西部劇と懐かしのカントリー&ウェスタン日記

現代とはかけ離れたOld Countryの世界ですがずっと続けていきます。興味のある方は時々のぞいてみて下さい。

Hank Williams 映画

2016年10月11日 | 西部劇 君の名は? ...
ハンク・ウィリアムズ映画「I Saw The Light」を見た 
博多の映画館で見てきました。 
正直なところ私自身は物足らなかった・・・・・感動したら映画を見た後にハンク・ウィりアムスのレコードを聴きたくなるかもしれないと思っていましたがそれはなかった。どこがどうとは言えないのですがもう少し音楽サイドに重きをおいてもよかったのでは・・・というのが感想です。ハンクの苦悩に入り込めないんです・・・バンドの The Drifting Cowboys  のメンバーは何だかほとんどかかわってこないし、同時代のカントリースター達とのステージ上での音楽的な関わり(やりとり)とかもう少しあってもよかったのではないかなぁ。まあ Hank Williams の時代に生きてハンクとかかわった人達がほとんど故人になってしまっていることも制作する上で支障になっているのかもなあ・・・・と考えたりして。 私は過去に日本で発売された「ハンク・ウィりアムス物語」という本を2回読んだことがあるのですが、そういう基礎知識があったとしてもあまり面白くなかった。ましてやカントリー・ミュージックについて知識のない人にはストーリーが掴めない物語になるんでしょうきっと。 実際、ある若い人がこの映画を見た感想のコメントが載っているのを見ましたが、ただただ眠たかった・・・みたいな感想を述べていました。私もそれを感じました、いっそ音楽に焦点を置いて楽しませてくれた方がよかったのにな・・・・私の好きなHank Snowが何らかの形で出てきてくれるといいな・・・と思っていましたが、それもなし。 
救いは、ハンク・ウィりアムス役が歌う唄が上手だということです。 
自分が感動したら全く門外漢の人にもお奨めしようと思っていましたがそれはなくなりました。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« スリーHanks の時代 | トップ | ボブ・ディランがノーベル文学賞 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
>>正直なところ私自身は物足らなかった…… (凸椪)
2016-10-13 18:01:24
そうでしたか??私はまだ観に行っていないのですが、作品のタイトルや題材からして、あまり過大な期待はしないことにします。過日、某イベントでハンクのフォロワーと(言っても差支えない)有名歌手が試写会で観て、舞台上からオウディエンスに向かって作品の賞賛と推奨をしておりました。そのことを“鵜呑みにして”劇場へ足を運んだC&Wファンはどのような感想を持つかは千差万別でしょうが、音楽的には楽しめる部面もあるようなので、それだけを楽しみにしていることにします。
ご承知のようにハンクの自伝映画は、50年以上前、ハンクの死後間もないころに、YOUR CHEATIN' HEART なるタイトルで製作されたものをテレビ放映時に視ました。同作品でもかなりの創作が行われたようで、Drifting Cowboys はベースにギター、それに加えてドラムスと男女コーラスという無茶苦茶ぶり。ストーリー的には(ほぼ)事実に即していたものの、音楽場面では興醒めしたのは否めない内容でした。
カラー化されたリメイクで新作となる今回は期待も大きかったのですが、あまり客の入りも予想通りのようで…。
古いハンクの自伝映画 (ハンク秋山)
2016-10-20 08:40:12
凸木並さん返信がおそくなりました、いつも有難うございます。 Hank Williams の昔の自伝映画「Your Cheatin’Heart」を見られたのですね、見た人は少ないのではないでしょうか。レンタルビデオであったようですが私は未だに未見です・・・・音楽ファンとしては一流歌手を目指しての苦労とかバンドメンバーとのやりとり、ほかのカントリー歌手との関係とかに興味があるのであって男女のいざかいとかは抑え気味でもよいと思うんですけどね。それに子供時代に黒人ストリートミュージシャンのティートットにギターや唄を教わる回想シーンなどもあったらよかったのにと思います

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL