観察館日記

藤前干潟の庄内川河口部にある名古屋市野鳥観察館の日記帳です。

しばらく逆光の中の観察になります。

2017-12-09 16:40:07 | 冬の藤前干潟

藤前干潟

今日の満潮時間10時23分 潮位212cm

今日の干潮時間16時12分 潮位116cm

先週の土曜日は大潮で午前中が観察に適した時間でしたが、今日は中潮の後半で午後になって干潮時間を迎えます。

当然、早朝には満潮時間をこれから迎える前で、干潟は残っていません。

それでも、岸際で休むカモの群れの中で一緒に休むシロチドリとダイゼンが1羽ずつ観察できました。

昨日は11時過ぎにハマシギの群れが左岸に飛来したので、今日は1時間遅れの12時ごろ左岸に再び向かいました。

今日は昨日よりも干満の差が少なくて、思っていたよりも干出が遅く水面が広がっていました。

水面のカモの群れの中にハジロカイツブリの姿を見つけました。

上空にはミサゴの姿も。上空を何度も飛び回ります。

幾度となく水面に飛び込みますが、魚を捕えるのを確認できませんでした。

干潟が少しずつ干出してきても、ハマシギの群れはなかなか飛来せず、13時頃になってやっと200羽程の群れがシロチドリと共にやって来ました。

その頃には逆光の時間になり、眩しい時間帯です。

フィールドスコープで観察するには問題ありませんが、冬場で日が傾いてきた時間帯の写真は苦手です。

目の前のシロチドリも、滲んでハッキリ写りません。

ハマシギと一緒に飛来したシロチドリの群れは、冬羽の成鳥から、幼さを残した個体まで色々なパターンが多く、じっくり見ていると結構悩みます。

今日観察できた主な野鳥 ハジロカイツブリ12、カンムリカイツブリ109、カワウ1,425、ダイサギ3、コサギ34、アオサギ20、マガモ15、カルガモ14、コガモ119、オカヨシガモ12、ヒドリガモ8、オナガガモ463、ハシビロガモ3、ホシハジロ113、キンクロハジロ23、スズガモ179、ホオジロガモ♀1、ミサゴ12、トビ1、ハヤブサ2、ハジロコチドリ2、シロチドリ33、ダイゼン92、ハマシギ842、イソシギ3、ダイシャクシギ4、ユリカモメ22、セグロカモメ9、ズグロカモメ32

明日の満潮時間11時19分 潮位201cm

明日の干潮時間17時39分 潮位115cm

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

シギ・チドリを近くで観察できました。

2017-12-08 23:01:43 | 冬の藤前干潟

藤前干潟
今日の満潮時間 9時33分 潮位225cm
今日の干潮時間15時10分 潮位110cm

 

今日はとても寒かったですね。

庄内川河口は風はあまりなかったですが、外に出ると「ついに本格的な冬が来たっ!」と思うような日でした。

 

寒く、天気は悪かったですが、庄内川河口や稲永公園にはたくさんの鳥たちが飛来しました。

午前中、まだ干潟がほとんど出ていない時間帯に、庄内川にツクシガモ2羽を観察できましたが、その後現れたチュウヒの姿に驚いたのか、ツクシガモ2羽は飛び去ってしまいました。

 

庄内川護岸を歩いていると、ダイゼンとハマシギが1羽ずつ。このペアはしばらく一緒にこの周辺で行動していました。

護岸を飛び立つダイゼン。後ろにはハマシギも付いてきていました。

(↑の写真2枚は地元のHさんに提供いただきました。)

 

そして、もう少し上流へ行って野鳥観察をしていると、護岸近くの干潟にハマシギ、ダイゼンの群れが飛来してきました。

次々とやって来るハマシギとダイゼンの小さな群れ。

 

