KANTAROOO Blog

某てれび局のCGデザイナーを引退した かんたろの日々
心にわきおこる興味をお届けします。

マグリットの絵のような

2017-01-29 | 毎日のカケラ
家は山間の谷にあるので、どこに行くにも山を越えないといけません。

夕方に山を越えてあっち側にある大型スーパーへ買い物に行って帰ってくる頃、あっち側はまだ夕焼けなのに、山から下ってくると谷の町はすでに夜になっています。

そんな帰りの山道に かんたろが楽しみにしているポイントがあります。
昼間はイチョウ並木の林道で、秋のロシアとかドイツを思いながら突っ切るのによい近道ですが、夜は灯がありません。
林道の入り口付近にぽつんとある灯り。
林道を通り抜けた先にある民家やマンションの灯りが林の間から見えるのがノスタルジックでたまらなく好きです。


マグリットの絵のような
実際に見ると静かな寂しい。でも林のあちら側は暖かい家庭があるヨーロッパの風景に感じるのですが、カメラで撮るとただLED街灯が白く目立っているだけの画像に撮れてしまい、少し残念。

この谷の町は昔、都会に住んでいた人に面積の大きな平屋と広い庭付きの不動産として
「都会に近い別荘地(軽井沢)」で売り出されました。
至ることろに軽井沢的な要素は確かに今も残ります。
満足して暮らしていた裕福な土地の持ち主が亡くなって、広い土地にかかる相続税を払えず売りにでて、それを大手が買い取り敷地を3、4つに分けて家を建てて販売されてゆきます。
そんなわけで、昔は一軒の趣のある家が建っていた場所に、小さくて陽当たりも悪く窮屈そうな家が沢山建ちました。
ちいさな家のちいさな駐車場に大きなファミリー車を停めて 別荘地や軽井沢とは無縁に暮らしています。

静かな別荘地のイメージから 普通の住宅地へと少しづつ変わってきています。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 1月28日(土)のつぶやき | トップ | 1月29日(日)のつぶやき »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

毎日のカケラ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。