顔出しNG presents 太いの堅いの

負け前提、予算制勝負師の私こと顔出しNGが、基本は太く、時には堅く、臨機応変(無節操)に楽して儲けんとする妄想録

●太いの堅いの #330 秋華賞

2016-10-16 14:47:58 | 競馬
平坦小回りのコース特性に加え、開幕直後の時期も重なり、内枠有利とされる秋華賞だが、過去20回では9番より内の計6勝(2着9回)に対し、10番より外は計14勝(2着11回)。10番から18番まで全ての馬番で勝ち馬を輩出している。何のことはない、外枠から買うべきレースである。

秋華賞
デンコウアンジュ
ビッシュ
フロンテアクイーン
ジュエラー
カイザーバル
ダイワドレッサー

後輩がかわいい馬キャラクターのLINEスタンプ“馬~くん(まーくん)”を作りました。ご利用いただけたら幸いです。よろしくお願いします。

知人が運営する優れモノの競馬予想ツール「トレンド競馬」です。JRA-VANのデータ使用で月額450円。縦・横印刷での出力も可能でお得。



と言いながら本命はデンコウアンジュ。1週前に決めていたから仕方がない。この馬のベストレースはメジャーエンブレムを並ぶ間もなく差し切ったアルテミスSで間違いないが、当時は田辺が直線だけに徹した無欲の騎乗。川田に手綱が戻ると中途半端な競馬ばかりで、春一杯を棒に振ってしまった。ローズSの内田は直線で外から追い込むあるべき形。一度乗って脚も測れただろうし、今回は能力全開に期待。


ビッシュの紫苑Sは圧巻の勝ちっぷり。秋華賞に実績のないトライアルではあるが、重賞に格上げされたし、これから傾向が変わっていくのかもしれないので、軽視する訳にもいかない。オークスでも早めに脚を使って勝ち負けになっており不利さえなければ。不安は人気で勝負弱い鞍上か。

フロンテアクイーンはクイーンCでオークス向きと見てフォローしてきた。紫苑Sは3角で大きな不利を受け、すぐさま立て直してビッシュを追い掛けたものの、10馬身くらい余計な脚を使わされる羽目になったので、あの結果も仕方がない。小回りコースでは独特の仕掛けポイントを持つ蛯名に一発の魅力も。


桜花賞馬のジュエラーには一目置かざるを得ないが、ローズSが負けすぎだし、内枠から同じように出していった場合、脚を残せるのか判らない。妙味もないので押さえまで。残りは外枠から穴っぽい2頭。ローズSで権利を獲ったカイザーバル、休み明けも牡馬相手に重賞2着があり、オークスでいくらも負けてないダイワドレッサー。
『競馬』 ジャンルのランキング
Comment   Trackbacks (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ●太いの堅いの #329 凱旋門賞 | TOP | ●太いの堅いの #331 菊花賞 »

post a comment

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

2 Trackbacks

Trackback  Ping-URL
秋華賞 最終決断 (浪花のクマさん 穴馬券)
◎フロンテアクイーン
秋華賞をダウジングで予想 (御気楽猫生活2)
 今回のダウジングでの競馬予想は 秋華賞を予想してみたいと思います。