goo

明日は北東気流により曇りの予想

このブログのタイトルになっている北東気流。
今日の天気予報を見たら明日は北東気流が関東地方、東北地方南部の太平洋側、福島県、茨城県、千葉県などで吹き、
その地域では曇りになる予想です。
少し天気図が分かってくると、この北東気流に出会います。
天気図上では移動性高気圧が日本列島上に張りりだして晴れるように見えても、
その高気圧の中心が北の方、日本海にあると高気圧周辺では時計回りに風が吹くので、
太平洋側では三陸、茨城県沖からの北東の冷えた湿った海風が流入して曇り、小雨の降る天気になります。
天気予報でも晴れると予想していても曇りの天気になることがあります。
それが明日の天気予報です。

僕の母は洗濯が好きで洗濯した物を2階のベランダに干していました。
僕はそんな母を見てきたのですが、
母が洗濯物を持って2階に上がって来て干そうとしても曇っていると、
不満そうに天気予報で晴れると言っていたのにと言っていました。
僕も疑問に思っていました。
それが北東気流でした。
僕はそういうところから天気、気象に興味を持ち始めました。
だから僕が気象に興味を持って気象予報士になったのも母のおかげです。

僕も高校生の頃から地上天気図を自分で描き始めて、天気予報では晴れる予想が、僕は北東気流を予想して実際に曇ると
僕の予想が当たったと喜んだものでした。
そんな僕にとって身近な気圧配置です。
でもその逆もあって北東気流で曇る予想に反して晴れてしまうこともあります。
なかなか天気の予想は今でも難しいようです。
そういう北東気流です。
さて明日は天気予報通りに曇るか、それとも予想に反して晴れるか、楽しみです。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 母の赦し(ゆ... 心のふれあい... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。