goo

Bruce Springsteen 「No Surrender」を聴いて思うこと

僕はがんの母の相手をするのが疲れてきた。
仕事の帰りに冷たい雨の中、自転車乗っていたら「No Surrender」が聴きたくなった。
もう逃げたい。そんな気持ちだった。
でも団地の僕の部屋でそれぞれの所に電話したら教えてくれたこともあり助かった。
そしてBruce Springsteen 「No Surrender」を聴いたら思った。
母の気持ちを大切にしよう。それだけは持っていよう。
No Retreat,No Surrender
そうだやれるんだ。これから家に帰ろう。お母さんにやさしくなろう。
コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )
« Bruce Springs... 近況報告 »
 
コメント
 
 
 
Unknown (ニャロメ)
2017-03-15 20:27:17
お辛いでしょうけど、お母様喜んでくれてると思います。
 
 
 
Unknown (ゆみこ)
2017-03-15 21:26:18
お母様にやさしくするのは、大変な時には大変なことだと思います。
子供は親に対して甘えがありますから、最後まで甘えてしまうのです。
これが自分の子供だったらこうはいかないです。
私が最後に気ずいたことでした。

ですが、親は子供に迷惑をかけたくないと思っています。
自分の後悔がないようにと、最後は自分のためと思って
も良いと思います。そこは甘えて・・
後悔と罪悪感が一番あとでこたえます。
状況がわからないのですが、私も後悔がないように体験を書かせていただきました。
心穏やかに過ごせますよう・・
お祈りしています。
 
 
 
Unknown (kantenbou)
2017-03-16 13:42:09
ニャロメさん
ありがとうございます。母の気持ちを一番大切にしていこうと思います。頑張ります。
 
 
 
Unknown (kantenbou)
2017-03-16 13:47:44
ゆみこさん
ありがとうございます。母のためでもあるけれど僕のために親孝行します。一生懸命やります。
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。