goo

ブルース・スプリングスティーンがヒラリー・クリントンの集会に参加することに

アメリカ大統領選挙、僕はトランプ氏はとんでもない人で、とても大統領には向いていないと思う。
でもそのトランプ氏が既存の政治を批判することで支持を得て大統領選挙に勝つかもしれないという。
そこで今まで沈黙していたブルース・スプリングスティーンがヒラリー氏の大統領選挙演説集会の最終日に参加して演奏する予定だというニュースが僕にも入って来た。

僕はヒラリーが嫌いだ。
僕は彼女の政策は読んでいないのでよく分からないが、この前のテレビ討論会1回目をBS放送で英語放送を見た。
僕の乏しい英語力ではほとんど言葉の内容は分からなかった。
でも僕はヒラリー氏の人を馬鹿にした嘲笑、ニタニタ笑いがとても嫌だった。
トランプ氏に向けての嘲笑だったのだが、僕はこんな人を馬鹿にした笑いをする人に嫌悪を覚えた。
そして僕にとってのヒラリー氏のイメージは工場の偉い人、工場長、ボスのイメージがある。
それはブルース・スプリングスティーンが今までの曲で歌ってきた、
何とか必死に働いている自分を落とし込む、こき使う上役のイメージなのだ。
僕にとってはヒラリーはそういうイメージでとても労働者の気持ちを代弁する人とは思えない。
逆に使用者側、経営者側のお偉いさんだ。

ところがこの前、NHKかTBSか忘れてしまったが、報道番組で「Youngstown」という場所を取材していた。
ここはブルース・スプリングスティーンがアルバム「the ghost of tom joad」で「Youngstown」という曲を歌っている。
その街は製鉄所のある街だったのだが製鉄所が閉鎖してしまい、そこに働く人は失業してしまったという。
そしてその街の一人の人はトランプ氏に投票すると話していた。
今までは労働者、ブルーカラーワーカー、労働組合は民主党支持とだいたい決まっていた。
それがどうしようもなくて、トランプ氏が何とかしてくれるのではと思いトランプ氏に投票すると言う。
そういう人たち、いわゆるスプリングスティーンが好きな人たちもトランプ支持に周っているようだ。
それをトランプ氏が取り込んでいるらしい。

そして最新の世論調査でも、もしかしたらトランプ氏が勝利するかもしれないという話も出て来たようだ。
そこでブルースも行動に出たのだと僕は思っている。
過去のケリー候補、オバマ大統領の時とは違うのだと僕は思う。
僕はブルース・スプリングスティーンにヒラリーの為には歌って欲しくない。
でも僕はやむにやまれずブルースはヒラリーの集会最終日に参加するのだと思う。
ブルース・スプリングスティーンは自分の信じることに愚直に進んでいく。そんなイメージが僕にはあります。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 茜浜 LIVE Stream: ... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。