月と歩いた。

月の満ち欠けのように、毎日ぼちぼちと歩く私。
明日はもう少し、先へ。

リラックスした年の暮れ

2016-12-28 | 生活
26日に今年最後の取材を終えた。
この原稿は年明けでOKなので、今年はあとお酒のコラムを1本書き、29日にみんなでやる最終校正に参加したら終了。
昨年と一昨年よりは余裕のある年の暮れとなった。(ホッ)

病気のことがあってから、あまり無理はしないようにしている。
さすがに先週の追い込みは無理もしたが、たまには頑張らないといけないこともある。
いつもなら忘年会をぎっしり詰め込んでいるが、今年は半分くらい来年にまわしてもらった。

22日は仲良しのディレクターさんと二人で忘年会。
子どもさんがいるので3時間しか家を空けられず、短い時間だったけれど楽しかった。
今年の残念だったことは、彼女と一緒に仕事が出来なかったことだなぁ。
また来年は何かいい仕事ができればいいなと思う。(できる予感はしている)

23日は、あやが一時帰国していたので、ふみこと3人で会った。
昼間はカフェで延々おしゃべりして、6時から移動して北新地の和食のお店で飲みながら延々おしゃべりして、その後もバーに2軒行って延々おしゃべり。
それでもまだ足りなかったが、日本にいる間にあと2回は会えそうなのでよかった。
気のおけない友達との時間は本当に宝。
変わらないあやの顔を見たら安心した。あやも私がガンになってからずっと心配してくれていたので、再会した瞬間は泣いていた。
遠く離れても変わらない友達でいてくれることが、本当にありがたい。

26日は、ライター友達と3人で忘年会。
取材の後で少し疲れていたが、ほぼ仕事納めだったので気持ちは楽だった。
去年と違ってリラックスして楽しめたと思う。
去年は仕事も終わっていなかったし、体調が悪くて不安も抱えていたなぁと思い出す。
常に追い込まれて、ピリピリして、疲れていた自分。きっとこれまで相手に嫌な態度を見せたり、冷たい言葉を発したりしてきたこともあったんだろうな。
でも今は心に余裕があった。やっぱり余裕って大事だ。

そして、昨日はとにかく左脳を休ませたかったので、半日漫画を読んで過ごした。
ブックオフの100円均一で買ってきた「BECK」。
そう・・・。今さらの「BECK」。映画にもなったあの「BECK」だ。
もともと家にとびとびで数冊はあったのだが(夫の持ち物)、全部揃っていなかったので、今回一気に揃えた。

・・・こんな名作だったとは!!

特に30巻くらいからはもうずっと鳥肌と涙が止まらない。
「ブルージャイアント」もそうだけど、音楽を漫画で表現するってすごいことだなと思う。
音が聴こえないのに、まるで聴こえているみたいに感動する。
それに、漫画の中から作者の想いがあふれてくるのがわかった。描いているとき、あふれてあふれて止まらなかったんだろうなと想像ができた。それくらい魂があった。

同じ作者、ハロルド作石氏の作品で「RIN」が私はとても好きなのだが、その中に書かれていた「その作品を見たら、その人がどんな生き方をしたのかわかるようなものを書け」という内容のセリフがふと思い出された。
まさに「BECK」を読んだら、この人がどんな生き方をしたのか、何を大事にしてきたのか、全部伝わる気がする。
改めてすごいなぁと思った。

久しぶりに左脳をお休みさせて、右脳だけを働かせた。
そのせいか昨日は感情が高まりすぎて、ちょっとしたことでもすぐに涙が出てきたし、ぼんやりとしていた。
なんか、復活したなぁ・・・

昨日はプリンターのインクやらいろいろ買い物もあったので、1人で京都へ。
お世話になっている日本酒のお店でしばらく立ち飲み。夕食もそこで済ませた。
そんな時間も久しぶりで、随分生き返った気がする。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« ふらふらのクリスマス | トップ | 小さなお節の幸せ »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
おだやかに (床床。)
2016-12-29 23:05:57
ゆったりとした時間と気持ちの中で年の瀬を迎えているようですねー(o^^o)
大変な一年、おつかれさまでした。
クリスマスのテーブル、素敵でした!
すてき、すてき、すてきーー、とつぶやきながら読んだよ。
コペンハーゲンのお皿もかわいいよね❤️
ツリーもおしゃれで❤️
またお邪魔したいです。
今年もよろしくね (かおり)
2017-01-05 15:43:48
床床さん
あけましておめでとうございます。
年末年始、PCに向かうことがなく、レスが遅くなってごめんなさい。

おかげさまで良い年の瀬・年明けを迎えることができました。
クリスマスから一気にお正月ムードに部屋も変わっています。
今年はまた遊びに来てね。

コメントを投稿