ分け。

熟しているわけではないのだが、スーパーで売っているような「青梅」ほど青くない。
種類が違うのだろうか、薄い黄色でなんだか可愛らしい。
市販のものではないので、ところどころ傷みも見えたが、とても爽やかないい香りがする。

いろいろ調べてみると、一般的なホワイトリカー以外のアルコールに漬けても美味しいようなので、帰りにジンとウイスキーを購入し、早速漬けてみた。
私は梅酒の甘さがそんなに好きではないので、砂糖は控えめに、さっぱりとした梅酒を目指した。



1か月、3か月、半年、1年、3年と、年月で味が変わっていくのを試してみよう。
暑い日には炭酸で割って、梅酒ソーダにするのもいいかもしれない。
お酒があまり得意でない人が家に来た時にも出してあげられるなぁ。
どんな味になるのかとても楽しみだ。

今年はアメリカ行きでバタバタしているうちに、山椒の時期を逃してしまった。
いつも山椒を下処理して、塩漬けや冷凍にしておき、自家製のちりめん山椒を作るのだが・・・。
夫に「今年は山椒ないねん」と告げると、「え!あれ食べられへんの?」とかなりショックを受けていた。
私も残念だ。
「旬」のものには敏感になっておかないといけないな・・・。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« アメリカ旅行 前編 ~あの... | トップ | 強さのかたち »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。