関東学院小学校 オリブの若木

関東学院小学校オリブの会のブログです。「あなたの子供たちは食卓を囲んでオリブの若木のようである。」(詩編 128:3)

2016年度 卒業生を送る会

2017-03-07 11:30:57 | 行事
2016年3月4日小学校グラウンドにおいて、2016年度卒業生を送る会を開催しました。
 
日本建築家協会(JIA)神奈川の建築家の先生方を講師にお招きしての、角材と輪ゴムだけで建物を作る子供空間ワーク・建築体験は今回で7回目になります。
 
卒業を目前にした6年生達が数チームに分かれ、どのような建物を作るかのディスカッションを経て、建築家の先生に基本構造の造り方を教わりパーツを作り、それらを組み上げて形になって行くのですが、チーム毎に特徴の異なる建物が出来上がりました。


建物のパーツが次第に出来上がってきます。



2階部が塔のようになった建物



10角形(デカゴン)の形態と頂点の突起が特徴的です。
この建物についてのJIAの先生からの講評時に、色々な多角形の英語での呼び方のお話があり、その中で10角形はDecagonであると教わりました。



広くて窓のある建物



変則的かつ芸術性を感じさせる建物



この日1番の背の高い3階建ての建物


この後、建築体験の片付けが終わるとランチルームに移動し、おやじの会コヘレトの主導で焼きそば隊に志願されたお父様方が作ってくださったコヘレト焼きそばと、保護者の料理サークルであるみもれ会のお母様方が作ってくださった特製のみもれスープを、児童・JIAの先生方・教職員・保護者で感謝して分かち合いました。
 
卒業まで僅かですが、6年生の児童が卒業までの毎日を楽しみ、沢山の思い出を重ね巣立って行く事をオリブの会(保護者会)一同、心から願っております。

この記事をはてなブックマークに追加

【開催報告】2016年度第5回 みもれ会

2017-03-07 08:15:52 | みもれ会
≪ 日 時 ≫ 2017年2月27日(月)10:00~13:30
≪ 場 所 ≫ 小学校家庭科室
≪ 講 師 ≫ 恩田健司シェフ(関内 レストラン ラタトゥイユ)
       井上憲治シェフ(野毛 ブラッスリーピガール 他)
≪参加人数≫ 30名

☆みもれ会の2大巨匠、井上シェフ(左)と恩田シェフ(右)。
今年度最後のみもれ会は、この2大巨匠を講師にお招きして、年度の締めくくりに相応しい少し贅沢なメニューをご指導いただきました。


~~ 今月のメニュー ~~

◇ グリーンアスパラと小海老のタルタルソース ◇
フランスのことわざで「アスパラはお湯が沸いたら採りに行け」と言われるほど、畑から採りたての鮮度が高いほど味が良いそうです。アスパラの風味を生かした茹で方、海老のパサつかない茹で方など、いつもと違う仕上がりに。
大人も子供も大好きなタルタルソースは、作り置きも可能です。

◇ 豚肩ロースのソテー 茸ソース ◇
フライパン一つでできる本格的なメインデッシュ。
豚肩ロースには、3種類の茸をたっぷり用いたソースが相性抜群。リッチなソースも白ワインやレモンを使ってサッパリと、しまった味わいに。
付け合わせの新じゃがとベーコンのソテーも大人気です。

◇ ウフ アラ ネージュ ◇
「ウフ」は卵、「アラ ネージュ」は雪のような…という意味の真っ白なデザート。
卵白をしっかり泡立てるコツは、「肩に力を入れすぎず、たたくようなリズム感!」
根気強く大切に泡立てたメレンゲは、まるで愛情注いだ子供たちのよう…。



☆ シェフから教えていただく料理のポイントやアレンジ方法など、毎回、熱心にメモを取りながらご覧いただく会員のお母さま方。



☆☆ 今年度も一年間ありがとうございました。☆☆
今年度も新会員の方々にも多数ご参加いただき、皆様方のご理解ご協力のもと、怪我や事故もなく、学年を越えた交流の時を共に過ごすことが出来ましたことを感謝申し上げます。六年生の旅立ちの一歩を心よりお祝い申し上げますとともに、新年度も引き続き、みもれ会の活動をご支援くださいますようどうぞよろしくお願いいたします。

