花咲あさひ の 観世音菩薩とともに。五つの心柱 山を下りた観世音菩薩は裸足で飛び出して行きました。

高天原(心)に宮柱(心柱)太如き立て 一隅を照らす人であれ。その命ある限り。

神から人へ ◎人間の結婚・子育てについて◎

2017年01月30日 19時03分30秒 | 豊葦原瑞穂国新聞

神から人へ。

人から神へ。常に変わらぬ人への教えに、人は気づかず、悟り得ず。

何も変わらず、常なるままに、神のご意図を汲み取ることなし。

さても悲しき世の現状に、神の心も穏やかならず。

急ぐ人世の進歩向上。なれども急ぎあわてども、何も益なし。好転なし。

見守り待ちて、泰然と、人の動きを見据え、見極め、神の手伝い、働きを、自ら望む高志の者を今は祈りて待ちわびるのみ。

必ずやがては気づかんと、信じ委ねて任せども 変わらぬ人の心の汚れよ。

怠慢、無精、力を惜しみ、自ら動く者とてなく。

ただに仕組みを待ちておるのみ。

神の命ずる命を待ち、己の先に働く者なく、後から言われてようやく気付く。

さなる者のはびこりて、幅を利かすが世の倣い。

徳を望みて求むる者は、まずは動きて、歩みだすべし。

身の回りから変えてゆくべし。

己の隣人、家族から、己の近き友人から、波動の幅を広げゆき、少しにてもよし、増やしゆけよ。

日毎の努力、精進こそが、神の求むる昇華なり。

人の小さき力になせる、小さき働き、波風も、神の心に適いなば、いつか大きな渦となり、多くの人を巻き込みて、

地球を覆う波動とならん。さにて本日、そなたからの問いは。



※人間の結婚とは、いかなる意味があるのでしょうか。

さてもつまらぬ小さき問いなり。

今更問うも、愚かしき、易しき問いを問うものならん。

結婚なるは、一人の者が、一人でなせぬ向上のため、二人で共に成長せんと、自ら選びし相手と共に、

さらに大きな気づきを得、悟りを得るため、成すものなり。

なれば、結婚により、未熟な面を成長させ、相手の内から学びを得て、互いが互いの成長の、糧となりて支え合うため。

なればいかなる相手にても、人は不平を持つことなく、すべてが己の鏡と思いて、相手に映る己の姿を、

見間違うなく、見誤るなく、相手の罪をば責めるなく、全てを己の姿と省み、己を高めて、互いに進歩の礎となるべし。

子孫を残すは次なること。まずは己の進歩向上。

互いの成長、発達のため。それさえ成せぬに、子は要らぬ。かえりて子も汚すべし。

未熟野蛮な人品に、子を与えるが間違いのもと。

なれど、間違い、誤り多く、この世に増えし子の不幸。

子をも正しく導けぬ。己の生をも正しく生きれぬ。

子供に歪みを押し付けて、苦しみあえぐが子の姿。

親の愛さえ知らずに育ち、心は衰え、萎縮して、生の喜び、感謝も失い、人への恨み憎しみばかり。

さなる不幸の子らたちを、日々に増産、繰り返さん。

この世を明るく照らすは、人の感謝のことばがなくば、いかに物金あふれるとも、暗き嘆き過ちの世ならん。

子供に真の笑顔なくば、この世に光は輝かず。

子供の笑顔、笑い声、無邪気な歓声、無垢なる瞳。

いつの時代も変わらぬものを、今の日本の社会には、希少なものなり、稀なるものなり。

かくて滅びし子供の世界を、いかなる努力も厭わずに、償い、補い、取り返すべし。

子供の世界は神の世界。最も近き神の世なり。

なれば、子供の不幸な世とは、神の住み得ぬ、末世なり。

神の喜び訪れる、汚れなき世を取り戻すべし。

心に計算、打算なく、人に尽くす幸せに満ち、感謝のことばの交わさる世界。単純ならずや。容易ならん。

何の苦悩も深慮も要らず。唯に素直に生かされて、自然を愛し、家族を愛しみ、神に感謝を祈ればよし。

遠回りしては道に迷い、さらに深める迷妄の生。

生きるを複雑困難にして、全てを苦しく、生き辛く、八方塞がりの闇に落ち、さらに暗みにはまりゆく。