干潟に降り立つや否や、餌を探し出すハマシギたち↓。

ゴカイを捕えるハマシギ、ダイゼンの姿を頻繁に見ることができました。

ゴカイを引っ張りだすハマシギ↓。

引っ張り出したゴカイを近くの水たまりで洗って素早く飲み込んでいました。

こちらはダイゼン↓。

このダイゼンも、引っ張り出したゴカイをすすいでから飲み込んでいました。

そして、またすぐにゴカイを探し始め・・・、

次々とゴカイをゲットしていました。

 

干潟には、シロチドリの姿も。盛んに片足を小刻みに震わせて、餌をさがしていました。

小さく写っていて分かりにくいですが、この時期には珍しいメダイチドリ1羽も↓。

さらにはコアオアシシギ2羽も観察できました。

今日観察できたシギ・チドリは、ハジロコチドリ1、シロチドリ18、メダイチドリ1、ダイゼン89、ハマシギ991、コアオアシシギ2、イソシギ1、ダイシャクシギ4 でした。

お天気は悪かったですが、今日はいつもより多数のシギ・チドリが護岸近くの干潟にやってきて、しかも久しぶりにかなり間近で観察できました。

 

干潟では、ユリカモメも餌を探しており、泥の中からくちばしで小さな生きものをみつけて食べていました。

 

この他、庄内川河口ではカンムリカイツブリが魚を食べているのも観察できました。

 

稲永公園では、昨日からヒタキの仲間がよく観察できています。

カメムシを食べていたヒタキの仲間↓。カメムシ、臭くないのでしょうか。

 

こちらのヒタキの仲間は尾の動きが特徴的でした↓。

(※カンムリカイツブリとヒタキの仲間の写真は、地元のHさんから提供いただきました。)

 

明日の満潮時間10時23分 潮位212cm
明日の干潮時間16時12分 潮位116cm

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

穏やかな日でした。

2017-12-07 19:27:48 | 冬の藤前干潟

藤前干潟
今日の満潮時間 8時45分 潮位239cm
今日の干潮時間14時22分 潮位102cm

 

今日は晴れて、風もなかったので穏やかな日となりました。

稲永公園に訪れるバードウォッチャーやカメラマンの方は昨日より多かったです。

 

今日も庄内川河口には猛禽類が飛来し、その度にカモたちが干潟から川へ飛んでいました。

ハヤブサの若い個体↓。

チュウヒ↓。

 

この他、朝、野鳥観察館の周辺の松林にはハイタカが現れました。

また、このハイタカが捕えたものかどうかは分かりませんが、ドバトの羽が野鳥観察館前にはたくさん散らばっていました。

 

護岸近くでは、ハジロカイツブリとカンムリカイツブリが餌を探しているのも観察できました。

護岸の岩場では、イソシギも近くで観察できました。

(※ハヤブサ、チュウヒ、ハジロカイツブリ、カンムリカイツブリの写真は地元のHさんに提供いただきました。)

 

稲永公園は、今日は小鳥たちでにぎやかでした。

陽の当たる場所にあったナンキンハゼの木では、カワラヒワとスズメの群れが実を食べていました。

この他、稲永公園では、ツグミ、ヒヨドリ、キクイタダキ、シジュウカラ、ウグイス、メジロ、キジバトなどを観察できました。

 

今日観察できた主な野鳥 ハジロカイツブリ7、カンムリカイツブリ94、カワウ1,104、ダイサギ3、コサギ25、アオサギ23、マガモ27、カルガモ215、コガモ114、オカヨシガモ45、ヒドリガモ20、オナガガモ849、ホシハジロ150、キンクロハジロ23、スズガモ161、ミサゴ17、ハイタカ1、チュウヒ1、ハヤブサ1、シロチドリ38、ダイゼン32、ハマシギ636、コアオアシシギ1、イソシギ2、ダイシャクシギ4、ユリカモメ26、セグロカモメ13、オオセグロカモメ1、ズグロカモメ20

 

明日の満潮時間 9時33分 潮位225cm
明日の干潮時間15時10分 潮位110cm

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今季初のホオジロガモ

2017-12-06 17:23:00 | 冬の藤前干潟

藤前干潟
今日の満潮時間 7時59分 潮位250cm
今日の干潮時間13時38分 潮位 94cm

 