2016年度 みもれ会 部長 石川恵美里

この記事をはてなブックマークに追加

【開催報告】2016年度第7回 花の会エクレシア

2017-03-03 15:55:51 | 花の会エクレシア
2017年2月21日
小学校家庭科室におきまして、
講師の宮崎いずみ先生をお迎えし、2016年度7回目のエクレシアを開催いたしました。

今回が今年度最後のエクレシアとなりました。31名の会員の方にご参加いただきました。
今年度は新たな会員の方も沢山増え、和気あいあいとした雰囲気で楽しく活動をしてこれた事に感謝いたします。

本日のテーマはプリザーブドフラワーで作る
「イースターアレンジ」です。

イースターは、キリスト教の中でもクリスマスと共に一年を二分する代表的な行事です。
イエス様の復活をお祝いする日なので、お花もイースターカラーと呼ばれる黄色などの光のある、明るい色のお花を使いました。



ホワイトのベースに、お花をグルーガンでアレンジします。
そして、発泡スチロールで出来たタマゴ一面にイエローのアジサイの花びらを貼り付けた可愛いイースターエッグ、
毛糸でアレンジしたイースターエッグなどもグルーガンで貼り付け、バランスよくグリーンを散らしてリボンを付けて出来上がりです!
と、簡単そうに書いているのですが、タマゴに毛糸を貼り付けたり花びらを貼り付けたりする作業は結構大変でした…。

今年度最後という事もあり、そのまま家庭科室にて恒例のランチ会となりました。
食べ終わった後、1年生から6年生までのお母様方にエクレシアへの感想や、
こういう事をしてほしい、こんな事をオリブ祭でやったらどうか、などリクエスト等を発表していただきました。
このようなご意見を元に、また来年度からも保護者の方々にフラワーアレンジメントに触れていただき、
学校に来て子供達の様子を知っていただく機会を作ると共に、私達保護者も学校を通して奉仕が出来るような会になるよう、会員の皆様と一緒に盛り上げて行けたらと思います。
1年間ありがとうございました。

2016年度 花の会エクレシア
部長 田坂

この記事をはてなブックマークに追加

【開催報告】2016年度第4回 みもれ会

2017-02-21 13:01:34 | みもれ会
【日 時】2017年1月31日(月) 10:00~13:30
【場 所】小学校家庭科室
【講 師】恩田健司シェフ(関内 レストラン ラタトゥイユ)
     日下真里亜シェフ(横浜吉田町 ヨコハマ ココット)
     赤平龍生シェフ(同上)
【参加人数】23名

~~ 今月のメニュー ~~
今年度第4回のみもれ会は、酉年の新年にふさわしく「今年は鶏肉を食べよう!~鶏もも肉を2種類の食べ方で~」がテーマ。

◇ フライドチキンチーズ風味 中華風サラダを添えて ◇
1種類目の鶏肉料理は、お子様にも大人気のフライドチキン。カラッと揚げたてのフライドチキン、たっぷりのサラダと一緒にいただきサッパリと!簡単に作れてお弁当にも美味しくいただけそうです。

◇ 鶏もも肉のソテー 悪魔風 ◇
2種類目の鶏肉料理は、悪魔風ソテー。悪魔風と呼ぶ調理法には諸説あるようですが、表面をカリッと焼きあげて火を通した鶏を指すようです。今回は鷹の爪、カエンペッパー、ディジョンマスタードなど使い、最後にパセリとパン粉をまぶして焼き上げ、トマトソースとグリーンピースの付け合わせで色鮮やかに盛り付けました。