早くに気づき、目覚めなば、己の愚かもおかしきもの。

気づかぬ者の哀れを憐れみ、手を伸べらるるは幸いならん。

なれば、今の親なる者は、子にさえ手をば差し伸べられぬ、己が愚妹の当人なれば。

今の結婚、夫婦の絆を、さらに高めて磨き合うべし。

好きか嫌いか、合うか合わぬか、さなる表面、瞬間の、

感情、相性、気分のみ。己の半生、死ぬまでの、修行の伴侶なれ、

あだやおろかに軽んずことなく、深き意味を読み取れよ。

いかなることが起ころうと、別れることなく最後まで、生を共にし、全うすべし。

さなりて始めて御魂は磨かれ、一つの昇華を許されなん。

己の勝手な都合や理由、神の前には通用せぬ。

ひとたび結ばれ、縁を持ちなば、別れることは許されず。

堅き決意と意思なくば、いかなる縁も同じこと。

離婚再婚、繰り返さん。

さなる結婚、夫婦なら、動物とても同じこと。

人に許さる結婚は、人なるがゆえの意味深きもの。

遊び心の結婚は、すべてこの世を汚すもとなり。

初めに神の在りし頃、この世は清く、乱れなく、互いを愛し、敬いて、互いを己の師と仰ぎ、互いを高め、己を戒め、

共に感謝の生を営み、子をも育み、愛しみ、睦む。

さなる正しき夫婦の和あり。

男女の乱れはことばを乱し、生の連関、連鎖を狂わせ、不幸の子らを増やせし。

男女の正しき結婚を、夫婦の意味を問い直し、生の意味を悟るべし。

不幸の子らをまずは救えよ。不幸の子らを増やすなかれよ。

他人の子とて我が子同様。他国の子にても他国にあらず。

戦に怯え、争いに泣き、恐怖の日々を生き抜きて、人の不幸に目を向けるなく、やがては憎しみ、報復せんと、

復讐心をばつのらす子らよ。地球の平和も子にあるなり。

不幸の子供は不幸を生み、再び不幸を繰り返すのみ。

今ある不幸の子供らを、平和な世界に生きさせよ。

敵と見方の対立なくし、全てが同じ人間なるを、気づかせ、悟らせ、手を結ばん。心のゆとりを甦らせよ。

不幸な相手を思いやるべし。

全ての子らが、平和の内に住める世を、次なる世界の目標とせよ。

その第一歩が己の子なり。隣の子なり。周りの子なり。

人の一人を変えるは難し。なれど、小さき子を救い、豊かの心育むは、

愛さえあれば易しからずや。地道な努力、小さき一歩、さなる行為の蓄積が、地球を救う始めとならん。

さにて本日、結婚の意味とこの大切さ、一人がなせる方途を説きたり。

教えは変わらず、同じなれども、表し方は様々ならん。

己のなせる形にて、一つ一つを実現さすべし。さにて。



神の声を伝える人
ひふみともこさん著書「続神誥記」より抜粋
ひふみともこさんHP 
http://hifumitomoko.cocolog-nifty.com/blog/

大神神社 狭井神社 三輪山の巫女「真理の御霊」  
http://plaza.rakuten.co.jp/poohsanmama/


宮柱太如き立て 高天原に千木高しりて 祈り行じて省みる。                                                             感謝反省謙虚奉仕素直の五つの心柱を伝えています。                                            殿の御役 花咲 あさひ 拝                                         ブログ開設232日目 記事数第206記 豊葦原瑞穂国新聞 編

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 神から人へ ◎神社・神職・日... | トップ | 神から人へ ◎平和への道・神... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。