観察館日記

藤前干潟の庄内川河口部にある名古屋市野鳥観察館の日記帳です。

多くのチュウシャクシギが飛来しています。

2017-04-25 20:05:50 | 春の藤前干潟

今日の満潮時間 5時06分 潮位241cm
                     17時25分 潮位246cm
今日の干潮時間11時37分 潮位 33cm

 

アキグミの花(↓)の甘い香りと、マツから飛散した黄色い花粉に包まれている名古屋市野鳥観察館から、今日の観察館日記をお届けします。

 

天気が良かった本日。潮も良く、干潟もかなり広がりました。

導流堤の干潟には、午前中からチュウシャクシギ、ホウロクシギ(2羽)、オオソリハシシギ、ハマシギ(628羽)などが飛来していました。

チュウシャクシギは午後にはかなり数を増やし、80羽が飛来しており、庄内川護岸近くの干潟にもこの一部がやって来ていました。しかし、まだ警戒心がかなり強いようだったので、堤防の陰に隠れてこっそり観察。

泥の中からカニ(ヤマトオサガニ)を次々と捕まえて、食べていました。

上記のシギの他、今日はオグロシギ、アオアシシギ、ダイゼンなどのシギ・チドリが確認されています。

 

そして、今日も護岸からかなり近い場所で観察できたコオリガモ(♀)。午前中はこのコオリガモ目的のカメラマンやバードウォッチャーが多く訪れていました。

野鳥観察館の望遠鏡からもよく観察できました。

スズガモなどと一緒に水浴び、羽繕いをしていましたが、コオリガモの今日の水浴びはかなり激しく、翼を何回もバタバタさせていました。

 

 

今日の最後は野鳥観察館前の巣箱に出入りしていたスズメ。現在、ムクドリもこの巣箱を気にしていますが、今年はこの巣箱で子育てが行われるのでしょうか?

 

愛鳥週間イベントのお知らせ】

名古屋市野鳥観察館では、愛鳥週間(5月10日~5月16日)にちなんで、野鳥写真展、探鳥会などの「愛鳥週間イベント」を毎年実施しています。

今年のメインイベントは5月13日(土)・14日(日)に行います。

この時期は、シギ・チドリの春の渡りの時期で、干潟のベストシーズンです。ぜひ奮ってご参加ください。

詳細はこちらをご覧ください。→愛鳥週間イベントチラシ(PDF)

 

4月23日(日)に名古屋鳥類調査会・尾張野鳥の会が行った藤前干潟全域の鳥類調査の主な結果 カンムリカイツブリ12、カワウ653、ゴイサギ1、ダイサギ32、コサギ17、アオサギ28、マガモ21、カルガモ39、コガモ432、オカヨシガモ40、ヒドリガモ61、オナガガモ22、シマアジ4、ハシビロガモ40、ホシハジロ64、キンクロハジロ182、スズガモ840、コオリガモ1、ミサゴ6、トビ1、オオバン2、コチドリ8、メダイチドリ2、ダイゼン98、ケリ3、トウネン15、ハマシギ782、オバシギ5、コアオアシシギ1、アオアシシギ18、イソシギ8、オオソリハシシギ1、ホウロクシギ2、チュウシャクシギ66、タシギ5、ユリカモメ83、セグロカモメ41、オオセグロカモメ4、カモメ16


明日の満潮時間 5時40分 潮位249cm
                    18時10分 潮位257cm
明日の干潮時間11時56分 潮位 16cm

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

秋の写真展 野鳥や藤前干潟の写真作品を募集します。

2017-04-23 19:12:12 | お知らせ

藤前干潟

今日の干潮時間 9時57分 潮位 78cm

今日の満潮時間15時51分 潮位207cm

今日は10時前が干潮時間でした。干潟が姿を見せ始めて庄内川河口部に集まったシギ・チドリ達は、8時頃には新川河口部や藤前地区の干潟に移動していきました。

今日のカウントで新しく藤前干潟に飛来した種類は、トウネンでした。
まだシギ・チドリの数が少ないので、最大干潮時間には庄内川河口部から姿を消しますが、
渡りピーク頃になると干潮時間にも庄内川河口部でもシギ・チドリの観察が出来るようになります。