◇ ココットショコラ◇
かわいいココットでふんわり焼き上げるショコラ。市販の板チョコを使って手軽に作れるので、バレンタインデーにも喜ばれそうです。


☆ 揚げ上がりのタイミングをシェフから直接わかりやすくご指導いただきました。


☆ シェフを交えての試食タイム。校庭からの元気な子供たちの声にも負けず(?)、美味しい出来栄えに歓声が沸きます。


☆ 「おそうざいフランス料理~レストランの味をあなたの食卓に~」
美味しく食べて身体に優しい、親しみやすい材料で簡単にお家で作れるフランス料理をメインテーマに恩田シェフと真里亜シェフ、赤平シェフが丁寧にわかりやすく基本から教えてくださいました。


☆☆ 次回みもれ会のご案内 ☆☆
2月27日(月)10:00~ 小学校家庭科室にて開催いたします。
今年度最後のみもれ会は、最後にふさわしい特別な料理を教えていただく予定です。
たくさんの皆様のご参加を心よりお待ちしております。
2016年度 みもれ会 部長 石川恵美里

この記事をはてなブックマークに追加

【開催報告】2016年度第6回 花の会エクレシア

2017-01-27 13:21:44 | 花の会エクレシア
2017年1月17日 小学校家庭科室におきまして、
講師の宮崎いずみ先生をお迎えし、2016年度6回目のエクレシアを開催いたしました。

新年になって初めてのエクレシアでしたが、30名もの会員の方々がご参加くださいました。
毎回沢山の方にご理解とご協力を頂いて会が開ける事に感謝致します。

今回のテーマは、
「バスケットアレンジ〜生花と球根のアレンジ」

久々に、生花のアレンジメントです。

今回は球根のお花をテーマに使っており、バスケットの半分に生花を、半分に球根を植えます。
生花のアレンジを楽しみながら球根の成長を見守る、春を待つアレンジとなっています。

まずは白いバスケットの半分にビニールを引いて、そこにオアシスをセットします。
使うお花は、チューリップやスイートピー、ガーベラなどで、ピンクやオレンジの春らしい色合いです。
お花は色のバランスや形を見ながらオアシスに挿していきます。
次に球根です。
球根は、水に浸したミズゴケで巻くようにしてビニール袋に入れてからバスケットの半分にセットします。
生花のアレンジだけでもとても華やかですが、そこに球根が入る事によって可愛らしさが加わりました。
球根のお花が咲く前に生花が終わってしまった場合は、オアシスごと抜いてガーデンシクラメンなどの鉢を飾っても可愛いそうです。

今年度のエクレシアも、残すところあと一回です。
次回は2月21日(火)、イースターのブリザードフラワーのアレンジです。

2016年度 花の会エクレシア
部長 田坂

この記事をはてなブックマークに追加

【開催報告】2016年度第8回 聖書をひもとく集い

2017-01-24 14:43:00 | 聖書をひもとく集い
日時:2017年1月17日火曜日
参加者:20名
讃美歌:「こころの緒琴に」
奏楽:武藤さん


今週の学びのひと時は、讃美も聖書も「神の導き」がテーマとなりました。

讃美歌「こころの緒琴(おごと)に」には、おり返し部分を含め、「平和」という言葉が何度か出てきます。
今年は日本も、決して他人事とは思わず、気を引き締めてこの平和を守らねばならない年になりそうです。
「平和の計画であって災いの計画ではない。」(エレミア書)と主は言われます。
主のみ言葉を尊ぶ方達に幸いがありますように。

今日の聖書は、「夢を解くヨセフ」(創世記)でした。
ヤコブは多くの息子達の中で、ヨセフを一番にかわいがっていましたが、それを快く思わない兄達は、
「兄さん達が私にひれ伏す夢を見ましたよ」というヨセフの夢の告白にますます憎しみを募らせ、
ヨセフをエジプト商人に売り渡します。

その後ヨセフは、何年間も不当に扱われ、濡れ衣も着せられ、くじけず生きていくにはあまりにも辛い日々を送ります。

後に神様の導きにより、王の次に偉い地位を得たヨセフは、兄達と再会します。
兄達はヨセフの仕返しを恐れ震えあがりますが、
ヨセフはすべて神の思し召しであると、兄達を許すのです。

