観察館日記

藤前干潟の庄内川河口部にある名古屋市野鳥観察館の日記帳です。

始まりは順調

2017-08-05 19:36:01 | 夏の藤前干潟

藤前干潟
今日の干潮時間10時40分 潮位 61cm
今日の満潮時間17時24分 潮位233cm

 

今日は、雨はほとんど降りませんでしたが、厚い雲に時々覆われたり、午後から南風が強く吹いたりしました。

 

庄内川河口の干潟には、今日も昨日の若いハヤブサが飛来し、シギ・チドリなどの他の鳥たちが飛び回る様子が見られましたが、ハヤブサが去ってしばらくすると、落ち着いて干潟で餌を探し始めました。

今日は、12羽のメダイチドリと、11羽のシロチドリを観察できたのがうれしいことでした。

シロチドリ(手前)とダイゼン(後方)↓。

キアシシギは、今日も護岸近くでカニなどを食べていました↓。

餌を探すアオアシシギ(ウミネコの後方)↓。

 

ダイゼンは白黒の夏羽(成鳥)の個体と、全身褐色の若い個体が混じっています↓。

 

潮が満ちてきて集まるアオアシシギの群れ↓。 

 

秋のシギ・チドリの渡りは始まったばかりですが、

今年の7月は昨年の7月に比べて、チュウシャクシギやダイゼン、ソリハシシギの飛来数がかなり多く、始まりは順調と感じています。

秋のシギ・チドリの渡りは、種によってばらつきがあるため、春の渡りと違って明確なピークがありませんが、

シギ・チドリの観察のおすすめは、まだ夏羽の姿が見られる9月半ば頃までです。

野鳥観察館では、9月半ばには「秋の野鳥イベント~藤前干潟でシギ・チドリを見よう!~」も行います。

ぜひ、シギ・チドリの季節を逃さないよう、藤前干潟へお越しください。

 

☆「秋の野鳥写真展~シギ・チドリ~&藤前干潟写真展」の展示作品を募集中(8月20日締切)詳細はこちら(PDF)

 

今日観察できた主な野鳥 カワウ320、ダイサギ43、コサギ15、アオサギ17、マガモ78、カルガモ380、ホシハジロ6、キンクロハジロ1、スズガモ15、ミサゴ6、トビ1、ハヤブサ1、コチドリ1、シロチドリ11、メダイチドリ12、ダイゼン39、ケリ7、アオアシシギ26、キアシシギ3、イソシギ2、ソリハシシギ39、オオソリハシシギ1、チュウシャクシギ20、ウミネコ71

 

明日の干潮時間11時18分 潮位 50cm
明日の満潮時間17時56分 潮位243cm

※明後日(8月7日(月))は休館日です。
明後日の干潮時間11時53分 潮位 42cm
明後日の満潮時間18時27分 潮位250cm

8日(火)の干潮時間12時26分 潮位 38cm
8日(火)の満潮時間18時57分 潮位255cm

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ハヤブサとチュウヒ | トップ | 今日もハヤブサが飛び回りま... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む