メイキング・オブ・マイマイ新子

映画「マイマイ新子と千年の魔法」の監督・片渕須直が語る作品の裏側。

訂正が入りました。

2009年12月04日 11時15分59秒 | mai-mai-making
●記憶違いを美術監督・上原さんが修整してくれました。

「有井商店」は、レイアウト段階で画面構成・浦谷さんが「上原商店」としていたのでした。
それを回された美術・上原さんが、自分の名前はさすがに・・・・・・、と、大阪に住む『ブラック・ラグーン』ファンであるご友人「竹本さん」のお名前を借りて描いた、というのが真相でした。

謹んで訂正いたします。大阪の竹本さん、ごめんなさい。
『マイマイ新子と千年の魔法』をご覧下さったそうでありがとうございます。

どうも、スタッフの誰かの名前が絡んでたはず、という自分の記憶の混線でした。


●もうひとつ。
これは付け足し。
石川山子さんは、貴伊子の庭の花々を描くために、その花の実物をすべて買ってきて、丹念にスケッチするところからはじめて、あの背景を描かれたそうです。
「赤字もいいところですよ」と、上原さん。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アフレコ第2日目(後編) | トップ | 『マイマイ新子と千年の魔法... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む