今日は河口部でのシマアジは観察出来ませんでしたが、昨日多くの人を集めたコオリガモ♀は昨日と同じ場所で観察出来ました。

9時を過ぎた頃にはスズガモやキンクロハジロと一緒に下流へ移動し、コオリガモは観察館の前を移動していきました。

今日は昨日より近くで観察出来ました。

昨日は潜水を何度も繰り返していましたが、今日は休息モードなのか潜水することなく何度も羽繕いを行っていていました。

干潟の上に上陸した時のように体を起こすと、まるでペンギンのように見えます。

今頃ははシギ・チドリの観察で人が集まるはずですが、今日もコオリガモが多くの野鳥愛好家を集めていました。
シギ・チドリが増えてくる筈の、来週頃まで庄内川河口部に残ってくれてるといいんですが・・・

 

昨日から、愛鳥週間2017野鳥写真展「私の好きな鳥」を開催中のところですが、早くも、

秋の写真展の作品募集のお知らせです!

例年、秋の写真展は10月から開催していましたが、今年度は開催時期を2ヶ月早め、秋のシギ・チドリの渡りが多くなっている8月後半から行います。

今回のテーマは2つ、
①秋の野鳥写真展 「湿地に生きる鳥~シギ・チドリ~」 【主催】名古屋市野鳥観察館
②藤前干潟写真展 「藤前干潟の魅力~風景・生き物~」 【主催】藤前干潟ふれいあ事業実行委員会

これからちょうど春のシギ・チドリの渡りがピークを迎えます。識別が難しいと苦手意識を持たれることも多いですが、じっくり観察するとシギ・チドリは魅力的な鳥です。

ぜひ、藤前干潟でシギ・チドリの観察・撮影にチャレンジしてみてください。

応募締め切りは【8月20日(日)】までとなっています。

是非両方の写真展に応募ください。

 

 

あす月曜日は野鳥観察館の休館日です。

月曜日の干潮時間10時37分 潮位 55cm

月曜日の満潮時間16時39分 潮位228cm

火曜日の満潮時間 5時06分 潮位241cm
                       17時25分 潮位246cm

火曜日の干潮時間11時37分 潮位 33cm

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今季初めてコアジサシが観察できました。

2017-04-22 17:40:26 | 春の藤前干潟

藤前干潟

今日の干潮時間 9時13分 潮位101cm

今日の満潮時間14時54分 潮位207cm

今日は干潮時間が朝早く、潮位も高めで、あまり干潟は広がりませんでした。

ハマシギやダイゼンの群れも導流堤の干潟から離れることなく、最大干潮時間には堤防裏側の新川河口部に移動して観察館からは見づらくなりました。

 昨日は17羽観察できたオオソリハシシギは1羽しか見ることができませんでした。
(↑先頭オオソリハシシギ、後ろ4羽チュウシャクシギ)

その代わり今季初のコアジサシが6羽観察されました。
ここ数年は繁殖地が近くに無く観察例も少なかったですが、今年はどうなるでしょうか?

