観察館日記

藤前干潟の庄内川河口部にある名古屋市野鳥観察館の日記帳です。

ヨシガモ(♂)が飛来しました

2017-02-19 22:03:43 | 冬の藤前干潟

藤前干潟
今日の満潮時間10時36分 潮位176cm
今日の干潮時間17時54分 潮位 84cm

 

今日も晴れ、稲永公園はにぎわっていました。

野鳥観察館には名古屋市内のボーイスカウトの団体などが来館され、野鳥観察を楽しんでいました。

 

今日は久しぶりにオスのヨシガモ1羽を観察できました。

また、ハマシギは528羽を数えることができましたが、カウントしている途中に何度も飛び立ってしまい、

10回ほど数え直してやっと全数を把握することができました。

 

 

今日観察できた主な野鳥 ハジロカイツブリ12、カンムリカイツブリ49、カワウ1,737、ダイサギ2、コサギ13、アオサギ25、マガモ104、カルガモ116、コガモ62、ヨシガモ1(♂)、オカヨシガモ5、ヒドリガモ56、オナガガモ2,632、ホシハジロ158、キンクロハジロ18、スズガモ752、ミサゴ5、ハジロコチドリ1、シロチドリ31、ダイゼン28、ハマシギ528、ダイシャクシギ3、ユリカモメ31、セグロカモメ9、オオセグロカモメ3、カモメ64、ウミネコ1、ズグロカモメ16

 

※明日(20日(月))は休館日です。
明日の干潮時間 5時58分 潮位122cm、19時39分 潮位 80cm
明日の満潮時間11時40分 潮位165cm

21日(火)の干潮時間 8時04分 潮位125cm
21日(火)の満潮時間13時25分 潮位162cm

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

来週は渡り鳥調査隊を行います

2017-02-18 17:58:11 | 冬の藤前干潟

藤前干潟
今日の満潮時間 9時55分 潮位189cm
今日の干潮時間16時32分 潮位 78cm

 

今日は穏やかな天気だったことから、多くの人が稲永公園を訪れていました。

特に、昨日からポケモンGOに新しいキャラクターが増えた影響からか、スマートフォンを片手に歩いている方が増え、また驚いています。

 

しかし、野鳥観察に訪れる方も多く、カモやカモメ、ミサゴなどを野鳥観察館で観察して楽しんでみえました。

干出間近の干潟の上で逆立ちで餌をとるオナガガモの群れ(↓)。

頭の色が黒くなったズグロカモメや、脚がピンク色を帯びたアオサギ、頬の羽が赤褐色の羽に換羽を始めたカンムリカイツブリなども見られるようになり、日増しに”春”を感じます。

来週の土曜日(26日)は2月の渡り鳥調査隊を行います。春をみつけにぜひお越しください。

☆2月の渡り鳥調査隊のご案内
内容:藤前干潟に飛来する野鳥を観察し、種類と数を調べます。冬鳥であるカモ、カモメ、ミサゴ、ハマシギなどを観察できるはずです。
日時:2月25日(土)9:00~11:00
場所:名古屋市野鳥観察館
対象:小学生以上
定員:20名
参加費:無料
持ち物:防寒着、双眼鏡(お持ちであれば)
申込み・問い合わせ先:名古屋市野鳥観察館(TEL/FAX)052-381-0160

 

今日観察できた主な野鳥 ハジロカイツブリ8、カンムリカイツブリ76、カワウ1,146、ダイサギ1、コサギ4、アオサギ43、マガモ19、カルガモ39、コガモ86、ヒドリガモ41、オナガガモ2,321、ホシハジロ16、キンクロハジロ52、スズガモ874、ホオジロガモ2、ミサゴ12、トビ1、ハヤブサ1、ハジロコチドリ1、シロチドリ52、ダイゼン71、ハマシギ402、ダイシャクシギ3、ユリカモメ99、セグロカモメ13、オオセグロカモメ6、カモメ205、ズグロカモメ20(内、頭の黒い個体は3)

明日の満潮時間10時36分 潮位176cm
明日の干潮時間17時54分 潮位 84cm

※明後日(20日(月))は休館日です。
明後日の干潮時間 5時58分 潮位122cm、19時39分 潮位 80cm
明後日の満潮時間11時40分 潮位165cm

21日(火)の干潮時間 8時04分 潮位125cm
21日(火)の満潮時間13時25分 潮位162cm

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大漁

2017-02-16 22:59:11 | 冬の藤前干潟

藤前干潟
今日の満潮時間 8時57分 潮位211cm
今日の干潮時間15時03分 潮位 63cm

 

今日は快晴で風が全くなく、上着なしで外に出ても暖かく、近づく春を感じる日でした。

今日は午前中から様々な野鳥が、野鳥観察館前の川で魚を捉えている姿を

ほぼ途切れることなく見ることができました。

 

まずはカンムリカイツブリ。顎が外れそうなほどの大きさのイナ(ボラの若魚)を苦戦しながらものんでいました。

 

干潟が出始めて川の水深が浅くなると、カワウの群れが追い込み漁を始めました。 

食べ放題という勢いで多くのカワウが次々と魚を捉えていました。こちらもイナを食べていたようです。

 

そして今日も数羽のミサゴが何度も狩りをする姿を間近で観察できました。

 

