山里の四季・鹿野

山里の風景、趣味や日常の雑感を書く。

春分の日

2017年03月21日 | 日記
 昨3月20日は、お彼岸の中日・春分の日である。
暑さ寒さも彼岸まで・・・季節の節目を無事に越え、人は安堵する。
改めて、先祖の存在を想い、感謝し、供養に勤しむ。

 花の季節の到来の噂に惹かれ、先週末、笠戸島の国民宿舎・大城の桜見物へ出掛けました。
未だ、河津桜が残っているとの情報を当てにして。
友人Hさんを誘う。

 穏やかな春の海、あでやかに咲き誇る桜・・・島の春を体感しました。
河津桜は、満開は過ぎていましたが、何とか、楽しめました。
写真の数が多くなりますが、ご覧下さい。



  

  

「 花の香の 満ちてはるけき 瀬戸の海 」(詠み人知れず)

 次は、山桜(?)の一種でしようか。
河津桜とは雰囲気の違う桜です。

  


 20日は、彼岸の墓参りに出掛けました。
海運業を営み、生涯を全うした父は、海岸部のここに眠っている。
豊かな海に見守られながら・・・。



「 大海を 駆けし父なり 春彼岸 」(詠み人知れず)


 心洗われる春の彼岸の一日でした。 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 春愁 | トップ | 春光 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。