KANTAROOO Blog

某てれび局のCGデザイナーを引退した かんたろの日々
心にわきおこる興味をお届けします。

12種類の枝と落ち葉のモビール

2013-01-28 | Product 
お待ちどうさまでした~ ^^
2012年の相模原公園 秋展示でかんたろが作った組み立て式のモビール
撮影をしなおしました画像公開いたします!
モビールのようでいてモビールでないようなモビール。そう呼んでいた大型のモビール達です。

相模原公園の秋のイベントではデザイナーの五十嵐桂さんと展示をいたしました。
公園に実際に植わっている秋に見頃になる木を12種類選んで 木の枝と落ち葉をモビールにしたものです。
かんたろが公園にある木の枝と落ち葉をモチーフに 五十嵐さんが同じく落ち葉と動物たちをモチーフで
それぞれ独自のモビールを作り合作した展示でした。

展示室がとにかく広くて天井も高くて5、6Mほどあり、4M以上の脚立に乗ってセッティングしたのは初めての経験です。
ですからこの組み立て式モビールはとても大きく作られています。

おっとっと、前置きが長くなってしまいました^^
ではでは ごらんいただきましようね。



ホオノキ
一番大きいものはホオノキでした。
茎からスパイラル状に葉がつく植物で上を向いて堂々としているのが特徴です。
葉はA4より少しおおきいぐらいの紙サイズで作ってあります。



トチノキ
天狗のもつうちわのような葉です
小葉とよばれる5つ~9つにわかれる形状をしていて
とても美しい均整のとれたプロポーションです。



ユリノキ
小葉が4つのとても面白い形ですからすぐ覚えられます。
特別なデザートででてくるキャラメルのかかったおいしいスイーツのような
そんな気持ちを感じながら制作したのが忘れられません。 



コナラ
都会にもコナラは生えています
秋にどんぐりがたくさん落ちているところを見上げたら きっとコナラにであえるでしょう。
葉裏が白っぽいのでコントラストが美しい葉ですが、秋は飴色に変化してこれまた美しい様子が見れます。



イチョウ
これはみなさんご存知ですね。
そう、銀杏のなる木 イチョウです。
秋のイチョウ並木は圧巻ですよね 晩秋を感じます。



ハルニレ
ハルニレの葉は左右対称ではありません。
片方は少しひっぱられて、ちょっとくるっとした格好になっています。
アイヌの神話にもでてくるハルニレは寒い地方でも生きてゆける力強さを感じます。



ヤマボウシ
葉裏は葉脈にそっにふわっ毛が生えています(笑)かわいい。
真っ赤になったヤマボウシの葉は燃えてるみたいに見えます。
花は街路樹としてうえるハナミズキににていますがヤマボウシは実がついて とてもおいしいです。



クヌギ
ブナ科の植物で関東では多くみられます。
少し長細い葉はペカペカとしていますが 触ると案外ざらざらしていて、洋紙質です。
葉の縁はギザギザというよりちくちくして痛そうですね。^^



トウカエデ
トウカエデのトウとは唐だといわれています。
中国からきたのでしょうかね?
アヒルの足跡のような葉っぱ こんなにかわいいんですよ^^



イヌシデ
葉の表面に光沢がなくうっすら毛が生えています、のこぎり刃のような葉が特徴です。
黄色、赤に紅葉が美しいです。



カツラ
丸くて小さくハート型の葉がたくさんつきます。
紅葉は黄色から茶色へ
公園の遊佐さんに教えてもらいましたが、とても良い香りがするそうです
一度匂いを感じてみたい!



