かんちゃんSr.のオヤジな日々

還暦を迎えました。興味のおもむくままに生きています。花柄とチェックを愛しているオヤジです。

娘は父に似る 往々にして

2017年05月15日 21時19分27秒 | 日記

全国公開の前に、最果タヒ原作『夜空はいつでも最高密度の青色だ』を鑑賞。
かつてのATG(アートシアターギルド)映画を彷彿とさせるテイスト。

悩めるユースを演じることにおいて第一人者・池松壮亮は置いといて。
映画デビュー 石橋静河、男前な堂々とした女優ぶりだった。姿勢がいい。
母は、僕の青春時代のナチュラル女優 原田美枝子だ。横顔は母に似ているが、正面からだと、父・石橋凌の顔だ。

詩集がどうやって映画化されるのか?場面の転換部に、石橋静河さんによる詩の朗読が入るのだ。

それから...
もし読んでたら怒るだろうが、僕の娘も父似です。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 永遠の定番プログラム | トップ | OEM »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL