kaoる風

趣味や旅行、日々の出来事を呟きまーす^_-☆

読響 第195回日曜マチネーシリーズ演奏会

2017-03-21 17:02:31 | 日記

3/19(日)、三浦君のヴァイオリンを聴くために「東京芸術劇場」へ行ってきました

14時開演なので、劇場の近くで昼食を済ませようと少し余裕を持って家を出たのですが…

3連休という事で、電車も駅も混雑

当然、レストラン街も何処も並んでいて、早めに出てきて正解でした

読響の指揮者「下野竜也」さんの引退コンサートという事で、名残惜しい雰囲気の中の演奏会

1 バッヘルベル カノン (約5分)

  大好きな曲を生演奏で聴けて至福の時を感じました

2 フィリップ グラス ヴァイオリン協奏曲第1番 (約30分)

  いよいよ三浦君登場

  アメリカの作曲家で管弦楽作品として初めて書かれた曲でまだ新しい様です

  アメリカの広大な荒野を想わせる曲調でしたが…

  三浦君のヴァイオリン相変わらず難しいことしているのに他の弦5部の音に混じってしまって…

  いまいち心に響いてこなっかた 期待していただけに残念でした

15分の休憩

 赤ワインを飲んで、ちょっと気持ちをUP

3 ドヴォルザーク 交響曲第9番ホ短調作品95「新世界から」(約40分)

  ドヴォルザークがアメリカの地で自身の故郷の風景を懐かしみつくられた曲の世界に入って

  しみじみと聴いていました(全曲ちゃんと聴いたのは高校の授業以来だったような…)

生演奏ならではの醍醐味を感じて、贅沢な時間を過ごせました

三浦君のヴァイオリン、宗次コレクションより貸与された1704年制作ストラディヴァリウス"Viotti"になってました

『ささやき』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 干支(酉)の置物完成ヽ(*´∀... | トップ | 息子の卒業式 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。