かんちゃんSr.のオヤジな日々

還暦を迎えました。興味のおもむくままに生きています。花柄とチェックを愛しているオヤジです。

タイトルは家族の苗字

2017年03月05日 23時02分06秒 | 日記


時代は1958年。
その夫婦が出会ったバージニア州では、異人種間の婚姻は法律で禁じられていた。
そこで、法の縛りがないワシントンDCで結ばれバージニアに戻る。だが保安官に見つかり、執行猶予付きながら、法の裁きを受ける。25年を宣告された猶予期間で、夫は妻子を守り、母は子を守るためたたかいつづける。
結婚14年後、妻が時の司法長官 R.ケネディに直訴したことを端緒に、異人種間の婚姻禁止は違憲であることが、最高裁で認められるのだ。

単なるあらすじ日記になったが、
実直なレンガ職人である家長が、離婚か刑務所かを迫られ、即時に妻を守る道を選んだ時、自分自身と照らし合わせ、深く胸の痛みを感じたのだ。

(東京では、日比谷のTOHOシネマズシャンテで単館上映)

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アーバンパークライン | トップ | 伝統職人ファースト »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL