日傘コラム

日傘・紫外線について 日々の生活で思うことを書いています

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

サンバリア 風洞実験

2013年03月01日 | Weblog
 大阪府立大学工業高等専門学校様のご協力により、風洞実験をさせていただきました。一番上の画像がその装置です。右の箱から風を起こし、四角の廊下のようなところに風が噴出されます。風速14mまでの風を起こすことが出来ます。画像はいずれも風速13mの時のものです。骨が大きくしなりますが正面からの風では折れませんでした。一番下の画像は傘の内側に風をあてています。普通の傘では裏返ってしまいますが、サンバリアの傘生地は伸びないので裏返りませんでした。中棒がしなっています。さまざまな傘の角度で実験をし、結果、2本は折れましたが、想像していたよりずっと丈夫でした。今回は台風並みの風でテストしたわけで、通常の気象条件なら問題はないと思うのです。今回勉強になったことは、ただ単に丈夫な素材を使ってもだめで、しなやかさが重要であるということ。具体的にいいますと、カーボン素材に頼ることなく、傘全体で受け止めるしなやかな構造が必要です。この実験結果をもとに、よりよい、骨と傘生地のバランスを探ります。

この記事をはてなブックマークに追加