そして、お知らせしていたとおり、今日は4月の「渡り鳥調査隊」を行いました。

最近毎日観察されているカモ2種類が、今日は近くで観察されていたので、カウント前に皆で観察に行きました。

コオリガモ♀はいつも通りの距離でしたが、

シマアジは、ここ数日証拠写真の距離ばかりでしか観察ができませんでしたが、今日のシマアジはコガモの群れと一緒に護岸の足元で♂♀を近い距離で観察できました。

♀のシマアジはソトオリガイ?を食べているのを確認できました。

まだシギ・チドリの渡りには1週間ほど早い日でしたが、観察館に問い合わせの多い上記のコオリガモとシマアジ狙いのカメラマンが終日多い日でした。

ここ数日はゴマ粒ぐらいの大きさでしか観察できなかったのに、今日干潟を訪れた人は同じ場所からコオリガモと激近のシマアジが見られて、ラッキーな日でしたね。

今回の「渡り鳥調査隊」では待望のシギ・チドリの種類・飛来数が少なく、総確認種数は35種類と伸び悩みましたが、次回5月13日(土)は、春のシギ・チドリシーズン真っ盛りに行います。
今回参加された方、初めての方も是非ご参加ください。※詳細はこちら(PDF)をご覧ください。

今日渡り鳥調査隊でカウントできた主な野鳥 カンムリカイツブリ2、サイサギ3、コサギ5、アオサギ7、マガモ1、カルガモ18、コガモ126、オカヨシガモ6、ヒドリガモ37、オナガガモ8、シマアジ2、ハシビロガモ19、ホシハジロ1、キンクロハジロ29、スズガモ320、コオリガモ1、ミサゴ8、ハヤブサ1、コチドリ3、ダイゼン79、ハマシギ913、オバシギ3、コアオアシシギ1、アオアシシギ1、イソシギ2、オオソリハシシギ1、ホウロクシギ2、チュウシャクシギ9、ユリカモメ67、セグロカモメ52、オオセグロカモメ3、カモメ11、ズグロカモメ4、コアジサシ6 他ノビタキ4 

(↑渡り鳥調査隊実施前後に確認されたものも含みます。)

 

さて、今日から野鳥観察館2Fで愛鳥週間2017 野鳥写真展「私の好きな鳥」を開催しています。

期間は5月28日(日)までとなっています。こちらにもぜひ足をお運びください。

野鳥写真展に作品を応募された皆様へ。

この度は応募いただきありがとうございました。
今回、応募作品が多く、スペースの都合上全部の作品が掲示できませんでした。ご了承ください。

明日の干潮時間 9時57分 潮位 78cm

明日の満潮時間15時51分 潮位207cm

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

明日から愛鳥週間写真展が始まります。

2017-04-21 21:37:55 | 春の藤前干潟

藤前干潟
今日の干潮時間 8時16分 潮位121cm
今日の満潮時間13時33分 潮位167cm

 

先週まで展示作品を募集していた「愛鳥週間写真展 私の好きな鳥」が明日より始まります(5月28日まで)。

作品を応募してくださった皆さま、ありがとうございました。

様々な野鳥の素敵な瞬間をおさめた写真が並んでいますので、ぜひ写真展に足をお運びください。

【愛鳥週間写真展 私の好きな鳥】
 展示期間:4月22日(土)~5月28日(日)※休館日を除く。
 場所:名古屋市野鳥観察館2階

 

さて、今日も昨日に引き続き曇りでしたが、穏やかな日でした。

野鳥観察館へのお問い合わせの多いシマアジとコオリガモ(♀)は今日も確認できました。

コオリガモは野鳥観察館からみつけやすい位置にいることが多いように思います。

 

また、庄内川河口の干潟には今日も多数のシギ・チドリが飛来しました。

今日はアオアシシギを今季初めて、導流堤の脇の干潟で観察できました。

今日観察できたシギ・チドリは、シロチドリ2、メダイチドリ1、ダイゼン112、ハマシギ715、オバシギ3、アオアシシギ3、コアオアシシギ1、オオソリハシシギ17、ホウロクシギ2、チュウシャクシギ3 でした。

特にハマシギの群れが入った閉館時間間際には、干潟からシギ・チドリの鳴き声が響いていて、改めて春を実感しました。

 

春を感じると言えば、現在、野鳥観察館周辺では、タンポポなどの小さな花が咲き乱れていて、お花畑のようになっています。

その中では、カワラヒワやスズメ、ツグミなどが餌をついばんでいます。

草の種を食べていたと思われるカワラヒワ↓。

干潟の上でもカワラヒワをみつけました。泥をついばんでいるように見えました。

この近くでは、ツバメもくちばしで泥をくわえていました。ツバメは泥を運んで巣を作っているのではないかと思われます。

 

