観察館日記

藤前干潟の庄内川河口部にある名古屋市野鳥観察館の日記帳です。

写真展への応募、ありがとうございました。

2016-10-18 20:23:22 | 秋の藤前干潟

藤前干潟
今日の満潮時間 7時13分 潮位273cm
今日の干潮時間13時09分 潮位 73cm

 

8月半ばからご案内していた探鳥週間写真展の展示作品の募集を16日(日)に締切りました。

多数の力作を応募いただきました。応募いただいたみなさま、ありがとうございました。

22日(土)より展示を開始します。

様々な野鳥の姿をご覧いただけますので、ぜひ足をお運びください。

【探鳥週間写真展】
 テーマ:「鳥たちの”いっぱい”な魅力」&「藤前干潟の風景・生き物」
 展示期間:10月22日(土)~11月20日(日)
       9:00~16:30(最終日は15:00まで)
       ※毎週月曜日(祝日の場合は翌日)・第3水曜日は休館
 場所:名古屋市野鳥観察館2階
 ※入館無料
 ※一般のみなさんから募集した写真を展示します。

 

さて、今日の庄内川河口は気持ち良く晴れ、

さらに潮もよく引いたので、バードウォッチングには良い日でした。

干潟には、ハマシギ約100羽をはじめ、ダイゼン、オオソリハシシギなどの群れなどが飛来しており、

ハヤブサやチュウヒが現れなかったこともあり、じっくり観察することができました。

 

群れ飛ぶハマシギ、オオソリハシシギ、ダイゼン。ハマシギがこれだけの数の群れで飛ぶのを見たのは、私は今季初めてでした。

(↑上の3枚の写真はMさんより提供いただきました。)

 

干潟で餌をついばむハマシギたち。

この中に足にフラッグ(標識)を付けたハマシギをみつけました。写真では分かりにくいですが、黒色と黄色白色のフラッグを付けていたことから、ロシアのカムチャッカ中国の揚子江河口で放鳥された個体のようです。小さなからだで長い距離を渡ってきているんですね。

 

今日観察できたシギ・チドリは、シロチドリ18、ダイゼン78、ハマシギ119、コオバシギ7、オバシギ19、アオアシシギ6、オオソリハシシギ18 でした。

ハマシギの飛来数がこのまま増えてくれると良いと思っています。

 

※明日(19日)は第三水曜日のため休館します。
明日の満潮時間 7時59分 潮位262cm
明日の干潮時間13時47分 潮位 91cm

明後日(20日)の満潮時間 8時47分 潮位245cm
明後日(20日)の干潮時間14時25分 潮位110cm

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ヒヨドリが西に渡っていきます。 | トップ | 探鳥週間イベント(10/29・30)... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む