観察館日記

藤前干潟の庄内川河口部にある名古屋市野鳥観察館の日記帳です。

ダイシャクシギとトウネン

2017-05-19 18:57:48 | 春の藤前干潟

藤前干潟
今日の干潮時間 5時48分 潮位129cm
今日の満潮時間11時07分 潮位175cm

 

今日も昨日に引き続き、良く晴れ、堤防の上にいると暑いくらいでした。

屋外でのバードウォッチングには帽子や日焼け止め、水筒が欠かせない季節が早くもやってきました。

 

今日も潮が悪かったですが、庄内川の護岸近くの干潟には、昨日も飛来したダイシャクシギが午前中から近くで観察できました。(ダイシャクシギの写真は地元のHさんから提供いただきました。)

チュウシャクシギと並ぶと、そのからだの大きさ、くちばしの長さが際立っているのがわかります(左:ダイシャクシギ、右:チュウシャクシギ)。

昨日は「ホウロクシギではなく、ダイシャクシギのようだ」、とご報告しましたが、飛翔時に白色の翼下面と腰が見えたので、やはりダイシャクシギでした。今日もかなり活発に干潟を歩き回り、餌を探していました。

 

また、昨日よりも近くで観察できたのがトウネン。

満ち潮の時間帯に、護岸近くの沈みつつある岩の上で休息していました。 夏羽のトウネンはやはりきれいです。

潮がどんどん満ちてくるので、足元がどんどん狭くなっていきます・・・。

たまらず、近くの岩へ移動。 

その後もしばらくこの辺りで、休んでいました。

 

その後引き潮になり、再び干潟が現れ始めると、水際で餌を探していました。 (下の写真は地元のHさんから提供いただきました。)

 

この他、今日の干潟では、コチドリ、ダイゼン、ハマシギ、キアシシギ、アオアシシギ、チュウシャクシギなどのシギ・チドリを観察できました。

5月も後半に入り、春のシギ・チドリのシーズンもピークを越えようとしています。

残り少ない春のシギ・チドリの観察チャンスを逃さないよう、野鳥観察館へお越しください。

 

また、明日(20日(土))には名古屋市交通局主催の駅ちかウォーキング2017SPRING「潮風感じる藤前干潟とリニア・鉄道館を満喫しよう!」コースが開催されます。

このコースには、藤前干潟(名古屋市野鳥観察館、稲永ビジターセンター)も含まれます。

明日も天気が良く、暑くなるようですので、熱中症対策を忘れずに、ぜひご参加ください。

 

【5月の藤前干潟のイベントのお知らせ】

藤前干潟のベストシーズンである5月は、以下の様々なイベントが行われます。

「愛鳥週間写真展2017~私の好きな鳥~」開催中(5月28日まで、野鳥観察館2階にて)。→詳細はこちら(PDF)

5月27日(土)「藤前干潟クリーン大作戦」開催(主催:藤前干潟クリーン大作戦実行委員会)。→詳細はこちら(藤前干潟クリーン大作戦実行委員会のHP)

5月27日(土)お隣の稲永ビジターセンターにてあおなみウオーク コラボイベント」開催。
 ダイゼンのペーパーキャップも作れます。→詳細はこちら(NPO法人藤前干潟を守る会のブログ)

「秋の野鳥写真展~シギ・チドリ~&藤前干潟写真展」の展示作品を募集中です(8月20日締切)。野鳥観察館の今年の秋の野鳥写真展のテーマは「シギ・チドリ」。撮影するなら今!です。→詳細はこちら(PDF)

 

明日の干潮時間 7時22分 潮位118cm
明日の満潮時間12時48分 潮位177cm

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« トウネンたち | トップ | ウォーキング&バードウォッ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む