さらに、今日はカワセミも護岸で観察できました。何度も川に飛び込み、水浴びをしていたようです。

 

お知らせしているとおり、明日は毎月1回行っている「渡り鳥調査隊」を開催します。

春のシギ・チドリも見られるはずです。当日も参加を受付ますので、ぜひご参加ください。

【明日の渡り鳥調査隊のご案内】
日時:4月22日(土)10:00~12:00
場所:名古屋市野鳥観察館
対象:小学生以上
定員:20名
参加費:無料
持ち物:帽子、水筒、双眼鏡(お持ちであれば)

申込み・問い合わせ先:名古屋市野鳥観察館(TEL/FAX)052-381-0160
※詳細はこちら(PDF)をご覧ください。

 

明日の干潮時間 9時13分 潮位101cm
明日の満潮時間14時54分 潮位185cm

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ホウロクシギ、チュウシャクシギが増えました。

2017-04-20 20:45:20 | 春の藤前干潟

今日の干潮時間 6時38分 潮位134cm
              18時49分 潮位 86cm
今日の満潮時間11時33分 潮位163cm

 

昨日は非常に強い風が吹いていましたが、今日は曇が多かったものの、風はなく、穏やかな天気でした。

潮は悪いですが、干潟には昨日からホウロクシギが3羽確認できています。

この他、チュウシャクシギやオオソリハシシギの数も少しずつ増えていますし、

今日は飛来を確認できませんでしたが、昨日はメダイチドリ、オバシギなども確認できています。

4月も後半に入り、シギ・チドリの数や種が日々増えてきて、いよいよ春の渡りの本格的なシーズンに入ったようです。

ただ、シギ・チドリたちが護岸近くに入ってくることはまだまだ少ないです。

 

また、今日もシマアジを観察できました。これだけ長い間、庄内川河口の同じ場所に留まっているのは珍しいです。

 

さらには、今日もコオリガモ(♀、1羽)を野鳥観察館前で観察できました。潜水したり、水面に浮かびながら羽繕いをしたりして、スズガモやキンクロハジロの群れに混じってのんびり過ごしているようでした。

 

 

最後は、頭のすぐ上を通過していったミサゴ。食べかけの魚をつかんでいました。

 

 

【今週末のイベントのお知らせ】

今週末の4月22日(土)に、毎月1回行っている「渡り鳥調査隊」を開催します。

春のシギ・チドリも見られるはずです。ぜひぜひご参加ください。

日時:4月22日(土)10:00~12:00
場所:名古屋市野鳥観察館
対象:小学生以上
定員:20名
参加費:無料
持ち物:帽子、水筒、双眼鏡(お持ちであれば)申込み・問い合わせ先:名古屋市野鳥観察館(TEL/FAX)052-381-0160
※詳細はこちら(PDF)をご覧ください。

 

 

今日観察できた主な野鳥 カンムリカイツブリ24、カワウ190、ダイサギ28、コサギ12、アオサギ7、マガモ11、カルガモ29、コガモ128、オカヨシガモ4、ヒドリガモ25、オナガガモ7、シマアジ3、ハシビロガモ1、ホシハジロ3、キンクロハジロ88、スズガモ693、コオリガモ1、ミサゴ4、トビ1、コチドリ2、シロチドリ5、ダイゼン56、ケリ2、ハマシギ150、コアオアシシギ1、イソシギ1、オオソリハシシギ11ホウロクシギ3チュウシャクシギ17、ユリカモメ229、セグロカモメ29、オオセグロカモメ3、カモメ13、ズグロカモメ1

 

明日の干潮時間 8時16分 潮位121cm
明日の満潮時間13時33分 潮位167cm

コメント
この記事をはてなブックマークに追加