このときの狩りは失敗だったようです。

 

今日はトビが水面を泳ぐ魚を足で捕まえる瞬間も野鳥観察館から観察できました。 

ミサゴのダイブ、カワウのダイナミックな追い込み漁などが目の前で次々と繰り広げられ、

さながら干潟という場所を舞台にした野鳥のショーを見ているかのようでした。

こんな日は珍しいですが、このような光景が見られるのも干潟という場所があってこそ。

生きものが豊かな干潟の魅力を改めて感じました。

 

ここ数日はミサゴやなど魚を捕る鳥ばかりに目が行きがちでしたが、今日の最後はコアオアシシギです。

今日も護岸近くで餌を探しているのを観察できました。相変わらず一羽でたくましく冬を越そうとしているようです。

 

 

なお、ハマシギ、ダイゼンの飛来数は先週より少し減っているようです。

 

明日の満潮時間 9時24分 潮位201cm
明日の干潮時間15時41分 潮位 70cm

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今日もミサゴが

2017-02-15 21:06:05 | 冬の藤前干潟

藤前干潟
今日の満潮時間 8時31分 潮位220cm
今日の干潮時間14時31分 潮位 59cm
※今日は休館日です。

 

今日も晴れましたが強風が吹き、カモメの仲間やミサゴ、トビなどが風で流されているのをよく見かけました。

そして、昨日同様、潮が引き、野鳥観察館前の川の中央に干潟が現れ始めると

ミサゴが水面にダイブして狩りをしているのを何度も観察できました。 

 

広がった干潟の上では、強風のためか、多くのユリカモメやセグロカモメなどが集まって休んでいるのも観察できました。

 

また、昨日のご報告ですが、野鳥観察館前でシジュウカラとカワラヒワをやっと見ることができました。

例年なら野鳥観察館周辺でよく見かけるはずのシジュウカラとカワラヒワですが、

稲永公園内では声を聞いたり、姿を見かけたりするものの、今冬はなかなか観察館前でしっかり観察することができていませんでした。

松の木にかかる巣箱の中が気になっていたように見えたシジュウカラ(↓)。

辺りを慎重に伺いながら、野鳥観察館前の水たまりで水を飲んでいたカワラヒワ(↓)。

2羽のカワラヒワが一緒に訪れていましたが、上の写真の個体はオス、下の写真の淡い色の個体はメスのようでした。

 

明日の満潮時間 8時57分 潮位211cm
明日の干潮時間15時03分 潮位 63cm

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ミサゴ日和

2017-02-14 17:44:52 | 冬の藤前干潟

藤前干潟
今日の満潮時間 8時06分 潮位228cm
今日の干潮時間14時01分 潮位 56cm

 

本日は雲の多い時間もありましたが晴れて、風は若干冷たかったものの、稲永公園を散策したり、野鳥観察にみえる方が絶え間なく訪れていました。

午前中は名古屋市港区内の小学校の団体が、午後は長野県の団体が、

名古屋市野鳥観察館と隣の稲永ビジターセンターへ来館し、野鳥観察や藤前干潟の学習を熱心にしていました。

 

今日は、潮が良く引き、野鳥観察館前の庄内川の中ほどの干潟が干出しているのを久しぶりに見ることができました。

この周辺の水深の浅い場所に魚がたくさんいたようで、今日は3羽ほどのミサゴが代わる代わる水面にダイブして狩りをしている姿を

野鳥観察館内から間近で頻繁に見ることができ、小学生にも、長野県から来た来館者の方々にもとても喜んでもらえました。

 

観察館2階のガラス越しから見えた悠々と飛翔するミサゴ。

ホバリング(停止飛翔)しながらじっと水面を見て、飛び込む瞬間を探ります。

その後、翼を少し畳んだような恰好で頭から降下。

最後は水に脚から飛び来み、魚を捕まえます。身体ごと水に飛び込むので、飛び込んだ後、飛び立つのは大変そうに見えます。

若い個体なのか、度々、狩りに失敗していることもありましたが、魚を捕まえる場面も数回観察できました。

 

濡れた身体を震わせて、水を落とす様子も見られました。

そして、捕まえた魚(今回は片脚で持てるほど小さな獲物だったようですが)を、食べる場所まで運んでいきました。

 

藤前干潟には多数のミサゴが飛来するのですが、

現在はミサゴがいる場所までは少し遠くて、良い写真を撮るのはなかなか難しい状況です。

観察館内からこんなに近くでミサゴが何回もダイブする姿を見られるのは珍しいことで、スタッフも来館者の方と一緒に興奮してしまいました。

明日は野鳥観察館は休館日ですが、明日も潮がよく引き、野鳥観察館前の川の水深も浅くなるはずなので、この光景が見られるかもしれません。

 

なお、多数のシギ・チドリも観察でき、

今日観察できたシギ・チドリは、シロチドリ66、ダイゼン75、ハマシギ537、ダイシャクシギ3 でした。

 

※明日(15日(水))は第三水曜日のため休館日です。
明日の満潮時間 8時31分 潮位220cm
明日の干潮時間14時31分 潮位 59cm

16日(木)の満潮時間 8時57分 潮位211cm
16日(木)の干潮時間15時03分 潮位 63cm

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加