かんちゃんSr.のオヤジな日々

還暦を迎えました。興味のおもむくままに生きています。花柄とチェックを愛しているオヤジです。

ドトールで最果タヒ

2016年10月29日 18時01分12秒 | 日記

少年期、僕が親しんだ詩人たちは、おじいさんになるか、鬼籍の人になってしまった。
最近、妹から教えてもらった最果タヒ、若いがちゃんと暗い、と評判。僕の子ども世代の詩人だが、その言葉が胸に刺さる。哲学はしたことはないが、哲学の域または、禅問答テイストも匂わす新しい詩なのだ。

死者は星になる。
だから、きみが死んだ時ほど、
夜空は美しいのだろうし、
ぼくはそれを少しだけ、期待している。
きみが好きです。
死ぬこともあるのだという、
その事実がとても好きです。
「望遠鏡の詩」の一部

文庫化されている詩集もあるが、どの書店でも在庫切れ。川越のヴィレヴァンでやっと、最新詩集を入手した。
贅沢な休日の時間、を気取っているわけではない。本屋からの帰途、ドトールで読んでいます。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 100本目は湊かなえ | トップ | 夏の疲れ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL