関西ラグビー協会

関西ラグビー協会公式ブログ。
試合情報・イベント情報などをお伝えします!

ジャパンラグビー トップリーグ 2017-2018 大会方式、リーグ組分け、対戦カード決定 !

2017年01月30日 | ジャパンラグビートップリーグ
ジャパンラグビー トップリーグ 2017-2018
大会方式、リーグ組分け、対戦カード決定



■ジャパンラグビー トップリーグ 2017-2018の大会方式
2カンファレンスのリーグ戦および総合順位決定トーナメント。
リーグ戦は、8チームずつ2カンファレンスに分け、各カンファレンス
1回戦総当たりのリーグ戦および別カンファレンスの6チームとの交流戦を行う。
総合順位決定トーナメントは、各カンファレンス1・2位の4チームによる
日本選手権兼トップリーグ総合順位決定トーナメント
3・4位の4チーム、5・6位の4チーム、7・8位の4チームに分かれて
トップリーグ総合順位決定トーナメントを行う。
日本選手権兼トップリーグ総合順位決定トーナメントの勝者を、ジャパンラグビートップリーグ優勝とする。

●各カンファレンスの組分け
各カンファレンスの組分けは 2016-2017 シーズンの順位をもとに
1位、4位、5位、8位、9位、12位、13位、16位の8チーム(Aカンファレンス(仮称))
2位、3位、6位、7位、10位、11位、14位、15位の8チーム(Bカンファレンス(仮称))とする。

●交流戦対戦チーム
交流戦対戦チームは 2016-2017 シーズンの順位をもとに決定した、
各チーム別カンファレンスの6チームと対戦を行う。

●入替戦への出場と降格
13位~15位が入替戦(ジャパンラグビートップチャレンジリーグ2~4位と対戦)に出場。
16位が自動降格となる。

■リーグ組分け
Aカンファレンス(仮称)
サントリーサンゴリアス(1位)
神戸製鋼コベルコスティーラーズ(4位)
NTT コミュニケーションズシャイニングアークス (5位)
トヨタ自動車ヴェルブリッツ(8位)
東芝ブレイブルーパス(9位)
クボタスピアーズ(12位)
近鉄ライナーズ(13位)
NTT ドコモレッドハリケーンズ(TC1・1位)

Bカンファレンス(仮称)
ヤマハ発動機ジュビロ(2位)
パナソニック ワイルドナイツ(3位)
リコーブラックラムズ(6位)
キヤノンイーグルス(7位)
NEC グリーンロケッツ(10位)
宗像サニックスブルース(11位)
コカ・コーラレッドスパークス(14位)
豊田自動織機シャトルズ(15位)

※()内は 2016-2017 シーズン順位
※TC はトップチャレンジ


ジャンル:
ラグビー
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 1/21(土) 日本ラグビ... | トップ | 2月ラグビーカレンダー(更新) »
最近の画像もっと見る

ジャパンラグビートップリーグ」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事