goo

「夜のピクニック」恩田陸の感想

本屋大賞受賞作というので読んでみた。おもしろかった。本屋大賞の受賞作は引き込まれて読めるので好きだ。
青春だな。僕が高校生の時に読みたかったと思う。
本の中の青春のさりげない楽しさに対して僕のことを想いつらくなって来た。
でも僕も今しか出来ないことをやろうと思った。もう遅いかもしれない、でも走れば間に合うかもしれない。
今しか出来ないことをやろう。
そして話してみないとその人はなかなかわからないのだなと思った。
それにしてもこの本を僕は読んでいて話に引き込まれて行った。上手いと思う。
一日の行事をずっと書いて一冊分書いてしまう。すごい。
途中、僕の高校時代と比べてつらくなったところもあるけれど、悩みながら友達と付き合っていく。いいなと思う。
僕も今を大切に生きよう。話しかけてみよう。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« ブルース・ス... 小林麻央さん »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。