ときに神様のみ業は思いがけなく、自分にとり良い事も悪い事もおきます。
しかしこのヨセフは、「神様の良い計画」を信じ、くじけず、正しい人であるよう努めました。
過去の忌まわしい出来事も、全てここにつながっていたのかと、感謝することができたのです。

このヨセフから千年以上のち、全き正しい人でありながら不当な罰を受け、神を恨まず、かえって世の人々の幸せを祈ってくださった方が生まれます…

この世の私たちは、イエス様を通して、神様の愛のご計画を知ることができました。


「わが子よ、主の鍛錬を軽んじてはならない。
主は愛する者を鍛え、子として受け入れる者を皆、鞭打たれるからである。
鍛え上げられた人々に、義という平和に満ちた実を結ばせる。」
(ヘブライ人への手紙 12)


次回は、2月7日火曜日です。

この記事をはてなブックマークに追加

【開催報告】2016年度第5回 花の会エクレシア

2017-01-13 10:05:53 | 花の会エクレシア
2016年12月20日小学校家庭科室におきまして、
講師の宮崎いずみ先生をお迎えし、
2016年度の5回目となる花の会エクレシアを開催いたしました。

エクレシアの日は何故かいつも雨が多いのですが、今回はお天気も良く、26名の方がご参加下さいました。

今回のテーマは「お正月アレンジ」

毎年この時期は、新年を迎える為のお正月飾りを作成致します。
今年のアレンジもとっても可愛いプリザーブドフラワーのお正月飾りでした‼︎

金の盃型のボウルにサハラを固定し、和風の布の端をほつれないようにボンドで処理します。
色とりどりのピンポンマム、可愛らしい小菊、ちりめんの布で作られた手毬にワイヤーをさし、先程の布をあしらったサハラに色のバランスを見ながらまあるくアレンジをしていきます。
お正月らしい、松や水引、扇を皆さんそれぞれのセンスで飾り付けて出来上がりです。

この日は子供達が短縮授業という事もあり、ちょっぴり短い時間での作業でした。
いつもお花をさわっている時間はあっと言う間に感じますが、今回はいつもよりちょっと集中してキュッと短時間で濃縮した時間を過ごせました。

皆さんご自分で作られたアレンジメントを飾ってきっと素敵なお正月を迎えられた事でしょう。

次回は、1月17日、少し早い春の訪れを感じる生花のアレンジメントです。

2016年度 花の会エクレシア
部長 田坂

この記事をはてなブックマークに追加

【開催報告】2016年度 みもれ会クリスマス会食

2017-01-13 09:52:16 | みもれ会
12月2日(金)、横浜のホテルプラム内「Tobago」にて、
35名の保護者の皆様がクリスマス会食ご参加くださいました。

この日はみもれ会貸し切りで開催され、みもれ会のための特別クリスマスコースでおもてなしをしてくださいました。



~~ メニュー ~~

☆ 新鮮海の幸マリネと聖護院蕪のラヴィオリ仕立て 
天使の髪のパスタ飾り 
ミントと柑橘類のヴィネグレット


☆ 渡り蟹のカップチーノ仕立て
サフランの香り


☆ イベリコ豚の背肉のロティ森のキノコと北海道産白わさびソース
金時芋のマッシュと旬の彩り温野菜添え


☆ クレームダンジュと洋ナシのコンポート
キャラメルアイスクリーム



クリスマスムード溢れるホテル内と白を基調とした明るく広いレストランにて、この一年間を振り返りながら美味しく楽しいクリスマス会食の時をご一緒することができました。
調理を通して交流も深まった各講習会やオリブ祭のためのパウンドケーキ製作、本年も皆様にご理解とご協力をいただき、無事にこれまでの活動を無事に行えましたことを感謝申し上げます。

