かんちゃんSr.のオヤジな日々

還暦を迎えました。興味のおもむくままに生きています。花柄とチェックを愛しているオヤジです。

何にも教えなかった

2016年10月18日 21時32分02秒 | 日記

通勤途中に、ユーミンを聴きながら、別のことを考えていた。

1970年代、僕が10代の頃、諏訪 優、木島 始等の詩人・翻訳者を通じてアメリカのアレン・ギンズバーグ、ゲリー・スナイダー、遡ってリビングストン・ヒューズなどの詩人を知った。また韓国の抵抗の人 金芝河の詩を断片的に読んだりした。

その頃の年上のフォークシンガーやロッカーたちも、年少の僕らに色々教えてくれたように思う。
若かった僕も中年から高年になったが、その道すがら、年少者には何も教えて来なかったなあ。詩の文化は今、衰退しているのか否かも分からない、鈍感な還暦になっている。
これからでも遅くないかも知れないから、自分の心の琴線を揺らしたもの、書き留めたりしようか、と思った。

まあ、ここまで書いたこととは関係ないが..,
松任谷由実 Destiny 第2番の詩のドラマ性たるや、脱帽して脱毛してしまいます。
♫安いサンダルを履いてた〜 で終わるやつ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ライカのインスタント | トップ | N@NIMONO »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
最近の (のり平)
2016-10-19 17:57:37
詩人界の若きスターは、最果タヒ。
86年生まれの女性です。
突き抜けてる (かんちゃんSr.)
2016-10-20 19:37:53
のり平さん
若い人の感性を採り入れることはできないが、新しい表現や、ユースの思いを知ることは、新鮮です。
最果タヒは、突き抜けている。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL