観察館日記

藤前干潟の庄内川河口部にある名古屋市野鳥観察館の日記帳です。

今日のシギ・チドリ

2016-10-07 18:44:15 | 秋の藤前干潟

藤前干潟
今日の満潮時間 9時24分 潮位212cm
今日の干潮時間14時58分 潮位126cm

 

今日も干潟が出始めてかなり時間が経ってから、シギ・チドリの群れが導流堤の脇の干潟に飛来しました。

そして、その後もシギ・チドリはずっと導流堤の脇の干潟におり、庄内川護岸近くの干潟には飛来しませんでした。

それでも、今日は一日曇りで、午後から射す西日が雲に遮られていたので、

午後の観察でも、シギ・チドリを比較的はっきりと観察することができました。

 

今日観察できたシギ・チドリは、シロチドリ23、ダイゼン18、ハマシギ1、コオバシギ4、オバシギ24、アオアシシギ1、ホウロクシギ1 でした。

 

明日から3連休ですが、潮が悪いこともあり(干潮時間が午後になり)、シギ・チドリの観察には少しつらい日が続きそうです。

 

 

野鳥観察館の西側の窓の前には、アベリアの白い花が咲いており、

最近、その花の周りをスズメガ(恐らくホシホウジャクという種類のスズメガと思われます)が数匹飛び回っています。

ハチドリのように、ホバリングしながら、すばやく花の蜜を吸っているようです。

あまりにすばやく動くので肉眼ではわかりませんでしたが、

写真を撮ってみたところ、こんなに長い口先を持っていることが分かり、驚きました。

 

【探鳥週間写真展2016の展示作品募集のお知らせ(10月16日(日)締切です!)】

現在、「探鳥週間(11月1日~7日)」を含む10月22日(土)~11月20日(日)の期間に

野鳥観察館で行う写真展の展示作品を募集しています。

今回の募集テーマは2つで、「①鳥たちの“いっぱい”な魅力」と「②藤前干潟の風景・生きもの」です。

「①鳥たちの“いっぱい”な魅力」については鳥たちの魅力を「いっぱい」というキーワードで表現する作品を募集します。
たとえば・・・、「数がいっぱい」・「種類がいっぱい」・「画面にいっぱい」等の皆さんが思った「いっぱい」を写真で魅せてください。

「②藤前干潟の風景・生きもの」についてはラムサール条約に登録された藤前干潟の魅力を伝える作品を募集します。

応募をよろしくお願いします。

写真展作品募集チラシ(PDF)はこちら。クリック

 

【探鳥週間イベントのお知らせ】

今年の名古屋市野鳥観察館の探鳥週間の主なイベントは、10月29日(土)・30日(日)に行います。

この頃にはシギ・チドリの他、カモの仲間なども観察できるはずです。ぜひ、ご予定ください。

詳細については野鳥観察館HPイベント案内をご覧ください。 探鳥週間イベントチラシ(PDF)はこちら。クリック

 

 

明日の満潮時間10時16分 潮位199cm
明日の干潮時間15時45分 潮位141cm

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 写真展の応募締切りは10月16... | トップ | エリマキシギが飛来しました。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

秋の藤前干潟」カテゴリの最新記事