かんざん市 其の八 2017年7月23日(日)開催

谷川温泉やどかん山で年に一度行われる市のブログです

かんざん市は谷川岳のふもと気軽に日本の伝統文化を楽しめる市です

2017かんざん市 出店者のご紹介Ⅰ

2017年06月19日 | 2017かんざん市

今日から少しづつ素晴らしい出店者のみなさんをご紹介していきます。

まず初めは今回初めて出店される方たちです。

 

・座敷ほうき(群馬伝統工芸士 関 直太)

   

 その一つが座敷ほうきです。群馬のふるさと伝統工芸士

(なんと御年89歳)の関さんが、ほうきもろこしの種をまき収穫して作っています。

今日も関さんを訪ねると、畑の草取りをしていました。本当にお達者です!

こちらが関さん。

市の日は、実演もしてくださる予定です。じっくり見て行ってください。

階段やフローリングの隙間、窓の桟など、ほこりやネコの毛などが取れる

かゆいところに手が届く構造になっています!日本の伝統技素晴らしいですね。


  

 

 

・アトリエ月 (幸脇 燿子)★ワークショップあり

 

人気の高い山ブドウやくるみなどの樹皮を加工し編んで作られたバッグやアクセサリです。

今では伝統工芸品となっている程、近年ではその制作過程が価値のあるものとして再認識されています。

こちらは材料のクルミの革

手間を惜しまずに材料を加工し編み上げられたその作品は、使い込むほどにその人それぞれの味わいのある色や形になっていきます。

○作者からのメッセージ○

群馬県に自生している、山葡萄、胡桃の樹皮を使用した   バック、アクセサリー、小物を  手作りしています。自然な材料で制作しておりますので、世界で一つだけの作品です。

 

 アトリエでは皆さん真剣に制作中です。

こちらのアトリエではどなたでも通いやすくなっていて、技術の広がりを感じました。

 市ではワークショップ、山ぶどうの蔓で作るストラップが体験できます。

 ・HPのアドレス https://atelier-Tsuki.jp


                   

 ・お針屋艸絲の刺し子ワークショップ(飯塚 佐紀気)★ワークショップあり

こちらは、刺し子の巾着、名刺入れ、コースターなどの日用品の販売とワークショップを行う「お針屋 艸絲」さんです。

刺し子の温かさに癒されます。

 

○作者からのメッセージ○

一生涯誰かのためにと手を動かす暮らしを目指し、山形のお母さんたちと一緒に刺し子の日用品を作っています。藍染の生地を使用し、糸は藍や柿渋で手染めしています。


ワークショップ

刺し子の伝統柄を用いてブローチ、ピンクッションを制作します。 所要時間:1時間程度

 ・HPやブログのアドレス:http://sou-shi.com

 

 

・iikarakan(瀬戸山 美智子)

自然と仲良く暮らしているiikarakanさん。自然農のこと、暮らしのこと、いろんなことを教えてもらいたいですね。

   

自然農法の野菜‥生ニンニク、サラダミックス(天候により異なります)、味噌など

 

炭アクセサリー‥炭焼きしてパーツをつくりアクセサリーにしています。

○作者からのメッセージ○

片品村より自然農法の野菜と幻の大豆「大白大豆」を使った玄米糀三年味噌、炭を使ったアクセサリーなど自然に寄り添った暮らしの中で生まれたモノをお届けします。
採りたてフレッシュにんにくを持っていきますよ~。生にんにくってなかなか食べられないので貴重です!

・HPやブログのアドレスhttp://iikarakan.81s.net/

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« かんざん市のフライヤーがで... | トップ | フライヤーを置いていただい... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。