☆☆ 次回は、1月31日(火)10:00~ 小学校家庭科室にて開催いたします。
初めての方もどうぞお気軽にご参加ください。皆様のご参加をお待ちしております。

2016年度 みもれ会 部長 石川恵美里


この記事をはてなブックマークに追加

【開催報告】2016年度第4回 花の会エクレシア

2016-12-14 11:43:00 | 花の会エクレシア
開催日: 2016年11月21日・22日
開催場所: 小学校家庭科室

講師の宮崎いずみ先生をお迎えし、2016年度4回目となるエクレシアを開催いたしました。

11月に入り、街中のショーウィンドウにクリスマスの飾り付けが施され、華やかな雰囲気が漂い始める頃、エクレシアでも毎年恒例のクリスマスリース講習会が開かれました。エクレシア会員外の方のお申込みも多く、2日間で、50名の方にご参加いただき賑やかに開催されました。



今回は、赤と緑と白のオーソドックスなChristmas wreathです。
会の始めのお祈りのあと、この三色には、それぞれ意味があると宮崎先生に教えていただきました。
「赤」はイエス様が十字架で流した血の色から「愛と寛大さ」
「緑」は真冬でも枯れずに、葉を茂らす常緑樹から「永遠の命」
「白」は「純潔」です。

始めに、ワイヤーリースにオレゴンのモミをメインに、スギやブルーアイス、ブルーバードなどのグリーンを切り口を隠しながら同じ方向に重ねて、ワイヤーでしっかり巻き付けていきます。リボンとふわふわの白い毛糸、姫りんごや可愛らしい小人のオーナメントなどを飾って仕上げます。
リース作りは初めてという方も多くいらっしゃいましたが、宮崎先生の丁寧なご指導のもと、香りの良い素敵なクリスマスリースを作りあげました。ご参加いただいた皆さんと共にクリスマスの準備をし、楽しいひと時を過ごせましたことを感謝いたします。

次回は、お正月のアレンジメント講習を12月20日火曜日に開催予定です。
エクレシアでは、一年を通して体験、入会を受付けています。

2016年度 花の会エクレシア 部長 田坂

この記事をはてなブックマークに追加

【開催報告】2016年度第3回 みもれ会

2016-10-11 09:39:34 | みもれ会
≪ 日 時 ≫ 2016年9月26日(月) 10:00~13:30
≪ 場 所 ≫ 小学校家庭科室
≪ 講 師 ≫ 井上憲治シェフ(野毛 ブラッスリーピガール 他2店)
       山田シェフ(同上)
≪参加人数≫ 35名

~~ 今月のメニュー ~~
今年度第3回のみもれ会は、「秋の味覚」がテーマ。

◇ 米ナスと秋鮭のソテー薬味加減酢◇
米ナスのとろける食感に秋鮭がピッタリと合い、万能の薬味加減酢がさらにうまみを引き出します。

◇ チキンソテー、茸ごはん添え、カレークリームソース◇
茸たっぷりの贅沢なごはんに、パリッとこんがり焼きあがったジューシーなチキン、さらにこくうまのカレークリームソース。いつもの材料がレストランの味に大変身!

◇ 豆腐のティラミス◇
ほんのりと豆腐の風味を生かしたヘルシーデザート。黒蜜と相性バッチリ!



☆ レストランの秘密(?)のテクニックが目の前で!お母さま方も真剣釘付けです。



☆ デモンストレーションが終わると各グループでの調理スタート!
シェフからのアドバイスでワンランクアップの出来栄えです。


魅力溢れるシェフお二人をお迎えし、調理を通して学年やクラスを越えた会員の方々の交流も深まります。次回もどのようなみもれ会になるか期待が高まるとともに、このような時間を共に過ごせますことに感謝申し上げます。

☆☆ 10月29(土)オリブ祭では、毎年大好評みもれ会特製お母さま方の手作りパウンドケーキ(プレーン、キャラメル、フルーツ、紅茶の4種)とルワンダコーヒーの販売を行います。パウンドケーキの売り上げは学校に寄付、ルワンダコーヒーの売り上げはルワンダで活動されていらっしゃる佐々木先生への寄付とさせていただいております。
オリブ祭の楽しいひととき、皆様のお越しをお待ちしております。

2016年度 みもれ会 部長 石川恵美里



この記事をはてなブックマークに追加