goo

ブルース・スプリングスティーン「ヒラリー・クリントンの選挙演説集会」で演奏

ブルース・スプリングスティーンがヒラリー・クリントンの選挙演説集会で演奏した。
僕はヒラリーが嫌いでブルースに演奏しないで欲しかったのだけど、演奏するなら観ようと思い、観た。
THUNDER ROAD,LONG WALK HOME,DANCING IN THE DARK
をアコースティック・ギターで一人で弾き語りをした。
THUDER ROADはいつもの通りよかった。
そして次の LONG WALK HOME がよかった。
ブルースが重要な歌詞
Who We are,What we will do,and What We won't
をしっかり前を見てかみしめるように言った。僕はじーんと涙ぐんだ。
最後 DANCING IN THE DARK
うっ屈した僕の感情を代弁してくれているように感じた。
こころ温まる、そして熱いアコースティック・セットだった。

でもボンジョビとブルースがそれぞれアコースティツクで歌ったのだけど、
正面のメインステージではなく後方の向かいのステージで演奏した。
僕は冷遇されていると感じた。ミュージシャンの立場はこれ位かなと思いさみしかった。
その後のオバマ氏やクリントン氏の演説に僕は騒ぎに乗れず違和感を感じた。
僕はどうもアメリカでも日本でも何か格差が広がり、一つの理想に向かうつながりは無くなってきているのかなと感じました。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« LIVE Stream: ... トランプ大統... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。