かんちゃんSr.のオヤジな日々

還暦を迎えました。興味のおもむくままに生きています。花柄とチェックを愛しているオヤジです。

ホット チリー

2017年10月12日 22時00分52秒 | 日記

心を鬼にして、と言ったら聞こえがいいが、家族だけの介護も限界となり、父を老人ホームに送った。介護施設の迎車には同乗したが、車に乗る前の父の表情が忘れられない。
最期まで肝が据わっていた母は、まさにGODであったが、伴侶を失った父の弱り方を目の当たりにしたのだ。
ホッとした気持ちよりも今更、罪悪感が勝るのはやりきれない。

日本・モンゴルの友好親善に、生涯を捧げている父の跡を、子はだれも継いでいないわけだが、こうなったら生活環境を整え、一日でも長く生きてもらいたいものだ。
川越を歩き、唐突に出現した激辛店の前を通った時、またもや父の顔を想起してしまった。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加