今日も寒い日でしたが、庄内川河口にはバードウォッチャーやカメラマンがちらほらみえていました。

昨日ほど多い頻度ではありませんでしたが、今日も庄内川河口ではミサゴの狩りがよく見られました。

干潟ではズグロカモメや、

ダイシャクシギが餌(主にヤマトオサガニ)を探しているのを観察できました。ダイシャクシギは今日も4羽を確認できました。

(※ミサゴ、ズグロカモメ、ダイシャクシギの写真はMさんに提供いただきました。)

 

さらに、今日は、今季初めてホオジロガモ1羽を観察できました。

この個体は頬は白色ではなく、繁殖羽のオスではありませんでしたが、盛んに潜水を繰り返して餌を探していました。

このホオジロガモ、毎年数羽が藤前干潟で観察できますが、大抵は野鳥観察館から遠い場所にいることと、水の中から出てきたと思った瞬間にまた潜水してしまうので、なかなか観察しづらいカモです。

 

また、昨日は1,000羽を超えたハマシギですが、今日はその半分くらいの飛来数でした。

時折、小さな群れが飛んでいるのを観察でき、キラキラと輝いているように見えました。

今日観察できたシギ・チドリは、シロチドリ20、ダイゼン6、ハマシギ569、ダイシャクシギ4 でした。

 

【今後の藤前干潟のイベント等】

☆12月17日(日)カワザンショウガイ調査@稲永ビジターセンター(主催:NPO法人藤前干潟を守る会)→詳細はこちら(NPO法人藤前干潟を守る会HP)

☆2018年1月20日(土) 藤前干潟の渡り鳥調査隊~1月~@名古屋市野鳥観察館
 渡り鳥調査隊は、野鳥観察と鳥類調査を行う野鳥観察館のイベントです。→詳細はこちら(PDF)


☆2018年1月20日(土)藤前干潟サイエンスカフェ「フクロエビ類ってなぁに?ヨコエビをはじめとする小型甲殻類の暮らし」@稲永ビジターセンター(主催:藤前干潟ふれあい事業実行委員会)→詳細はこちら(11月23日の日記)

 

明日の満潮時間 8時45分 潮位239cm
明日の干潮時間14時22分 潮位102cm

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ミサゴの狩り

2017-12-05 20:14:30 | 冬の藤前干潟

藤前干潟
今日の満潮時間 7時12分 潮位256cm
今日の干潮時間12時56分 潮位 86cm

 

今日は天気が良かったですが、風が強く、藤前干潟周辺は白波が立っていました。

しかし、寒波が来ている影響で、鳥たちも移動しているのでしょうか。

一昨日、今季はハマシギがまだ1,000羽を超えて確認された日がない、とお知らせしましたが、

今日はたくさんのハマシギが飛来しており、今季初1,000羽を超えました。

今日、確認できたシギ・チドリは、シロチドリ22、ハジロコチドリ2、ダイゼン35、ハマシギ1,057、アオアシシギ2、ダイシャクシギ4 でした。

 

また、今日はミサゴ10羽ほどが、野鳥観察館前の庄内川に次々ダイブをして、狩りをしているのが観察できました。

ゆっくりと川の上空を飛びながら、魚をみつけると急降下して、川へ飛び込みます。(下の写真はほとんどが違う個体です。)

川から浮上するのに苦労していましたが、この後、大きな魚を持って飛び上がりました。

これだけの頻度で、一度にミサゴの狩りを見られるのは滅多にないことだと思います。スタッフも興奮してしまいました。

 

この他、今日の庄内川河口では、チュウヒ(3羽)、オオタカ、ハイタカ、ノスリ、ハヤブサ、チョウゲンボウも観察できました。

 

明日以降もまた寒くなるようです。みなさん、体調にはお気を付けください。

そして、藤前干潟にお越しになる際は、防寒対策をしっかりしてお越しください。風がとても冷たくなってきています。

 

明日の満潮時間 7時59分 潮位250cm
明日の干潮時間13時38分 潮位 94cm

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加