イタヤカエデ
樹液を煮詰めるとメイプルシロップがとれる木です。
深い緑色から黄色く紅葉するイタヤカエデの葉は、気品があります。

さ、これでおしまいです。
案外あっさりでしたか?
いえいえ。とんでもない!(笑)
家のリビングで撮影したんですが朝~夕方ぎりぎりの明るさで撮影をしましたので
お見せしたい画像はほんとはたくさんあるんですが
今日はここまでにいたします。

そしておまけの
★タネあかし

今回この12種類のモビールをつくるために
ちょっと変わった素材を使いました。
もうとっくに気がついてる方もいらっしゃると思いますが・・・


すべてのモビールの枝の表現として、ストローを使いました。
なぜストローなのか?というと
葉と枝を接続するストローは丸いので、微妙な葉の傾きや方向を表現できると考えたのです。
ただまっすぐ平面的に組み立てるのではなく 奥行表現ができる点に着目しました。

ですが、作ろうとしているモビールはとても巨大でストローの強度が心配でした。
それにもう一つは
ストローを使った作品を作ったことがなかったので何度も何度も強度の実験を重ね時間を使ってしまいました。
一口にストローといってもいろんな種類や太さがあり、作っている会社によっても強度や色、質感も違います。
また、ストローに合う2~3週間の湿気にもビクともしない接続パーツを作るのもかんたろにとってはとても大変でした。

たくさんの試作や実験を経て 岡山にある老舗のストローメーカーさん
中備化工有限会社ストロー工房のストローを使うことにしました。
なぜ中備さんのストローでなくてはいけなかったのかと申しますと
まず一番に強度、それから発色が決め手でした
葉っぱ用の紙色と合わせられる発色の美しい外国製のようなストローはぴかぴか光って
とてもきれいだったのです。

ストロー会社のスタッフさんにいろいろわがままを言ってストローを分けていただきました。
中備さんのストローでないと作りあげることはできませんでした。
素晴らしい素材をほんとにありがとうございました。^^
この場を借りて感謝申し上げます。



『クラフト』 ジャンルのランキング
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 1月27日(日)のつぶやき | トップ | 1月28日(月)のつぶやき »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こちらでははじめまして^_^ (すずめ7037)
2013-01-29 00:03:38
綺麗なモビール拝見しました☆
どれも空から今まさに舞いおりて来るかのような美しさですね。
下から見上げたら思わず大きな樹を探してしまいそう。
小枝の部分、曲がり具合も色あいもすごくしっくり来てて素敵。

いいもの見せていただきました!
幸せな気分です(*^_^*)
ひゃ~ (マキ)
2013-01-29 20:15:52
何と!一体、ストローの何をアレしてソレにしたら、
コレになるのか、全くさっぱりわかりませんでした!(笑)

単品で見てもかなり個性がある色使いとデザインなのに、
一緒に置いてあっても調和してるのが素敵ですね。
個人的にはホオノキの色味と落ち着きがたまりませんなあ…。

TVの取材の記事を見てから、以前に書いてらした
著作権の人が必然的に問題になってくるのでは…と
思いましたが、思わぬ展開に手に汗握って読んでおりました。本当にお疲れ様でございます。
Re:こちらでははじめまして^_^ (kantarooo)
2013-02-04 13:34:21
すずめさんいつもツイッターで楽しいつぶやきをありがとうです!
秋の展示の「モビールのようでいてモビールでないモビール」やっと公開することができました。
なにせ奴らは大きくて、普通のお家で飾る&撮影なんて至難の技でした。
ほんとに大変な撮影となりました。
でも見て喜んでいただければ苦労も報われます~ ありがとうございます!
Re:ひゃ~ (kantarooo)
2013-02-04 13:46:36
マキさん驚いてくれましたか!
(マキさんを驚かせるのに成功したのが最高に嬉しい!笑)
ストローを接続しただけだと構造的に凄く弱いシロモノであの姿をキープすることが3日と持続しません。
ましてや空調の風なども考慮すると一日保たないかも…
そこが今回難しかったです。

てれび出演の件や著作権問題の件、今年は1「月からゆっくりしよう計画」はなかなかうまくいかないですなー(^^)

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。